『家売るオンナの逆襲』第3話 あらすじや感想!北川景子がLGBTに家を売る!?

2019年1月期水曜ドラマとして、水曜日の夜10時からスタートした『家売るオンナの逆襲』。

その第3話が、2019年1月23日に放送されました。

「私に売れない家はない」またまた家売るオンナが帰ってくる!!

今シーズンは天才的不動産屋・三軒家万智の前に、最強の家売るオトコが出現!します。

主演の三軒家万智を演じるのは、みなさんご存知の北川景子さんです。

そして、お馴染みのメンバーたちも揃っています。

今回は『家売るオンナの逆襲』第3話のあらすじや感想を紹介したいと思います。

この記事は『家売るオンナの逆襲』第3話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第3話 あらすじ【前半】

謎の不動産屋、留守堂(松田翔太)は、かつてホームレスをしていたことがある万智の過去を知っていた。

その留守堂の発言で、屋代(仲村トオル)と庭野(工藤阿須加)は、心乱されていた。

そんな中、新宿営業所では現地販売ウィークを開催し、売りにくい3つの物件を分担して売ることになった。

1つ目の物件は、足立(千葉雄大)と布施(梶原善)が、公道から奥まった場所にある竿についた旗のような形をした『旗竿地』の物件を担当する。

2つ目の物件は、宅間(本多力)と鍵村(草川拓弥)が無駄につくりが大きい元力士の家を担当する。

3つ目の物件は、庭野と八戸(鈴木裕樹)が天井に照明用のバトンがついた元画家のアトリエを担当することになった。

3つの物件のサポートを頼まれた万智は、それを拒否し「売る時は私が売ります!」と宣言するのだった。

早速、現地に向かった一同。

『旗竿地』の物件を担当する足立たちの元へ突然現れた万智は「この家はわたしが売ります!」と宣言する。

その頃、元力士の家を担当している宅間と鍵村は、作りが大きいため一般人には向かない上に、スキャンダルで相撲界を追放された元力士の物件のため、験を担ぐ力士に買い手がつかず大苦戦していた。

そんな時、事務所に帰った庭野はLGBTの男性にアトリエの家が売れたことを報告する。

屋代は、LGBTの研修があったと報告し、社員にLGBTの説明し始める。

いまいちよく分からない社員たちに、帰って来た万智が適切な説明をするのだった。

翌日、現地販売を布施に任せ、担当客の真島みどり(沢井美優)と車田智代(芳野友美)の内見案内をしていた足立。

2人はいとこだと言っていたが、レズビアンであることがわかったため、売主から家の購入を断られてしまう。

新しい物件を提案する足立だが、万智は自分が家を売る、とまたしても横取りを宣言する。

そんな万智にストレスを抱える足立は、留守堂を頼っていた。

そして、智代とみどりに連絡を取り、留守堂も一緒に4人で会うことに。

智代は足立と留守堂もまたパートナーどおしだと思ったようだ。

ゲイだと言われても否定しない留守堂。

同じLGBTとわかったことで、足立は信頼を得たようだ。

智代とみどりには、自分が責任を持って家を売りたいという足立の要求は受け入れられた。

『家売るオンナの逆襲』第3話 あらすじ【後半】

庭野はキャリアウーマンの木村真奈美(佐藤仁美)から夫・剛史(池田鉄洋)と娘の三人で住む家を相談される。

忙しい夫から家探しを任されているという真奈美だが、万智はなぜか庭野を連れて仕事帰りの剛史を尾行。

自宅ではないアパートの一室に入って行く姿を目撃したため、不倫を確信する庭野だった。

だが万智は、その部屋を訪ねる。

そして、二人の前に姿を現したのはなんと女物の着物を着た剛史だった。

実は剛史は、自分の性別に違和感を感じながらも社会的には男性として生きてきたトランスジェンダーだった。

女性として生きたいという剛史の気持ちを受け入れられない真奈美は、家を買いローンを組むことでなんとか家族の関係を続けたいと思っていたのだが…。

剛史は、娘のことは可愛いと思っているし一人前になるまで育てるのが親の役目だと考えていた。

しかし、日に日に女として生きたい気持ちが強まっている剛史だった。

家では、男らしい父親を演じていて、男性として1日会社で働くことは、剛史にとって苦痛だった。

男性として家に帰る前に、このアパートで数時間女性として過ごす時間が自分になれる時間だと剛史は語るのだった。

ある日、万智が木村夫妻にぴったりの家を見つけたと家にやってきた。

万智が夫婦を連れて行ったのは、元力士の家だった。

その家で女装した庭野・鍵村・八戸・宅間が木村夫妻を出迎えた。

背が高い剛史には、この家の調理台がぴったりで、着物を収納できる収納棚もある。

しかし、剛史は馬鹿にされたと認識してしまう。

夫のことを馬鹿にされたと思い込んだ真奈美も、「私たちの苦しさなんて分かるわけないのよ」と声を荒らげた。

「わかりません」と万智はきっぱり言い切り、人間同士として助け合って一緒に暮らすのはどうかと提案した。

だが、ネックとなっているのはやはり娘の存在だった。

そこへ、娘が現れた。

万智が呼んでいたらしい。

「うちにパパとママがいるのも、ママとママがいるのもあんまり変わらないよ」と娘は笑顔で伝えた。

「この家、8600万円でお買い上げ頂けますか?」と万智がたたみかけると、剛史と真奈美が同時に「買うわ」と言った。

「これからもう一軒売ってきます!」と万智は庭野に宣言すると、『旗竿地』の家へ。

しかし、すでに足立と留守堂が智代とみどりに家を見せている最中だった。

調子の良いこと言う足立に「あなたなんかにわたしたちの気持ちがわかるの?」と言い出した智代。

すると、留守堂が「人の気持ちなど 理解できなくて当然です」と語り始めた。

人の気持ちなど最初から分かり合うことも、歩み寄ることも不可能だと語り始める。

だからこそ、留守堂はこのひっそりとした家ではみどりの主張を尊重し、外では智代が堂々とみどりを抱きしめと、お互いに自分の考えを主張して生きるしかないと提案した。

「理解しあって、歩み寄ろうなんて傲慢な考えは、今ここで捨てるのです!」という留守堂。

お互いが愛し合っているという事実さえあれば十分だと留守堂は付け足し、智代もみどりも納得した。

こうして、智代とみどりは『旗竿地』の家を買うことになった。

自分そっくりなセールストーク聞いていた万智は、「留守堂謙治…」とつぶやき、去って行くのであった。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第3話 感想

LGBTの剛史と真奈美夫妻に万智が家を売りましたが、レズビアンのカップルは留守堂に取られてしまい、今回は1勝1敗でしたね。

自分は『三軒家万智研究家』だと語っていましたが、留守堂は何者なのでしょうか?

留守堂は、足立に協力して『旗竿地』の物件を売りましたが、不動産屋だったら自分の売り上げにするのに?不思議 に思いました。

もしかしたら、フリーの不動産屋と言っていますが、本当はテーコー不動産の息子 とかですか?と予想しました。

LGBTのことを理解しつつある世の中になってきているのでしょうか?娘が受け入れてくれて良かったと思いました。

『家売るオンナの逆襲』まとめ

次回の第4話は、団塊世代VSゆとり世代の家探しをするようです!万智が負けたとつぶやいているのが、とても気になります。

留守堂にまた取られてしまうのでしょうか?

留守堂は何者なのか?足立の恋?の行方も気になるところです。

次回の第4話は、2019年1月30日に放送されます。

是非、ご覧下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です