ドラマ「リーガルV」第2話あらすじや感想!パワハラ裁判に斉藤由貴!

ドラマ「リーガルV」の第2話が放送されましたね!

今回も、色々なことで話題になっていた第2話。

第2話では、パワハラの裁判で、斉藤由貴さんが地上波に復帰したことでも話題になっています!

第2話はどんな内容になっているのかさっそくチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

「リーガルV」第2話あらすじ

「京極法律事務所」に、世界的企業「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)が弁護を依頼してきた。

女性初の役員として活躍していた美鈴だが、立て続けに3人の部下からパワーハラスメントを受けたと告発され、納得がいかず会社に対して、民事訴訟を起こす。

知的で、とてもパワハラをするようには見えない美鈴ですが、小鳥遊翔子は何か怪しいと思い、そもそも勝ち目がない案件だと、弁護を断ろうとした。

ところが、多額の損害賠償を要求していることを知った翔子は、お金に目がくらみ、弁護を引き受けることに。

さっそく「太陽製紙」を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」を訪れる。

しかし、白鳥美奈子が手渡した音声データを聴いた京極事務所側は、早くも敗訴を確信してしまうことに、、。

そこにはほかでもない、美鈴が部下にビルから飛び降りるよう迫り、暴力を振るっている様子が録音されていたからだ!

しかし、ただひとり、どうにも釈然としない翔子は、事務所のメンバーに調査を続行するよう指示。

美鈴と一番親しかった「太陽製紙」の生産事業部長・城野優(平山浩行)を、証人として確保する。

ところが、美鈴はなぜか城野の出廷を拒み…!?

「リーガルV」第2話 感想

第2話では、パワハラを題材にして裁判が行われましたね。

斉藤由貴さんの役である美鈴は結局、パワハラなどはしていなかったということが証明されて、小鳥遊翔子の凄さに改めてすっきりしました。

が、まさかの、美鈴は結局違う相手にパワハラをしていて、しかも嫉妬からくるものでした。

最後も、私謝らないからという衝撃の発言に、斉藤由貴さんの悪女っぷりが良かったですね!!

そして、個人的に印象に残っているシーンが、ブラックな小日向さん!

いい役を演じられている印象が多いですが、たまにこういう怖い役をやられると本当、怖く見えてしまいますね。

スポンサーリンク

「リーガルV」次回第3話は?

次回の第3話では、妻を殺害した容疑がかけられた夫の無罪を晴らすべく、京極事務所の面々が調査をして解決していく物語のようです!

第3話でも、また小鳥遊翔子がどのように事件を解決していくのか楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です