『トレース~科捜研の男~』第6話 あらすじや感想!軍手の血痕が語る真実!?

フジテレビの1月期月9ドラマとして、2019年1月7日からスタートした『トレース~科捜研の男~』。

その第6話が、2019年2月11日に放送されました。

このドラマは科学捜査研究所(科捜研)が舞台で、科捜研の女ではなく科捜研の男です。

さらに原作者は元・科捜研ということで、実際に起きた事件や経験をベースにリアリティーたっぷりに描く本格科捜研サスペンスです。

主演は、俳優として幅広い役をこなす関ジャニ∞の錦戸 亮さんで、フジテレビ「月9」ドラマ主演は初となります。

今回は、『トレース~科捜研の男~』第6話のあらすじ、感想を紹介したいと思います。

この記事は『トレース~科捜研の男~』第 6話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第6話 あらすじ【前半】

真野(錦戸 亮)のもとに、「話がある…君のお兄さんのことだ」という知らない男からの電話があった。

真野は、指定された場所で男を待ち続けた。

だが、そこには誰も現れなかった。

そんな折、河川敷でホームレス男性の変死体が発見された。

被害者は新妻大介、41歳。

高校3年生のときに失踪して以来行方不明だった男で、母親から捜索願が出されていた。

死亡推定時刻は昨夜の10時から午前2時、死因は溺死だった。

しかし、遺体の肺や喉、鼻の奥には液体が残っていたものの、体には濡れた痕跡はなかった。

濡れていない溺死体という不自然な状態だった。

虎丸(船越英一郎)たちは、事件性があるとみて捜査を進めていた。

科捜研の海塚(小雪)に、遺体から採取した液体と現場に落ちていた血痕が付着した軍手の検査、そして臨場も依頼した。

海塚は、それを英里(岡崎紗絵)に任せようとした。

しかし、現場がホームレスのたまり場ということもあって若い女性ではない方が良い、という沖田(加藤虎ノ介)らの意見もあり、真野が担当することになった。

そして、ノンナ(新木優子)も何故か担当することになった。

鑑定の結果、液体は水道水で鉄の錆と思われる成分が検出された。

一方、軍手にはいくつかの小さな穴が開いており、男性ひとり、女性ふたりの古い血液が付着していたが、データベースで照合しても身元は不明だった。

また、軍手の内側から検出された皮膚片は、DNA鑑定の結果、被害者とは別の人物のものでこちらも身元不明だった。

臨場に向かった真野たちは、現場付近の水道から水を採取する。

虎丸は、この辺りのホームレスが暮らしぶりがいいということに着目するのだった。

そんな中、早川尚文(萩原聖人)が献花を持って現れた。

早川は、新妻の高校時代の担任なのだという。

虎丸は、新妻が失踪した理由を早川に尋ねた。

早川は、新妻の友人がある事件を起こしたことで精神的にショックを受けたみたいで、ある日突然姿を消した、と話した。

それは、25年前、同じ学校のその友人が家族を刺し殺して自殺したという、『武蔵野一家殺人事件』のことだった。

『武蔵野一家殺人事件』とは、真野の家族が刺し殺された事件だった。

採取した水からは、錆びは検出されず、事件と無関係だと虎丸に語る真野は、いつもと様子が違っていた。

その後、1人で河川敷で暮らすホームレスを調べに行く真野は、元締めらしきホームレスの冷蔵庫の氷を採取した。

そして、それをホームレスたちに見つかってしまい、襲撃されてしまう。

それを止めに入ったのは、早川だった。

真野は「源 義一は、僕の兄です」と早川に告げ、知っていることを教えて下さいと尋ねるのだった。

新妻は、兄をいじめていた主犯の1人だったと語る早川は、新妻は罪悪感に押しつぶされて人生が狂ってしまったと話した。

真野は冷蔵庫の氷を調べた結果、遺体に残っていた成分と一致した。

『武蔵野一家殺人事件』のことを調べている真野は、鑑定責任者が藤田という人物だいうことを調べた。

そして、藤田の家を訪れた真野は、丁度、海塚が出てくるのを見るのだった…。

『トレース~科捜研の男~』第6話 あらすじ【後半】

藤田の妻は、肝臓ガンで15年前に亡くなったと語った。

真野は『武蔵野一家殺人事件』のことを尋ねた。

もう随分昔のことだからなんとなく覚えているだけだと言う藤田の妻に、科捜研の人と交流があるかと尋ねてみた。

