ナンバーガールの解散理由と復活理由|活動期間はいつまで?

ナンバーガールが2019年の夏に北海道で開催される音楽フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019」にて復活することが発表されました。

ナンバーガールは2002年に解散したバンドですが、この復活にSNSでは凄まじい盛り上がりを見せており、当時どれだけ人気だったかを表しています。

この記事ではそもそもナンバーガールってなんで解散したの?といった解散理由から

今回復活した理由までを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ナンバーガール(NUMBER GIRL)のプロフィール

ナンバーガールは1995年8月に福岡にて結成されたバンドで解散時のメンバーは向井、田渕、中尾、鰰澤の4人。

もともとボーカルの向井が宅録時代に名乗っていたユニット名が「ナンバーファイブ」という名前で、その後「カウガール」というグループの方々と一緒にバンドを組むことになり、名前を合わせて「ナンバーガール」となりました。

名前:向井 秀徳(むかい ひでのり)
生年月日:1973年10月26日
出身:佐賀県
ナンバーガールのボーカリスト兼ギタリスト。

 

高校を卒業後映画監督になろうと日本大学芸術学部を受けますが不合格となり、ライブハウスやバーで働き、1995年にナンバーガールを結成

名前:田渕 ひさ子(たぶち ひさこ)
生年月日:1975年12月9日
出身:福岡県
ナンバーガールのギタリスト(一部ボーカル)

中学時代から兄の影響でギターをはじめ、ガールズバンドを結成。
高校卒業後は縫製工場で働きながら、ナンバーガールにも所属

名前:中尾 憲太郎(なかお けんたろう)
生年月日:1974年6月17日
出身:福岡県
ナンバーガールのベース担当

 

大学を中退しライブハウスで照明のバイトをしていたところを、

向井に声をかけられナンバーガールに所属。

名前:鰰澤 亜人(いなざわ あひと)
生年月日:
出身:福岡県
ナンバーガールのドラム担当

透明少女

鉄風_鋭くなって

などの曲があり、このバンドから影響を受けて今活躍しているバンドは非常に多いと言われています。

ナンバーガールの解散理由

ではそんなナンバーガールがなぜ解散してしまったのか。

ナンバーガールが解散した理由はこのように発表されていました。

ベースの中尾憲太郎氏が「自分のやりたい音楽がある」と言い、残った3人やスタッフが話し合った結果、「中尾、田渕、イナザワ、向井の4人でナンバーガールである」という結論に至ったそうです。

つまり4人でなければナンバーガールでやる必要はないということで、解散。

メンバーが一人でもかければやらないという、最近では嵐のような筋の通った解散理由ですね。

一言でまとめると解散理由は音楽性の違いというところでしょうか。

スポンサーリンク

ナンバーガールの復活理由

ナンバーガールは復活の際に以下のコメントを載せています。

2018年初夏のある日、俺は酔っぱらっていた。そして、思った。またヤツらとナンバーガールをライジングでヤりてえ、と。あと、稼ぎてえ、とも考えた。俺は酔っぱらっていた。俺は電話をした。久方ぶりに、ヤツらに。そして、ヤることになった。できれば何発かヤりたい

いやぁ痺れますね。

解散から17年。ここにきて活動を再開ということで、SNSではファンによる盛り上がりが異常な事態を見せています。

ツイッターでは再結成の報道でトレンド上位を独占。

ナンバーガールの活動期間はいつまで?

ナンバーガールは2019年8月16日から開催される「ライジングサンロックフェスティバル(RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO)」から活動を本格的に再開すると予想されます。

またこのためだけの復活というわけではない、(できれば何発かヤりたい)と発表しているので、これを皮切りにいくつかのフェスに出演することが予想されます。

また可能性としてはツアーの可能性もゼロではないのではないでしょうか…!2018年に10年ぶりに復活したエルレも復活ライブツアーを行なっているため、後日ナンバーガールのツアーも発表される可能性は非常に高いですね…!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です