『家売るオンナの逆襲』第5話あらすじや感想!留守堂の正体は?明らかに!

2019年1月9日から日本テレビ系で、水曜日夜10時より放送がスタートした『家売るオンナの逆襲』。

その第5話が、2019年2月6日に放送されました。

「私に売れない家はない」またまた家売るオンナが帰ってくる!!

今シーズンは天才的不動産屋・三軒家万智の前に、最強の家売るオトコが出現!します。

主演の三軒家万智を演じるのは、みなさんご存知の北川景子さんです。

そして、お馴染みのメンバーたちも揃っています。

今回は『家売るオンナの逆襲』第5話のあらすじや感想を紹介したいと思います。

この記事は『家売るオンナの逆襲』第5話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第5話あらすじ【前半】

何者かわからない留守堂(松田翔太)の存在に頭を悩ませていた事務所一同。

そこに、万智が凄まじい剣幕で事務所に戻り、突然有給休暇を申請したのだった。

休暇を申請した万智が姿を消してしまい心配になる屋代(仲村トオル)。

そんな中、不動産屋には、奥ゆかしく美人な女性と、東大卒のクセが強い男性の婚約中だというカップルが来ていた。

すると、田部(柄本時生)と名乗るカップルの男性がチラシを見て万智が小学校の同級生の「マンチッチ」だと語り始める。

クラスの人気者で皆を笑わせていたという「マンチッチ」は今の万智の印象とは全く異なり、驚く屋代と庭野。

帰宅時間になり、庭野は足立(千葉雄大)を尾行すれば留守堂がいるため、留守堂と万智の関係性がわかるのではないかと屋代に提案する。

尾行すると留守堂と足立は案の定一緒におり、まるで恋人のような時間を過ごしていた。

続けて一人になった留守堂を尾行すると、鉢合わせてしまった二人。

尾行のこともバレてしまい、気になっていた万智との関係を聞くと、同級生だった頃から万智に愛情を抱いていると答える留守堂。

益々気になった二人は、万智と小学校の同級生だと言っていた田部に留守堂のことを聞くことに…。

しかし、アルバムを見せてもらったものの、留守堂と見られる人物は確認できなかった。

日は変わり、田部たちは庭野とともに内見していた。

田部が電話でその場を離れた途端、彼女である奈々(知英)は洗面所に鍵がかかるかどうかを庭野に尋ねる。

鍵がかけれる事が確認でき安心した奈々だったが、バスルームのスチームが誤作動を起こし、奈々に大量の水がかかってしまう。

すると、奈々は顔を隠しながらメイクが落ちたため帰ると言い始める。

美人なんだから、と田部がその隠していた手を取り払うと、そこには先ほどまでの奈々とは全く違う顔の女性がいた。

奈々は化粧で美人な顔を作り上げていたのだった。

「ブスを嫁にしては僕の人生設計は崩壊してしまうんだよ!」と怒り狂う田部は婚約解消を奈々に申し出る。

出て行ってしまった奈々に続いて田部が部屋から出ようとすると、そこには万智が立っており、田部に家を売ると気合いを入れるのだった。

『家売るオンナの逆襲』第5話あらすじ【後半】

万智は奈々を追いかけ、奈々の家に来ていた。

奈々に田部を愛しているか聞くと、ブサイクでも頑張っている田部が尊敬でき、好きだという。

その頃田部はヤケ酒をし、庭野に愚痴を言っていた。

そんな中バーのママ、こころ(臼田あさ美)が「綺麗に見えるために化粧する努力と、いい大学に入っていい会社に就職する努力と何が違うの?」という質問をすると何かを感じた田部。

田部は家に帰宅し、自分が今まで書いてきた日記である「がんばりノート」を読み返していた。

がんばりノートには、奈々が交際をOKしてくれた日に「頑張ってきて良かった」と綴られていたのを見て、考え込む田部だった…。

後日、万智が田部を呼び寄せ、内見を勧めた家は外観がボロいが中は綺麗な物件だった。

万智が伝えたかったのはあの外観だからこそ中身がより美しく思える「ギャップ萌え」だった。

それは、奈々にも当てはまり、真実の姿を知っているからこそ深い愛着が持てるのだと主張する万智。

すると万智と庭野が用意したスクリーンに、化粧を落としたウェディングドレス姿の奈々が映し出されたが、田部はやはり無理だと目を背ける。

しかし、映し出されたスクリーンを突き破り、化粧をした奈々が現れた。

その姿を見て、田部は化粧をした奈々も本当の姿だと再び愛を取り戻し、万智が勧めた家を買うことを決意したのだ。

一方で、屋代が風邪薬を貰いに薬局に行くと、偶然留守堂がおり、留守堂の本名が三瓶良雄だとわかる。

三瓶良雄という名前に心当たりのある課長は、三瓶良雄が田部のアルバムに載っていたドジでブサイクランキング一位の「ドジスケ」というあだ名の人物だと思い出す。

留守堂の後をつけると、万智と田部の母校でもある小学校に訪れていた。

すると、教室には万智がおり、万智は、留守堂に三瓶良雄だという事実を確認していた。

万智が留守堂に何故顔を変えたのかと聞くと、いじめられていた留守堂の恩人が万智だという話を始めた。

続けて留守堂が語ったのは、高校二年の時、留守堂が突然ホームレスになった万智に何が欲しいか聞いたところ、「帰る家が欲しい」と答えたため不動産屋になり、名前も変えたということだった…。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第5話感想

奈々のメイクを落とした姿には驚きましたが、田部と奈々が万智のおかげで幸せになれそうでよかったです!
外見ではなく中身を見れるのは素敵なことですよね。

奈々を演じていたのはあの元KARAのジヨンさんだったそうで、相変わらず綺麗でした。

日本語がとても上手で演技も素晴らしかったです!

そして留守堂の正体が万智の同級生で、しかも名前も顔も変えていたなんて驚きました。

そして小学生の頃はひょうきん者だったという万智ですが、笑わなくなったのにはやはりホームレスになった時に何かがあったのでしょうか。

『家売るオンナの逆襲』第5話まとめ

安達と留守堂の関係が進展しているようにも思えましたが…留守堂は万智のことがずっと好きだったようですね。

平和な夫婦らしい場面を見せてくれた万智と屋代でしたが、留守堂の存在によってこれからどんどん波乱が巻き起こりそうです。

次回第6話は2月13日に放送されます!


次回もぜひご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です