イワシ缶はハゲに効果なし?薄毛や白髪改善に効くのか口コミ検証!

名医のTHE太鼓判!」などで度々取り上げられている”イワシ缶

何と言ってもイワシ缶には薄毛・抜け毛・白髪といった髪の毛の悩みにすごい効果があると言われているのです。

実際に検証した我が家の坪倉さんは、自身の薄毛が改善されたという驚くべき結果が出ています。

しかし一方ネットなどではイワシ缶は「ハゲには効果ないのではないか?」という声も…。

この記事ではイワシ缶に果たして本当に薄毛や白髪改善の効果があるのか、その仕組みや口コミなどから判断していきます。

スポンサーリンク

イワシ缶が薄毛や白髪改善に効くのはなぜ?

まずなぜイワシ缶が薄毛や白髪改善に効くのかをみていきましょう。

青魚の持つEPA

青魚には脂の一種であるEPADHAなどが含まれています。

これらの脂は血液をサラサラにする効果があり、薄毛だけではなく、動脈硬化、中性脂肪、ドライアイなどにも幅広く良い効果をもたらしてくれると言われています。

というのも血流が悪くなってしまうと、栄養が毛根まで行かないんですね。

このEPAは人の体内ではほとんど作ることができないものなので、食べ物として摂取するしかありません。

遊泳魚であるイワシは特に良質のEPAが含まれているとして、イワシ缶が注目されているわけなんですね!

さらに最近の研究でイワシを食べるイワシ漁師の方には薄毛の方が少なく、ハゲ予防として特にイワシ缶が今脚光を浴びています。

イワシ缶の食べ方

EPAは熱に弱く、加熱をすることでその20パーセントが消失してしまうと言われています。

つまり焼き魚などで食べるとせっかくのイワシでも効果が薄れてしまうということです。

ただイワシ缶は、イワシを缶詰に入れたのちに熱加工を施しているので、缶詰の中にEPAが丸々と残ったまま調理ができています。

つまりイワシ缶は最も効率よくEPAを摂取できる食べ物というわけなんですね!

ちなみにイワシ缶の汁にも溶け出したEPAが含まれているので、ご飯などにかけて食べたりすることがオススメです!

番組では芸人『我が家』の坪倉さんが、ハゲ改善のためにイワシ缶を2週間、1日1缶食べ続け

開始前 2週間後
血中EPA濃度 27㎍/mL 622㎍/mL
血管年齢 54歳  36歳

 

という驚くべき効果を発揮し、見事薄毛も改善しています。

スポンサーリンク

イワシ缶はハゲ予防に効果なし?

ここまで実績が出ているのでイワシ缶のハゲ予防に効果がないという可能性は極めて低いと考えられます。

ただし、イワシ缶の効果を最大限まで発揮するためには普段の食事バランスも考えないといけません。

植物油動物性の脂を取ってしまうとうまくEPAが吸収されづらくなってしまうため、普段から暴飲暴食は避けるようにしましょう。

また継続も大事で、せっかくイワシ缶を食べたのに3日でやめてしまうと効果を感じられないままやめてしまうこととなります。

坪倉さんも2週間続けて目に見える効果を得られたので、まずは2週間、毎日1缶を試してみてください!

薄毛や白髪改善に効くのか口コミ検証!

ここからは実際にイワシ缶を実践してみて薄毛や白髪改善にどれだけ効果があったかというところを口コミから見ていきたいと思います。


イワシ缶を食べ続けて実際に薄毛や白髪が改善されたという報告はあまり見られませんでしたが、血管年齢が下がったことによる効果を実感する方は何人かいらっしゃいました!

イワシ缶の効果はなかなか目に見えるところに現れるまでに時間があるので、実感として感じにくいですが(普通の方が血管年齢を測るなんてそうそうないですよね…笑)、でもしっかりと続ければ目にも見える効果となって現れてきます。

薄毛は特に実感しにくい部分で、しかも他人もなかなか言いづらいと考えられるので、 あまり直接的な効果は感じにくいと思いますが、まずは2週間続けて見ましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です