『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話あらすじや感想!松尾が接近!二人の危機!

2018年秋ドラマとしてTBSテレビ系で放送がスタートした『大恋愛〜僕を忘れる君と』。

その第8話が、2018年11月30日に放送されました。

間宮真司(ムロツヨシ)と恋をする北澤尚(戸田恵梨香)が若年性アルツハイマーと闘うピュアでひたむきなラブストーリーです!

第7話のあらすじや感想はこちら↓

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話あらすじや感想!尚が倒れた原因は?判明!

今回は、第8話のあらすじ、感想を紹介したいと思います。

この記事は『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話あらすじ【前半】

松尾公平(小池徹平)が井原侑市(松岡昌宏)の診察を終え、診察室を出ようとしたところを侑市が引き止め、話を持ち出す。

マイクのハウリングを起こした映像を見せると、「全然覚えてない」と言う松尾。

そんな松尾を咎めるため他の病院を勧める侑市に「患者を選ぶ権利はない」とにやりと笑い立ち去るのだった。

尚が薫(草刈民代)に子供を産もうとする意志を伝えると、尚の予想外に薫は快諾する。

いつもとは違う薫に困惑する尚に、柚香(黒川智花)は好きな男ができた可能性をほのめかす。

その後、尚がクリニックから出ると、その場所を突き止めた松尾が後をつけ、偶然を装い尚に接近していた。

一方で、クリニックを侑市が訪ね、薫にマイクのハウリングの映像を見せた。

驚く薫に、侑市は元々の松尾の攻撃的な性格がこのような行動をさせたのだと説明する。

侑市は、真司にも電話で忠告するのだった。

ある日、真司の書斎に担当が来ており、仕事について話していた。

そして、決まったら尚が一番に教えてもらう約束をしていた新しい小説のタイトルを担当に話す真司の声をドア越しに聞いてしまい、尚はショックを受ける。

しかし、尚は一番最初に真司に教えてもらったことを忘れてしまっていて…。

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話あらすじ【後半】

尚は松尾と二人で会い、真司が頼ってくれないと愚痴をこぼした。

そんな尚に松尾は気持ちがわかると尚を慰め、家まで車で送る。

その光景を、たまたま木村が見かけており、真司に急いで伝えたのだった。

帰った真司がついに尚に松尾のことを切り出すも、尚は真司と自分は対等じゃない、自分より担当を頼りにしていると怒る。

心当たりのない真司が言い返すと、喧嘩になり尚は部屋を飛び出してしまう。

すると、下で松尾が車で待ち伏せており、尚が飛び出した先に車で後をつける。

松尾は、尚を車に乗せると、こっそり睡眠薬を入れた飲み物を手渡し意識を失わせた。

真司が心当たりのある場所に駆けつけると、松尾が一人で待ち構えていたのだった。

尚が見当たらず、真司が掴みかかり問いただすも、松尾は真司をさらに挑発する。

そんな松尾に殴りかかろうとした時、尚が駆けつけていた。

睡眠薬を飲ませたはずなのに、と不思議に思った松尾に、尚は飲んで寝たふりをしていたのだと言う。

そんな尚に松尾は真司が尚を小説の道具にしてると言ったと息巻く。

しかし尚は、それが私の生きがいだと答え…。

スポンサーリンク

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話感想

途中まで尚が松尾の方に行ってしまうのではないかと心配しましたが、よかったです。

睡眠薬飲まされた時はハラハラしましたがさすがの尚でした。

お互いにお互いじゃなきゃダメだ、という気持ちの真司と尚、本当に素敵で感動です。

薫と侑市の関係もなんだかどんどん親密になってるような気がしますがどうなるのか気になります…。

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話まとめ

ヒートアップした松尾の不可解な行動も、一件落着です!

真司と尚は子供を産もうと奮闘していましたが、次回はついに新たな家族ができ、最終章に入るようです。

10年の物語ですから、一気に時が進みそうですね。

次回第9話は12月7日に放送されます!

ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です