社会人一年目で上司に年賀状を書く時のマナーと注意点まとめ!

社会人になり初めて上司や先輩・取引先の人などに年賀状を出すのって緊張しちゃいますね。

年賀状のマナーや注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

社会人1年生の上司に年賀状書く時のマナーや注意点

年賀状は新年をお祝いする最初の挨拶です。

初めて出す方や目上の人には1月1日に付くように年賀状を出しましょう。

1月1日に届くためには12月25日までに投函するのが良いですね。

会社関係にだす場合は多くの人に出すのがいいです。

僕には年賀状が届いていないなどに、なってしまうと大変です。

会社の全員に出すのが困難な場合は、部署・課といったように区切りをつけて出すと良いですね。

上司や先輩には賀正は失礼?

年賀状に『賀正』『寿』はよく使われます。

目上の人には使ってはいけない略語のようです。

目上の人には『謹賀新年』『謹賀新春』を使うのが好ましいです。

年賀状の挨拶の部分は、おめだいからといっても、赤色などで描かれるのはマナー違反です。

黒インクのペンや筆ペンなどで書きましょう。

スポンサーリンク

気さく過ぎる内容にならないように。

悪い例を紹介します。

昨年は色々とありがとうございました!今年もよろしくお願いします。

良い例を紹介します。

昨年は格別のご指導を賜り 厚くお礼を申し上げます。

今年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど よろしくお願い申し上げます。

少し硬すぎる文面かな?と思うぐらいがお勧めです。

年賀状には使わない方が良い言葉

去年は去るという感じで使われているので、つい使ってしまう場合があるようですが、使わないように気をつけましょう

他にも、疲れる・落ちる・失う・枯れる・倒れる・病むなども使わない方が良い言葉になります。

つい使ってしまう場合もあるかもしれませんので気をつけましょう。

年賀状の文を読みやすくなるかなと思い『、』『。』を使うのは失礼に当たります。

どうして失礼になるのかなって思われた人もいるのではないでしょうか。

『相手に敬意を払う書面には、句読点を付けない』というのが礼儀になっているそうです。

なので表彰状や卒業証書には句読点をつけないのです。

言われればそうだなって思いますね。

最近は印刷してある年賀状を購入したり、自分でプリンターで年賀状を作成したりします。

印刷された年賀状を送るのではなく、一言は添えるように心がけましょう。

最後になりますが、宛名はどうすればいいのかなって思います。

上司の自宅に年賀状をだす場合は、会社での役職名は書く必要はありません。

普段出すように『様』で大丈夫です。

年賀状をまだ出されていない人は、急いで年賀状を書いて出してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です