映画「LION/ライオン 25年目のただいま」動画フルを無料で視聴する方法!

「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」というタイトルの秘密から紹介しましょう。

「LION/ライオン」と聞けば、動物のライオンを思い出しますが、映画自体に動物をまったく登場しません。

映画で大きな意味を持つのは人名としての「ライオン」で、最後にこの意味を知って感動がこみ上げます。

主人公は、5歳の時に故郷インドで迷子になったサルー・ブライアリー(成人:デーヴ・パテール 幼少期:サニー・パワール)です。

物ごころがつき始めた頃のわずかな記憶をたどり、25年後にやっと故郷への帰還を果たした感涙の実話です。

FODで『LION/ライオン 25年目のただいま』を無料で視聴する方法を紹介!

お得に無料で『LION/ライオン 25年目のただいま』を試聴したい方はFOD(フジテレビ・オンデマンド)がおすすめです。

FODは月額制ですが、『1ヶ月間無料キャンペーン』があるので、登録しても1ヶ月間は無料で動画を見たり、漫画(電子書籍)を読んだりすることができます。

FOD(フジテレビ・オンデマンド)って何?

FODは『フジテレビ・オンデマンド』といってフジテレビが運営する動画配信サービスです。

フジテレビが放送した作品はもちろん、その他、漫画やドラマ、映画など多くの有名作品も取り扱っています。

またパソコンだけではなく、スマホやタブレットでも視聴することができるのも魅力の一つですね!

FODでどうやって無料で『LION/ライオン 25年目のただいま』を試聴するの?

FODは登録すると8のつく日(8日、18日、28日)にそれぞれ400ポイントを受け取ることができます。

動画が1本400ポイントほどなので月に3本の動画を見ることができます。

さらに『見放題作品』は名の通り見放題なので追加料金なしで制限なく漫画や動画を試聴することができます。

8のつく日ではないとポイントを貰えないことがデメリットですが、待てば合計で1200ポイントを受け取れるので「すぐに見たい!」というわけではないならお得です!

また登録すると月額888円(税抜)かかりますが、FODは現在『1ヶ月間無料キャンペーン』を行なっており、登録から1ヶ月間は無料で楽しむことができます!

もちろんその間に解約すれば料金は一切かかりませんので、必要ない方は解約してもらっても構いません。

≫≫FODの1ヶ月間無料キャンペーンはこちら!≪≪ 

FODで『LION/ライオン 25年目のただいま』を無料で試聴する方法
  1. FODの『1ヶ月間無料キャンペーン』で登録
  2. 8のつく日(8日、18日、28日)に400ポイント受け取る
  3. ポイントで『LION/ライオン 25年目のただいま』を試聴!
  4. 『1ヶ月間無料キャンペーン』中に解約するか、月額888円(税抜)で継続

インドからはるか彼方のオーストラリアへ

インド西部で迷子になったサルーは、ストリートチルドレンのような日々を過ごすのですが、その後孤児院に預けられます。

そこへ、養子を探していたオーストラリア人夫婦と縁があり、サルーは何も知らないまま遠い地に移住します。

大人になったサルーはある日、ふとしたことから故郷を思い出し、いたたまれなくなって自分のルーツ探しを決意するのでした。

ルーツ探しといっても、5歳の子どもの記憶はほとんどないに等しいのが現実です。

赤い揚げ菓子によみがえる故郷

しかしある日、小さな記憶がひとつ蘇ります。それは、友達の家で出してもらったインド特有の赤い揚げ菓子です。

子どもの頃、貧乏だったサルーが食べたくても食べられなかったお菓子でした。

ここから、20数年前の遠い記憶のカケラが少しずつ蘇ってきたのです。

義理の母親ス―(ニコール・キッドマン)や恋人ルーシー(ルーニー・マーラ)に切ない望郷の気持ちを打ち明けますが、あまりにも記憶が乏しく、絶望的にならざるを得ませんでした。

Google Earthがつないでくれた記憶

記憶を呼び戻そうと思い詰めるあまり、義母や恋人からも孤立していくサルーを見ていて胸が締め付けらます。

スーやルーシーにとっても、故郷を探したい一心のサルーは自分たちから離れたがっているようにも思えたのです。

そんな時、サルーの記憶のひとつだった「長い間列車に乗っていた」ということと、最後に兄と離れ離れになった駅の記憶が蘇ったのです。

友人たちの協力ももらってインドの地図をくまなく探すのに使ったのは、なんとGoogle Earthでした。

まとめ

長距離列車に乗っていた時間、駅のおぼろげな記憶、サルーの住んでいた村や周辺の様子など、それぞれが呼び水となり点と点が繋がっていきます。

映画を見ながら、はやる気持ちを押さえられなくなる瞬間です。

ネタバレになりますが、サルーは迷子になってから25年、ついに生まれた村にたどり着き、すっかり年老いた母親と再会します。

感動の再会場面で、サルーが初めて知ったことが2つありました。

ひとつは、駅で離ればなれになった兄が、自分を探す途中で列車に轢かれて亡くなっていたこと。

もうひとつは、自分の名前「サルー」は5歳の時の記憶間違いで、本当は「シェルゥ」であったことでした。

映画は最後に、「シェルゥ」は「ライオン」という意味であることを教えてくれ、この時はじめて映画タイトルの意味を知るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です