「ずっと、お会いしていませんね」と語る藤田の妻は、明らかに嘘をついていた。

そんな中、真野の元に早川から電話があった。

早川は、いじめの存在を知りながら何もすることができなかったと語り、真野に頭を下げ謝罪した。

いじめで不登校になったが決して人生を諦めたわけじゃないと語る真野は、兄のことを応援していたと伝えた。

兄は家族を殺して自ら命を絶つなんて絶対しないと早川に告げた。

解決済の事件の証拠品は処分されるため、調べようがないと真野は語った。

新妻が殺される直前に知らない男から電話があったことを明かした真野は、あれは新妻だったのかもしれないと推測した。

真野は、もう一度早川に新妻のことについて覚えていることはないか尋ねた。

そういえばと切り出した早川は、新妻は指紋も取られたと言ってたと話した。

真野は、新妻が指紋を取られたと言う記述はどこにもないと語った。

第三者の指紋の採取は、被疑者を絞り込むために行うため、殺害現場には不審な指紋が残っていたということになる。

「もしかしたら、新妻の死と25年前の事件は繋がっているのかもしれない」と真野は語った。

その帰り、1つずつ思い出していた真野は、何かを思いついた。

海塚を待ち伏せした真野は、『武蔵野一家殺人事件』を調べていると切り出した。

軍手の血痕と被害者のDNA型が一致すれば、大きな手がかりになると言う真野。

当時はまだDNA型鑑定はしていなかったからと語る海塚に、1人だけ生き残った者がいると言い、「僕がその生き残り、源 礼二です」と明かした。

自宅に保管してある家族の遺品からDNA を採取すれば軍手の鑑定データと照合することができると告げた真野は、海塚には報告しておきたかったと告げて去っていった。

海塚が、科捜研に戻り軍手の鑑定結果を改ざんしていると、電気がついた。

そこには、真野がいて、来ると思っていたと告げた。

真野は、いつか何かの役に立つかもしれないと思い入所してすぐに鑑定してあったことを明かした。

そのデータを照合した結果、軍手の血液は父、母、姉のものであることが証明された、と語る真野。

海塚を藤田の家の前で見たことを明かし、海塚を問い詰めた。

海塚は、全てを話し出した。

海塚と藤田は、嘱託した検査を済ませ鑑定書を作成したが、その後、全ての資料を提出しろと命令が来たと話した。

命令の出所もわからないため納得できなかった海塚だったが、命令に従うしかなかった。

次の日、改ざんされた鑑定書の控えを渡された、と海塚は告げた。

海塚は、藤田の妻から『武蔵野一家殺人事件』についての鑑定書の控え及び捜査資料が記されたノートを渡されていた。

それは、藤田が全ての資料を提出する前に書き写したものだった。

海塚は、生き残った礼二だと知っていたと語り、これ以上真野に苦しんで欲しくないと伝えた。

「どうか、前に進んで欲しい…」と言う海塚だったが…。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第6話 感想

『武蔵野一家殺人事件』の資料は改ざんされていた!?衝撃の事実ですよね。

真野は兄が家族を殺害して自殺したという過去を背負って25年間生きてきたのですね…真野の気持ちを思うと胸が詰まります。

命令したのは誰なのか?黒幕は千原ジュニア演じる壇 浩輝?謎は深まるばかりです。

藤田が買い写したノートを見て、真野の姉が妊娠していた事が判明しました。

25年前というと、壇はまだ高校生、大学生くらいでしょうか?となると姉のお腹の中にいる子は、もしかして…??

ということは早川は壇と繋がっているかもしれないですよね…。

そんな早川に、真野は信じて話してしまっていいのか?ハラハラします。

『トレース~科捜研の男~』まとめ

次回は、どんな事が明らかになるのか?真実が明らかになっても家族は帰って来ませんが、真野の気持ちが少しは晴れたらいいですよね。

真実が明らかにならないと、真野は前に進めないんじゃないかと思います。

真野礼二演じる錦戸亮さんの演技が、真野の繊細な表情とか心の中を見事に演じています。

次回の第7話は、2019年2月18日に放送されます。

是非、ご覧下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です