ドラマ『24 JAPAN』のあらすじやキャスト・見どころを紹介!

皆さんは「24」というアメリカのドラマをご存じでしょうか?

主人公ジャック・バウアーとテロとの戦いを描いたドラマで、世界各国で放送され数多くのファンがいる世界的なドラマです。

そんな24の日本版である「24 JAPAN」が、10月からテレビ朝日で放送されます。

今回は、10月放送開始予定の新ドラマ「24 JAPAN」のキャストや見どころなどを紹介していきたいと思います!

最後まで楽しんでいってください!

24とは?

24は、アメリカの架空の連邦機関「CTU(テロ対策ユニット)」ロサンゼルス支局の捜査官「ジャック・バウアー」のテロとの戦いを描いたアクションドラマで、2001年から2010年まで8シーズンにわたって世界各国で放送された人気作品です。

また、主人公ジャック・バウアーを演じるキーファー・サザーランド氏の代表作として最も有名な作品です。

「24 JAPAN」のあらすじ

テレビ朝日「24 JAPAN」

24 JAPANは、テレビ朝日で10月9日(金)夜11時15分からスタートします。

あらすじは本家24のシーズン1がベースとなっていますが、日本オリジナルの仕様に変更が施されています。

主な変更点は以下のとおり。

・主人公が所属しているCTUの所属先が日本版では「第1支部A班」となっている。

・「黒人初の大統領候補」から「女性初の総理大臣候補」に変更。

・主人公の過去の任務が「海外での邦人人質救出」と「テロ用の化学兵器工場の爆破」に変更。

・本家24のシーズン1が放送された2001年から20年近く経過していることから、コンピューターの進歩、犯罪システムの発展、国際情勢の変化など「2020年の最新テクノロジーと世界情勢」を盛り込んでいる。

そのことを踏まえでのあらすじです。

 “日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日を迎えた深夜0時――。CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、自宅で娘・美有(桜田ひより)と仲睦まじくトランプを楽しんでいた。ところがその直後、自分の部屋に戻った美有がこっそり家を抜け出したことが発覚。心配した現馬は美有を捜そうとするが、その矢先にCTU東京本部長・郷中兵輔(村上弘明)から緊急招集がかかってしまう。あろうことか「24時間以内に総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)を暗殺する計画がある」との情報が入ったというのだ!
一刻を争う状況の中、この暗殺計画を阻止すべく、麗の側近とテロリストの接点を洗い出そうとするCTUの面々。そんな中、郷中は信頼する現馬にだけ「CTUの中に“暗殺計画に関わる内通者”がいる」と告げ、調査を命じる! しかも、極秘任務を請け負うことになった現馬の前に、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)が現れ、“新たな情報”を提供。だが、鬼束の言動を不審に思った現馬は“とんでもない行動”に及んでしまう! 一方、ひとり自宅に残された現馬の妻・六花(木村多江)も美有の身を案じていたが、そこに一本の電話がかかってくる…。
更にその頃、はるか上空を飛行する旅客機の中では、やがて日本中を震撼させる“恐ろしい計画”が進行していた――。

※引用元:24 JAPAN公式サイト

24 JAPANのキャストを紹介!

本家24の主人公ジャック・バウアーの日本人版である「獅堂現馬(しどう・げんば)」役は、「唐沢寿明」さんが務めます!

その他のキャストを紹介します!・・と言いたいところですが、出演者が多いので全員紹介するとかなり長くなってしまいます。

そこで公式サイトにキャストと相関図が掲載されているのでこちらをご覧になってください!

テレビ朝日「24 JAPAN」相関図・キャスト

こちらのほうが登場人物について文章で説明するよりも分かりやすいと思います!

24 JAPANの見どころは?

本家シーズン1をベースにしていますが、日本独自に設定が変更されているのが最大の見どころです。

24はテロとの戦いを描いているドラマなので、唐沢寿明さん演じる獅堂現馬をはじめとするCTU、国家とテロとの壮絶な戦いに注目です。

テロは事件として扱われていますが、事実上規模を縮小した戦争みたいなものですからね。

人と人との争いが絶えないのは今も昔も変わっていませんね。

まとめ

今回は、10月からテレビ朝日で放送されるドラマ「24 JAPAN」のあらすじやキャスト、見どころについて紹介していきました!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA