『結婚相手は抽選で』第1話のあらすじや感想!抽選見合いの条件は何?

秋の新ドラマとして、2018年10月6日夜11時40分からスタートする東海テレビ・フジテレビ系オトナの土ドラ『結婚相手は抽選で』。

『結婚相手は抽選で』というタイトルに驚き、どんな内容なのかとても気になりますよね!

このドラマの原作は、垣谷美雨著の小説で、脚本は関えり香が担当しています。

少子高齢化に歯止めがかからないことに危機感を覚えた日本政府は苦肉の策として『抽選見合い結婚法』を制定します。

まさに『結婚相手は抽選で』…互いの結婚相手を抽選で決めるというとんでもない法律が制定されてしまいます!

「人はなぜ結婚するのか…?結婚して『夫婦』になり、子どもが生まれ『家族』になる」ということは本当に当たり前のことなのでしょうか?

このドラマ「結婚は本当に必要なのか?人と向き合うことの大切さとは?」をすべての人に問いかける、 社会派ヒューマン作品です。

今回は、気になる『結婚相手は抽選で』第1話のあらすじ、感想を紹介します。

この記事は、『結婚相手は抽選で』第1話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『結婚相手は抽選で』第1話 あらすじ【前半】

コンピューターソフト会社のシステムエンジニアである宮坂龍彦(野村周平)は、過度の潔癖症であり、会社でも何回も手を洗いに行く。

今日も昼食にマイ箸を持参して食事する龍彦をみた後輩の女性社員は、龍彦の事を変わってると言い避ける。

潔癖症でオタクでモテないと自覚する龍彦にある試練が訪れる。

その試練を与えたのはこの国の政府だった…。

ある日龍彦は、新調したスーツで身を固め、区役所の大会議室へとやってきた。

そこには20代から30代の男女が訪れていた。

龍彦が緊張の面持ちでいると、そこに、関西弁で喋る地味な服装の・鈴掛好美(佐津川愛美)、超イケメンの銀林嵐望(大谷亮平)が入ってくる。

龍彦の後ろの席の男は、龍彦に「頑張ろう」と握手をしてきたが、すぐトイレに手を洗いに行く潔癖症の龍彦だった。

トイレから戻る龍彦に、冬村奈々(高梨臨)は、イライラとした様子で大会議室の場所を尋ね、礼も言わずに会場に入って行く。

「何故あんな美人がこの会場に?」と疑問を抱く龍彦だった。

そこは『日本政府主催 抽選見合い 実施会場』…。

その三ヶ月前、衆議院議員の小野寺友紀子(若村麻由美)は、官房長官から内閣府特命担当大臣に任命される。

だが、少子化対策担当大臣で、担当するのは「抽選見合い結婚法案」であった。

少子化対策とはいえ承服しがたい法案だったが、政治家としてステップアップするチャンスと捉え、政治家生命をかけて引き受ける。

そんな中、奈々はコネ入社したラジオ局でハガキ整理など雑用ばかりを任せられていた。

その頃、奈々の彼氏である嵐望は広告代理店社員で、テキパキと会議を仕切っている。

その夜、奈々は嵐望とデートをしていた。

結婚願望がある奈々は、嵐望に仕事を辞めようかと結婚願望がある事を匂わせるが、転職の相談ならのるとはぐらかされてしまう。

一方、関西の田舎の看護師である好美は、何かと自分にかまう母親の過干渉に少しうんざりしていた。

そして、新入社員にドン引きされ続けている龍彦は、オタク仲間の鯨井(加藤雅人)、北風(松本享恭)に慰められながら、一度は自分も恋愛をしたいと思っていた。

『結婚相手は抽選で』1話あらすじ 【後半】

そんな若者たちの前に、ネット動画で政府より新重要法案が発表された。

内閣府特命担当大臣の小野寺友紀子議員より「抽選見合い結婚法案」であると告げられる。

そして、その対象者は25歳から39歳までの未婚男女、見合い相手の抽選は住まいの地域ごとで行うことも述べられた。

国民の義務と告げられた無謀な法案に、国民達は大混乱する。

そんな中、気に入らなければ2人までは断ることができ、3人断った場合は、テロ対策活動後方支援隊に2年間従事しなければならないと追加条項が発表された。

前代未聞の追加条項は日本中を益々大混乱に陥れる。

「抽選見合い結婚法」は衆参両院であっさり可決され、実施されることとなってしまう。

そこから、龍彦、奈々、嵐望、好美の人生は、大いに振り回されていく。

奈々は、嵐望の本音が自分と結婚はしたくないと言われショックを受ける。

また、関西の田舎の看護婦である好美は、母と離れて東京に引っ越すことを決め、母親に告げる。

そして龍彦は、会社の同僚に、無理矢理相席居酒屋に連れて行かれる。

相席した女性に、アニメの事を熱弁し、気持ち悪いと言われて引かれてしまう。

龍彦は、耐えられなくなって、店から飛び出す。

そんな龍彦に母親から、手紙が届く。

その手紙には、「目指す自分になれるよう応援している。お見合いの時に使って下さい」と書かれていて、新品のネクタイが入っていた。

変わるために東京に出てきた龍彦だったが、冴えない自分に嫌気がさしていた。

そこへ、政府から『抽選見合い』の書類が届き…。

スポンサーリンク

『結婚相手は抽選で』1話 感想

日本政府が少子高齢化に歯止めをかけるために「抽選見合い結婚法」という法案を発表され、かけてされてしまうという、実際では考えられない内容でしたね。

https://twitter.com/tokaitv_dodra/status/1048597499064274945

でも、もしこんな法案が可決されたら、日本の国民はどうなるでしょう?

3回断ったらテロ対策活動後方支援隊に2年間従事しなければならないと追加条項が発表され、本当だったら恐ろしいと思いました。

考えされられる内容であったので思っていたより、内容が濃く面白かったです。

『結婚相手は抽選で』 まとめ

最初と最後に出てくる詩と主題歌が、ドラマに合っていてとても良かったです!

とんでもない法案に日本の若者は、どうなっていくのでしょう?

龍彦、奈々、嵐望、好美は、果たして理想の結婚相手に出会うことができるのか、続きが気になりますね!

そんな気になる『結婚相手は抽選で』第2話の放送は、2018年10月12日放送されます。

是非、ご覧下さい!

第1話を無料で視聴する方法はこちらを参考にしてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です