映画「ゲティ家の身代金」の動画フルを無料で視聴する方法!あらすじも

映画のタイトルからは、なかなか映画の中身は伝わってきません。

しかし、見て初めて「こんな面白い映画だったんだ!」というのがわかります。

石油企業の大富豪ゲティ家の孫ポールが、身代金目的で誘拐され1700万ドルを要求される話で、実話がベースとなっています。

どんな誘拐でも、誘拐された人間の安否を気遣いながら身代金を払うべきかどうかという、非常に難しい判断が求められます。

しかし、この大富豪の当主ゲティが出した答えは、断固とした「ノー」でした。

スポンサーリンク

U-NEXTで『ゲティ家の身代金』を無料で視聴する方法を紹介!

すぐに『ゲティ家の身代金』を無料で安全に視聴したい!という方はU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTは月額制ですが、31日間の『無料トライアル期間』があるので、登録しても31日間は無料で動画を見たり、漫画(電子書籍)を読んだりすることができます。

U-NEXTって何?

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、DVD発売前の映画を見ることができたり、漫画を最新刊まで読めたりとラインナップがとにかく充実しています。

パソコンだけではなく、スマホやタブレットで見ることができるのも魅力の一つですね!

U-NEXTでどうやって『ゲティ家の身代金』を無料で視聴するの?

上でも紹介した通りU-NEXTは月額制で、月額1,990円(税抜)かかりますが、登録してから31日間は『無料トライアル期間』でU-NEXTの見放題作品は全て見放題となります。

漫画や動画の一部は別途課金が必要ですが、U-NEXTに登録で600ポイントを受け取れるので自由にそのポイントを使うことができます。

動画は1作300〜500ポイントほどなので、好きな動画を見ることができます。

『無料トライアル期間』中に解約すればもちろん料金はかかりませんし、サービスが気に入っていただければ継続してもらっても構いません。(継続の場合、次の月からは1,200ポイント受け取れます。)

≫≫U-NEXT31日間無料登録はこちら!≪≪

U-NEXTで『ゲティ家の身代金』を無料で視聴する方法
  1. U-NEXTの『まずは31日間無料体験』で登録
  2. 登録で受け取れる600ポイントで『ゲティ家の身代金』を視聴する
  3. その他『見放題作品』を楽しんでおく
  4. 『31日間の無料トライアル期間』に解約するか、月額1,990円(税抜)で継続

music.jpで『ゲティ家の身代金』を無料で試聴する方法を紹介!

『ゲティ家の身代金』を無料で試聴できるサイトはいくつかあるのですが、すぐに視聴できてオススメなのはmusic.jp

こちらを使用することで『ゲティ家の身代金』を無料で試聴するだけではなく、music.jp内の好きな動画を見ることもできるんです!

music.jpって何?

music.jpは音楽をはじめ動画、マンガ、書籍などを試聴することのできる総合配信サービスです。

動画配信数は国内最大級。またパソコンのみならず、スマホやタブレットでも試聴することができます。

music.jpでどうやって無料で『ゲティ家の身代金』を試聴するの?

music.jpは現在『30日間の無料キャンペーン』を行なっており、無料入会で961ポイントと動画に使用できるポイント1500ポイントを受け取ることができます。

動画が1本300円〜なので、入会した時にもらえる961ポイントと動画に使用できるポイント1500ポイントを使用することで5本以上の動画を試聴することができます。

また、動画も充実しており、最近だと映画『ファンタスティックビースト』『ハンソロ』『ミックス。』『インクレディブルファミリー』など最新のものまで取り揃えているので、映画好きにはmusic.jpは特にオススメです!

こちらお試し期間の30日を終えると月額1922円となりますが、毎月1922ポイント、動画に使用できるポイントが3000ポイント(お試し期間の倍)が貰えるのでお得ですね!

もちろん30日間の無料期間の間に解約すれば、料金は一切かかりませんので必要のない方は解約をしていただいて結構です。

≫≫music.jp30日間無料キャンペーンはこちら!≪≪

music.jpで『ゲティ家の身代金』を無料で試聴する方法
  1. music.jpの『30日間無料登録』で登録
  2. 登録の961ポイント+動画に使用できる1500ポイントで『ゲティ家の身代金』を試聴
  3. 残りのポイントで他の作品を楽しむ
  4. 『30日間無料キャンペーン』中に解約するか、月額1,922円(税込)で継続
スポンサーリンク

途方にくれる母親ゲイル

ゲティ(クリストファー・プラマー)が孫ポールのことを可愛く思っていなかったのでしょうか。

いいえ、全然反対で、たくさんいる孫の中で一番可愛がっていたというから驚きです。

誘拐と莫大な身代金の要求に、母親のゲイル(ミシェル・ウイリアムズ)は大きなショックを受けます。

ゲイルは大富豪の義父ゲティに支払いを懇願しますが、身代金の要求には一切応じないと断られさらにショックを受けます。

ゲティが当代きってのケチであるのは有名でしたが、孫の誘拐にもまったく動じません。

元CIAチェイスの交渉もむなしく

その裏でゲティは、雇っている元CIAのアドバイザーのチェイス(マーク・ウォールバーグ)に、犯人との交渉に当たらせていました。

犯人からの電話に対して、チェイスはポールの状況を聞き出しながらも金額交渉をしますが、犯人は一切応じません。

チェイスは交渉に行き詰まり、ゲティに身代金の支払いに応じるように申し出ます。

しかし、ゲティが興味を持っているのは、株価の動きや骨とう品の売買のみでした。

イラ立つチェイスは、もうお金はたっぷりあるからいいのではないかと詰め寄りますが、ゲティの答えは「モア」。

「もっと!」、というわけです。

長引く交渉の結果起こったことは?

映画の中で、ゲティがケチだというエピソードはいくつも紹介されます。

そのひとつの例が、ポールが子供時代に祖父ゲティから大切にしろと言われてプレゼントされた、古代の貴重な埋蔵物です。

ゲイルは自分で身代金を工面しようと思って、ふと、この骨とう品のことを思い出し古美術商にかけあいます。

ゲイルは、藁をもすがる思いで持ち込んだこの骨とう品の金額を聞いて愕然とします。

チェイスもゲイルと一緒になって、打開策を必死で探しますが交渉は長引くばかり。

そんな中、ついに犯人グループは犯罪組織にポールを売るという強硬策に出たのです。

まとめ

ある日、ゲイルのもとに郵便物が届きます。

それは、なんとポールの体の一部でした!

R15指定なので、ちょっと心臓の弱い人は目を背けて下さい。

我慢の限界にきたゲイルは一物をゲティのもとに届け、同時に、記者会見をします。

ゲティの意向を無視して身代金の支払いに応じることを宣言してしまったのです。

長らく膠着していた人質の奪還交渉が、エンディングに向けて一気に動きます。

ポールの安否が気になりますよね。

同時に、必死にポールを探す母親ゲイルを最後まで見届けてやって下さい。

あっという間の2時間です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です