ドラマ『SUITS/スーツ』玉井伽耶子役に中村アン!海外版と日本版の役柄の違いは?

この秋ドラマより始まることが決定している、ドラマ『SUITS/スーツ』。

織田裕二さんが主演のドラマで、敏腕弁護士達が次々起こる問題を解決していくという内容。

そのドラマで、中村アンさんが玉井伽耶子という役柄で登場することが決定していますが、どんな役柄なのでしょうか。

そして、海外版のSUITSと役柄の違いはあるのでしょうか?

海外版、日本版の役柄をそれぞれ比較してみましょう!

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ』玉井伽耶子役に中村アン!

中村アンさんといえば、元々はモデルとして活躍されていた方ですが、最近ではドラマの主演をされたりと、演技のほうにも力を入れられていますよね!

中村アンさんが演じられるのは、玉井伽耶子という役柄で、弁護士の秘書役での出演になるようです。

見るからに、秘書が似合いそうですね。笑

中村アンのプロフィール

名前:中村アン

生年月日:1987年9月17日

血液型:AB型

出身地:東京

 

View this post on Instagram

 

中村 アンさん(@cocoannne)がシェアした投稿

雑誌「andGIRL」のレギュラーモデル。雑誌「MAQUIA」、「BAILA」でもモデルを務める。

中村アンさんは大学2年生のときに、モデルオーディションに友人に誘われる形で出場されて、グランプリを獲得されました。

そこからモデルとしてデビューされて、今やCMやドラマなどにも引っ張りだこですよね!

中村アンさんといえば、何といってもあの美しいプロポーション!

かなりトレーニングなどをされて、普段から鍛えられているようですね。

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ』玉井伽耶子役の役柄は?

 

そんな中村アンさんの今回の役柄は、秘書役。

 

View this post on Instagram

 

【公式】SUITS/スーツさん(@drama_suits)がシェアした投稿

ドラマの主演である、織田裕二さんの秘書役です。

伽耶子は、頭脳明晰で人心掌握術に長け、よく気が利く女性。

「幸村・上杉法律事務所」に勤め、長年、甲斐(織田裕二)の秘書を務めている。

甲斐とは、彼がかつて検事だった頃からの付き合いで、互いを信頼している。

伽耶子は、男の言いなりになることは大嫌いだが、甲斐のことだけは信頼し、彼のために常に最善を尽くす。

まさに中村アンさんにぴったりなイメージじゃないですか?

秘書といっても、何でも上司の言いなりになるわけではなく、甲斐とは対等でいる感じで日本の秘書というイメージとはやっぱり少し違うのかもしれないですね。

ドラマ『SUITS/スーツ』玉井伽耶子役の海外版と日本版の違いは?

海外版のスーツの玉井伽耶子にあたる秘書は、ドナ・ポールセンという役柄になります。

私自身、海外版をずっと見ているのですが、このドナのキャラクターが大好きです。

原作では、ドナは、ハーヴィーの優秀な秘書という役柄で、検事局にいるときからの付き合いで、お互いの性格をわかりあっている仲。

検事局を退職したときに一度だけ関係をもったことがあります。

おしゃれな秘書で、人の考えていることが先周りでわかってしまうようなまさに完璧な秘書という役柄ですね。

スタイルも抜群なので、中村アンさんにはぴったりな配役なのではないでしょうか。

二人の役柄にも特に大きな違いはないようですね。

ドラマ『SUITS/スーツ』玉井伽耶子役に中村アン!海外版と日本版の役柄の違いは?:まとめ

今回の中村アンさん演じる玉井伽耶子役は原作の海外版とはほぼ役柄が同じのようですね!

海外版のように、かっこいい秘書を演じてくれるのが楽しみですね!

まだ海外版をご覧になってない方は是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です