林奎介(青学)の中学・高校はどこ?特技のモノマネや変顔画像も!

今年行われた東京マラソンで、Hondaに所属する設楽悠太選手が日本記録を更新し、1億円を獲得したことは大きな話題になりましたよね。

設楽悠太選手は、東洋大学時代に出場した箱根駅伝で7区の区間記録を樹立しましたが、今年(第94回)の箱根駅伝でその区間記録を更新したのが、青山学院大学の「林奎介(はやし・けいすけ)」選手です。

区間新記録を更新したことが評価され、大会最優秀選手に贈られる「金栗四三杯」を受賞しました。

来年行われる平成最後の箱根駅伝(第95回)でも活躍が期待される林奎介選手について、今回紹介していきたいと思います。

林奎介選手の出身中学や高校、さらに、モノマネや変顔が特技のようですが、その変顔画像も紹介していきましょう!

スポンサーリンク

林奎介(青山学院大学)のプロフィール

まずは、林奎介選手のプロフィールを紹介していきます。

生年月日:1996年12月24日

出身地:千葉県流山市

身長:175cm

体重:59kg

学部・学科:理工学部機械創造工学科

今年の箱根駅伝が、林奎介選手にとって箱根どころか大学駅伝初出場で、デビュー戦でいきなりMVPとなりました。

私もリアルタイムで観ていて区間新記録を更新した瞬間は「とんでもない選手が現れたな!」と驚くと同時に「来年青学5連覇と駅伝三冠余裕でしょ!」と期待していました。

軽く冗談交じりで言っていましたが、本当に達成しそうでビックリしてます!笑

林奎介の中学・高校はどこ?

林奎介選手の出身中学は「柏市立豊四季中学」です。

中学時代は陸上ではなくバスケ部に所属しており、引退後に長距離の練習を始めました。

出身高校は「柏日体高等学校(現:日本体育大学柏高等学校)」です。

市内の駅伝大会に出場した時に、当時の柏日体高等学校のスカウトを受けたことが進学のきっかけとなりました。

日体大の系列校ということは、スポーツ系の高校出身なんですね。

高校に入学してから陸上競技部に転向し、陸上選手として本格的に活動を始めました。

そして、チームはその年の12月に全国高校駅伝に出場し、林奎介選手は1年生で唯一大会に出場しました。

しかし結果は、区間28位(5区)と振るわず、チームも総合39位に終わりました。

林奎介選手にとっては、ほろ苦い駅伝デビューとなったようです。

その後は高校駅伝への出場機会もなく、青学に入学してから最初の2年間は思うように成績を残せませんでした。

ところが、3年の秋になり急成長し、ベストコンディションの中で迎えた箱根駅伝で区間新記録を更新し、チーム4連覇に大きく貢献しました。

原監督も林奎介選手の急成長には驚いたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

林奎介特技のモノマネや変顔画像もチェック!

ところで、林奎介選手はチームの中でムードメーカーとして、チームメイト達を盛り上げています。

そんな林奎介選手の特技はモノマネや変顔のようですが、その変顔画像が気になりますよね!

ネットを探してみると、林奎介選手の変顔画像がいくつかあったので紹介していきます!

まずはこちら!

次はこちら!

最後はこちら!

これはオードリー春日さんの「鬼瓦」でしょうかね?

モノマネですが、十八番は「流れ星」のちゅうえいさんみたいですよ!

林奎介(青学)の中学・高校はどこ?特技のモノマネや変顔画像も!:まとめ

今年の箱根駅伝で7区区間新記録を更新し金栗四三賞を受賞した林奎介選手は、モノマネや一発芸などでチームを盛り上げ明るい雰囲気にするムードメーカーでした。

最後の駅伝となる2019年の箱根駅伝では、チームの5連覇と2度目の駅伝三冠に貢献し有終の美を飾ることが出来るのか?

林奎介選手の力走に注目です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です