ドラマ「プリティが多すぎる」新見佳孝役に千葉雄大!新米編集者!

10月期より新たに始まるドラマ「プリティが多すぎる」。

主演は千葉雄大さんで、大手出版社で働いているという役どころ。

ファッション誌の世界が舞台になっているようで、熱きお仕事ドラマとなっているようです!

今回は主演の千葉雄大さんの役柄や、演技評価などをチェックしていみたいと思います。

スポンサーリンク

「プリティが多すぎる」新見佳孝役に千葉雄大!

 

View this post on Instagram

 

【公式】プリティが多すぎるさん(@ntv_pretty)がシェアした投稿


千葉雄大さんといえば、あの可愛らしい見た目から若い世代から大人の方までさまざまなファン層の方がいらっしゃいますよね。

色んなドラマに出られていて、まさに旬の俳優さん。

今回は、どんな役柄で登場するのでしょうか。

千葉雄大さんのプロフィール

名前 千葉雄大

生年月日 1989年3月9日

出身地 宮城県

身長 173cm

血液型 O型

所属事務所 ジャパン・ミュージックエンターテイメント

2007年18歳の頃、toppaモデルオーディションに合格します。

当時から変わらないルックスを活かしファッション雑誌「CHOKI CHOKI」の専属モデルをこなします。

モデルとしての評判は高く、多くの芸能事務所の耳にその存在が伝わり今の事務所にスカウトされます。

その数週間後に受けたオーディションに受かりテレビドラマに初出演を果たします。

千葉雄大さんは初めから俳優としてスタートしていたと思っていましたが、元々はモデルとして活動されていたんですね!

あのルックスですから、当時から評価が高かったのは納得ですね。

スポンサーリンク

「プリティが多すぎる」新見佳孝役の役柄は?

千葉雄大さんが演じられるのは、新見佳孝。

元々は、文芸編集部のエースだったが、ある日突然Pipin編集部に異動になる。

全く興味がなかったカワイイ世界で悪戦苦闘する。

不貞腐れて働く南吉はミスを連発し、同僚達とも対立。

しかし編集者やモデル、カメラマン、スタイリスト、原宿のショップ店員たちのプロ意識に触発されて次第に成長していく。

ニックネームは、南吉。

千葉雄大さんの演技評価は?


千葉雄大さんは、初めはあの見た目から、爽やかな役柄が多かった印象ですが、最近は裏の顔がある役だったり、闇がある役などもされていますよね。

またそれが、はまり役だったりして、演技の幅がすごく広がっていますよね!

千葉雄大さんの他の出演ドラマは?

・家売るオンナ

・きょうは会社やすみます

・天装戦隊ゴセイジャー

・水球ヤンキース

・もみ消して冬~我が家の問題なかったことに~

・高嶺の花

・兄に愛されすぎて困ってます

まだ他にもありますが、このような作品に出られています。

ちなみに、千葉雄大さんのデビュー作品は、天装戦隊ゴセイジャーで、戦隊物のようですね!

ドラマ「プリティが多すぎる」新見佳孝役に千葉雄大!新米編集者!:まとめ

若者のファッションの場が舞台となっているこのドラマは、若い方はもちろん大人も楽しめる内容になっていそうですね!

ドラマ「プリティが多すぎる」は毎週、木曜日24:59からスタートの深夜枠になりますが、千葉雄大さんのまた違う一面を見ることが出来るので、是非ごらんになってみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です