『中学聖日記』第11話(最終回)あらすじや感想!禁断の恋の結末は!?

2018年秋ドラマとして、火曜日夜10時よりTBS系でスタートした『中学聖日記』。

その第11話(最終回)が、2018年12月18日に放送されました。

女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』[祥伝社]で、人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこさんによる漫画が原作のこのドラマ。

婚約者がいながら不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生に惹かれていく教師の『禁断の恋』を儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーです。

先週第10話のあらすじや感想はこちらです↓

『中学聖日記』第10話 あらすじや感想!警察に聖を通報したのは誰!?原口が妊娠?

今回は、『中学聖日記』第11話(最終回)のあらすじ、感想を紹介したいと思います。

この記事は、ネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『中学聖日記』第11話(最終回) あらすじ【前半】

『未成年者誘拐罪の疑い』で警察署に連行された聖(有村架純)。

一緒にいた晶(岡田健史)も取調べを受け、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。

ようやく解放された後、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。

聖もやっと解放され帰る途中、愛子が聖を待っていた。

聖は愛子に謝ろうとするが、話は明日だと冷たく告げるのだった。

だが、翌日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは、弁護士だった。

黒岩の代理人だという弁護士は、誓約書にサインをすれば今回の件は示談にすると述べた。

その誓約書には、今度一切晶に会わない事、約束を破った場合は500万を支払うことなどが書かれていた。

聖は愛子と話したいと申し出るが、弁護士から愛子は会いたくないと言っていると告げられる。

聖が帰宅すると、千鶴(友近)が職員室にあった私物を持ってきてくれていた。

肩を落とす聖の様子で察した千鶴は、「やっぱりね。うまくいくはずがない。自業自得」と言い放ち去っていく。

しかし、すぐに戻ってきて、涙目の聖を抱きしめる千鶴。

「本当にできの悪い後輩!」千鶴はそう言い、もしどうにもならなくなって話す相手もいなくなったら自分に連絡するようにと告げる。

そんな千鶴の優しさに「…はい」と聖は答え、感激し涙するのだった。

勝太郎(町田啓太)に聖のことを聞いた原口(吉田羊)は、聖に会いに訪れていた。

余計なことをしたと思っている原口に、自分で決めた事だと言う聖。

「誰のためにどうしたらいいのか…もうよくわからなくて…」と辛そうに語る聖に、みんなそうだと言う原口。

その後、気分が悪くなった原口がトイレに行く途中、倒れてしまう。

聖は原口のバッグの中から、母子手帳を見つける。

連絡を受けて病院にやってきた勝太郎。

聖は勝太郎に原口が妊娠している事を告げる。

その事実を聞き勝太郎は、驚きを隠せないようだった。

翌日、聖が病院へ行くと、原口は会社に出勤しようとしていた。

それを、必死に止めようとして、赤ちゃんのことを一番に考えるべきだと声を荒げた。

原口は、母親になる事を決めるのだった。

帰り道、聖は花屋のアルバイトをすることになった。

その頃、愛子と弁護士が誓約書の話をしている時、晶が帰宅しそのことを知ってしまう。

晶は聖が花屋で働いている写真を持ち、自転車で走り出す。

花屋で待ったが聖は現れず、裏に書いてあった聖の自宅に晶は向かった。

聖に会いにきた晶は会いたいと訴え、聖はドアノブに手をかけるが…。

『中学聖日記』第11話(最終回) あらすじ【後半】

少し経つと弁護士がやってきた。

丁度連絡しようとしていたと告げる聖は、翌日弁護士事務所で愛子と会うことに。

聖は、愛子に昨夜晶が来て会いたいと言われた事を明かす。

ドアは開けていないと真実を伝えた聖は、晶は感情に流されて進めず昔に戻ってしまうと言い、愛子が心配する気持ちがわかると告げた。

誓約書にサインして愛子に差し出した聖は、今までの自分をしてきたことを陳謝した。

そして、愛子にもう晶に会うことはないと告げ、去っていった。

聖は海外で日本語教師に挑戦してみようと考えていた。

ある日、勝太郎から連絡があり、原口からの指示で聖は観覧車に乗ることに。

観覧車に乗ると直ぐに、原口から電話があった。

原口はその観覧車から見える位置に立っていた。

そこへ、晶が現れて電話に出る。

晶は「最後にどうしても会って伝えたくて…」と切り出した。

「今まで自分のことしか考えて来なかった。でも今は聖ちゃんに幸せになって欲しい。だからもう会わない…」と伝える晶。

聖は海外で働く事を晶に告げて、会えて良かったと伝える。

「きっといい先生になる!聖ちゃん頑張れー!頑張れー!」と大きな晶の声が響いた。

聖が観覧車から降りると勝太郎から日記を手渡された。

その任務が終わったと原口に報告する勝太郎。

勝太郎は、「どんなに思い合ってもどうにもならないこともある。でも、どうにかなるなら掴みとりに行く…全力で!」と告げ、原口とお腹の子のそばにいると言う。

そんな勝太郎に甘いと言う原口だったが、海外赴任が終わるまで待っててやると告げる原口だった。

そんな中、手渡された晶の日記を読む聖は、思い出し涙を流し、晶も見ているだろう空を見上げた。

そして、聖は日本を離れ、バンコクで日本語教師に、晶は受験の日を迎えていた。

5年後―。

バンコクで聖は日本語を子どもに教えて、楽しい日々を過ごしていた。

その頃、愛子は金庫にしまってあった誓約書に手をやり…。

聖は、海辺であの日と同じように夕日があまりにも綺麗だったので、携帯で写真を撮った。

後ろでシャッター音がしたので振り返ると、そこにはスーツ姿の晶の姿があった。

晶は聖に近づき誓約書を手渡した。

2人は見つめ合い、そして笑い合い抱きしめ合った。

そんな2人をあの日と同じ綺麗な夕日が包んでいた。

スポンサーリンク

『中学聖日記』第11話(最終回) 感想

警察に通報したのはやはり愛子でしたね。

誓約書の内容を見た時は悲しかったですよね。

でも、晶はまだこれから大学に行き、就職しなければなりませんよね。

もし、未熟な晶と一緒になっても、晶も聖も後悔するかもしれません。

愛子は、もしかしたら、晶に就職して立派になってから、聖を迎えに行って欲しかったのかもしれません。

晶と愛子の会話はなかったですが、「もう立派な大人になったね。もう晶の好きにしていいのよ」と愛子は誓約書を差し出し無効だからと告げたのではないでしょうか?

愛子がしたことは、母親として当然の事だと思いました。

愛子のお陰というのは過言かもしれませんが、聖も成長することができたと思います。

晶と聖、ハッピーエンドで本当に良かったですよね。

『中学聖日記』第11話(最終回) まとめ

みんなが幸せになれる素敵なラストでしたね。

禁断ではありましたが、聖と晶は赤い糸で固く結ばれていました。

晶と聖の五年間と今後、結婚まで…をスペシャルで放送して欲しいと思います。

また、聖と晶に会える日は来るのでしょうか?

楽しみにしたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です