『結婚相手は抽選で』第7話 あらすじや感想!『ASBE』を起ち上げた龍彦!

秋の新ドラマとして、2018年10月6日夜11時40分からスタートした東海テレビ・フジテレビ系オトナの土ドラ『結婚相手は抽選で』。

その第7話が、2018年11月17日に放送されました。

第6話は、ご覧になられましたか?

龍彦と奈々、案外お似合いだと思いました。

しかし、奈々はリーチ女だということを打ち明け、龍彦から断って欲しいと涙ながらに頼みました。

それを奈々に言われた龍彦は、奈々と会っていると楽しい思っている自分がいて…。

先週第6話のあらすじや感想はこちらです↓

『結婚相手は抽選で』第6話 あらすじや感想!抽選見合い法に立ち向かう龍彦!

今回は、『結婚相手は抽選で』第7話のあらすじ、感想を紹介します。

この記事は、『結婚相手は抽選で』第7話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『結婚相手は抽選で』第7話 あらすじ【前半】

奈々(高梨臨)に龍彦(野村周平)の方からお見合いを断って欲しいと頼まれた龍彦。

龍彦は、抽選見合い事務局に断りの電話を入れたが、何故だか気分が冴えなかった。

そんな時、ひかり(大西礼芳)から、上申書を小野寺大臣(若村麻由美)宛に提出したというメールが届いた。

龍彦は、『抽選見合い結婚法』改正に真剣に取り組む気持ちに切り替えていくのだった。

ひかりは、自分が小野寺の娘であることを、龍彦に打ち明け、上申書を直接手渡し、直談判したことを告げた。

龍彦はひかりに、レジスタンスの団体『ASBE』(アズビー)を一緒に起ち上げた、広瀬(内田健司)や北風(松本享恭)を紹介する。

数日後、小野寺が会見を開き、『抽選見合い結婚法』の改定事項を発表した。

その内容とは「該当者が現在なんらかの病気、疾病を患っている場合は即時中断可能とする」というものだった。

一歩前進したと喜ぶ龍彦たち。

更に新たな情報交換の場として、『抽選見合い結婚法目安箱』のSNSアカウントを起ち上げることを熱く語る龍彦。

その手が、マジックペンで汚れていても気にならなくなっていた。

龍彦は潔癖症を克服しつつあるようだ。

そんな中、龍彦たちの活動に勇気をもらったひかりは、母である小野寺に、自分はレズビアンだと打ち明けていた。

小野寺は、娘の信じがたい事実に言葉を失った。

結局、ひかりは小野寺に理解してもらえず、喧嘩別れしてしまうのだった。

一方、好美(佐津川愛美)は嵐望(大谷亮平)から「大事な話がある」と切り出された。

嵐望に隠し子がいると知った好美は驚き、絶望的に落ち込んでしまう。

好美に分かって貰おうと事実を話す嵐望だったが、「出ていって!」と声を荒げた。

『結婚相手は抽選で』第7話 あらすじ【後半】

その頃、小野寺はひかりが同性愛者になったのは自分のせいだと自分を責めていた。

そんな中、龍彦が起ち上げた『抽選見合い結婚法目安箱』のSNSが一躍話題となっていた。

父親の知り合いの医師に、偽の診断書を作成し『抽選見合い』を中断していた奈々は、会社も休んでいた。

そんな奈々にも、このSNSの情報が伝えられた。

そのSNSを見た奈々は、管理人が龍彦だと思って連絡しようとしたが…奈々はそれを躊躇った。

そんな時、龍彦はひかりの紹介で小野寺と面会することになった。

そして、法律の見直しを呼びかけて集まった署名を、小野寺に手渡した。

一番上にひかりの署名があったため、複雑な気持ちの小野寺。

龍彦は、個人的な意見だと切り出し、ひかりとの親子関係を修復して欲しいと申し出た。

小野寺は、目安箱に届く意見を参考にしてみると述べ、毎月整理して送るように頼んだ。

だが、小野寺はひかりの件には一切触れなかった。

一方、好美に謝罪と別れの手紙を出した嵐望だったが…。

好美は、母親の直感の方を信じて別れる決心をしていた。

その頃、嵐望は奈々を呼び出し、自分に隠し子がいることを打ち明けていた。

更に、好美のことを本気だったと告げる嵐望だった。

親しく話す2人を、ラジオ局に来ていた龍彦が偶然見かけ、立ち止まってしまう。

「イケメンと美人ですごくお似合いだよね」と北風に話す龍彦。

そんな奈々も龍彦に気づくが…龍彦と奈々は、無言ですれ違い…。

スポンサーリンク

『結婚相手は抽選で』第7話 感想

龍彦の潔癖症が克服できて良かったですよね。

奈々との再会、笑顔ですれ違う龍彦は、龍彦の奈々への気遣い、そして優しさが溢れていたと思います。

嵐望が次の見合い相手だと思った龍彦は嫉妬していた気もしますが…。

龍彦と奈々、とてもお似合いだと思いますが、みなさんはどう思われましたか?

嵐望の隠し子の告白は、驚きましたよね。

でも騙していた訳ではなく、好美と本気で結婚したいと思って事実を話したのですよね。

しかも、相手の女性は亡くなっている訳ですし、好美も嵐望と結婚したいと思ったなら、信じて結婚してもいいのではないでしょうか?

逆に、好美はそこまで嵐望の事を愛していなかったって事かなあと思ってしまいました。

『抽選見合い結婚法』という法律に、傷つけられている人たちを、救うために立ち上がった龍彦は素晴らしいと思いました。

龍彦たちの思いが伝わるように、応援しています!

『結婚相手は抽選で』 まとめ

いよいよ来週第8話が最終話だそうです。

10話まであると思っていましたので、もう終わりかと思うと寂しいですよね。

奈々と龍彦、嵐望と好美の恋愛は、どうなるのか?とても気になります。

来週の第8話【最終話】は、2018年11月24日に放送されます。

是非、ご覧下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です