忘年会・新年会の余興でオススメ!ネタ&ダンス特集【2017〜2018】

2017もいよいよラスト!そろそろ会社や学校などに所属している人は、”忘年会”や”新年会”の時期に入ってくるのではないでしょうか。

忘年会や新年会では普段関われないような目上の人だったり、年齢の大きく違う方だったりと話したりすることができる場所でもあります。

しかし、そんな忘年会や新年会で付き物なのが”余興”ですよね…。

会社など、所属している団体によっては新入社員が余興を行わなくてはならならいわば『暗黙のルール』のようなものがあったりするところもあります。

今までそんなことやったことない人なんかは、いきなりのしきたりに「どんなネタをすればウケるのか」などと戸惑ってしまうこともあるでしょう。

そこで本日はそんな方々に、忘年会・新年会でオススメの2017年に流行ったネタ&ダンスなどの余興を紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

忘年会・新年会の余興にオススメ!ネタ&ダンス特集!【2017〜2018】

ここから2017年〜2018年にかけての忘年会・新年会の余興でオススメできる旬のネタ&ダンスを紹介していこうと思います!

また、余興をやる人数なども所属する団体によって違うと思うので1人〜大勢人でできる余興ネタ&ダンスを人数別に紹介していきます!

1人でできる忘年会・新年会のオススメのネタ&ダンス余興!

ここでは1人でできる忘年会・新年会のオススメのネタ&ダンスの余興を紹介していきます。

2017年に流行ったものを中心に紹介していくので是非参考になさってください!

アキラ100%

オススメ度:★★★★☆

オススメ人数:1人

2017年のピン芸人で忘年会や新年会にもってこいなのはやはり”アキラ100%

新入社員などが体を張りそのネタを披露すれば、お酒の入った席であれば盛り上がることは間違い無いでしょう!

自分のイメージが大きく変わるかも知れませんが、用意するものはお盆とリボンと覚悟のみ

もし、ギリギリで何も思いついていない!という人は最終奥義として使用してみてください!

 

しかしこちらのネタは場の雰囲気、メンバー次第ではドン引きされる可能性もあるので注意してください。

平野ノラ

オススメ度:★★★☆☆

オススメ人数:1人

平野ノラさんは2016年にブレイクした芸人ですが2017年の現在もいまだに人気を獲得し続けています。

衣装とメイクさえあればグッと平野ノラさんに近づくことができるので、出オチでの掴みはまず心配ないでしょう。

 

しかし難しいのは平野ノラさん自体の”ネタ”

バブリー50音』という好きな文字を言ってもらって即興でバブリーにして返すというものですが、こちらは相当ネタを覚えるのが大変ですし、出てこなかった時の空気感が恐ろしいもの。

ネタを披露することが難しい人は平野ノラさんの衣装を着て『バブル期の曲を歌ってみる』なんてことも面白いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

少数(1人〜5人)でできる忘年会・新年会のオススメのネタ&ダンス余興!

ここでは少数(1人〜5人)でできる忘年会・新年会のオススメのネタ&ダンスの余興を紹介していきます。

2017年に流行ったものを中心に紹介していくので是非参考になさってください!

ブルゾンちえみwithB

オススメ度:★★★★★

オススメ人数:3人

2017年といったらやっぱりこの人! ”ブルゾンちえみwithB

このネタのオススメなポイントとしては知名度が圧倒的に高いこと!

会社の中心であろう30〜50代の方はもちろんのこと60〜以上の方にもブルゾンちえみは認知されています。

音楽をかければ「あっ、そのネタね!」と全員がわかってくれることでしょう!

 

またネタについてもそのままブルゾンちえみのネタを採用させてもらってもいいですし、

自分のところの『普段はいじりづらい上司』のネタなんかを織り交ぜてみても面白くなり、アレンジがとてもききやすいですよね。

 

衣装もスーツがあればできるので、女性&男性のメンバーで困ったらとりあえずブルゾンちえみをやりましょう!

にゃんこスター

オススメ度:★★★★☆

オススメ人数:2人〜

『キングオブコント2017』に彗星の如く現れ準優勝を獲得し、2017年後期のバラエティ番組ではみないことのないほどの人気を獲得したコンビにゃんこスター

こちらのネタである縄跳びダンスは大塚愛さんの『さくらんぼ』と縄跳びがあれば誰でもそれなりにできてしまいます。

しかしこちらのネタは相方(男側)がどれだけ声を出せるかがポイント、中途半端にやってしまうとむしろ恥ずかしくなってしまうので注意が必要です。

また素人である我々がやると、2番でダラダラとしてしまう間が怖いのでにゃんこスターの縄跳びネタをするときはコンパクトにまとめることをオススメします!

大人数(5人以上〜)できる忘年会・新年会のオススメのネタ&ダンス余興!

ここでは大人数(5人以上〜)でできる忘年会・新年会のオススメのネタ&ダンスの余興を紹介していきます。

2017年に流行ったものを中心に紹介していくので是非参考になさってください!

登美丘高校ダンス部

オススメ度:★★★★☆

オススメ人数:5人〜

2017年代ブームを起こした登美丘高校ダンス部の”バブリーダンス

『Mステ』や『うたコン』に出演し、さらには『紅白』への出場も噂されているほどの人気ぶり!

この完成度でダンスができれば盛り上がることはまぁ間違い無いでしょう!

しかし、問題なのがそのダンスの難易度、レベルに合わせて削る必要がありますがバブリーな感じのコミカルな動きは是非取り入れていきたいところですよね!

ゆず『双子ダンス』

オススメ度:★★★★☆

オススメ人数:好きなだけ

こちらはゆずが2017年に発売した『恋、弾けました。』で、映画『斉木楠雄のΨ難』の主題歌ともなった曲です。

知名度としては若者向けではありますが、女性の新入社員などがこのダンスをやればとりあえず可愛いですよね!

男性陣の目の保養にもなりますし、自分のキャラをあまり崩さなくても済みます。笑

 

しかもこのダンスの良いところは公式に踊り方が丁寧に解説されているところ!

女性が多い職場なんかは、メンバーを増やして、大人数で披露しても面白いですよね!

まとめ

以上、2017年〜2018年の忘年会・新年会の余興でオススメできるネタ&ダンスをまとめました!

昨年はピコ太郎オリエンタルラジオの『パーフェクトヒューマン』斎藤さんなどが多く披露されたそうで、やはりその年の旬なものを披露するのが、一番ウケがいいようですね!

上記で紹介したものはおそらく2017年の年末から2018年の新年にかけても数々のテレビで放送されるネタばかりですので是非参考にして、この忘年会&新年会を乗り切ってください!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です