ドラマ「獣になれない私たち」 ドラマが教えてくれる人間関係の本質とは?

2018年に放送されたドラマ『獣になれない私たち』 ご覧になっていましたか?

今回は『獣になれない私たち』のご紹介です。

「獣になれない私たち」とは?

ドラマ「獣になれない私たち」は、2018年10月に新垣結衣さんと松田龍平さんのW主演で放送された恋愛ドラマです。

脚本の野木亜紀子さんは「逃げるは恥だが役に立つ」、「アンナチュラル」「出版出来!」など数多くのドラマの脚本を手掛けています。

キャッチフレーズは「『全ての頭でっかちな大人』に送る、ラブかもしれないストーリー」でした。

日本テレビ 『獣になれない私たち』

脚本家 野木 亜紀子さん

あらすじ

IT会社に勤める深海晶(新垣結衣さん)は、いつも笑顔で仕事をそつなくこなす30歳のOLです。

営業のアシスタントという立場でありながら社長のサポート、新人教育、周囲のフォローなど多くの仕事を任されることにストレスを感じながら日々過ごしています。

そして仕事終りに一人でクラフトビールバーの「5tap」を訪れ、ビールを飲み、一日の疲れを癒します。

 晶には付き合って4年になる彼氏・花井京谷(田中圭さん)がいます。京谷は以前付き合っていた無職の彼女をいまだに居候させており、一緒に暮らそうと約束した晶を悩ませます。

 同じく5tapの常連客である会計士の根元恒星(松田龍平さん)はバーで恋人と思っていた橘呉羽(菊池凛子さん)が別の男性と結婚することを聞きます。

そっけない態度でその場を過ごしますが、後日その場に居合わせた晶に呉羽との関係について質問されます。

自分の本能のままに生きる周囲の人間に振り回され、疲弊していく晶と恒星。

そんな二人がビアバーで出会い、赤の他人だからこそ本音で話せる関係となります。

悩みながら、苦しみながら二人が見つける未来は、いったいどんな未来でしょうか。

獣になれない主人公を演じるのは・・・

 主演を務める新垣結衣さんは、「空飛ぶ広報室」「掟上今日子の備忘録」「逃げるは恥だが役に立つ」に続き、4度目の野木亜紀子作品の主演となりました。

今回のドラマでは暗い表情が多く「ガッキースマイル」を封印したことも話題となりましたが、ドラマの舞台がビアバーということで、美味しそうにクラフトビールを飲むシーンも印象的でした。

同じく主演を務める松田龍平さんは「舟を編む」「探偵はBARにいる」「カルテット」など数多くの映画、ドラマに出演しています。

今回のドラマでは一見冷たい発言が目立ちますが、不正な税務申告に忠告をするなど誠実な一面を持ちます。

新垣結衣さんと松田龍平さんの共演は、2007年に公開された映画「恋するマドリ」以来11年ぶりでした。

新垣さんは「当時はまだ高校生で子供だったので、当時とはまた違ったお芝居ができるように頑張りたい」と語っていました。

リアルな人間関係がテーマ

 「獣になれない私たち」というドラマのタイトルは一見、恋愛関係において積極的にアプローチできない、いわゆる草食系の男女のラブストーリーを想像させます。

しかしドラマの第1話での主人公・晶の様子を見ているとそのようなラブストーリーではないことが分かりました。

「獣になれない私たち」は、家族や恋人、職場など自分と関わる全ての人との人間模様を描いたヒューマンドラマです。

 そして新垣結衣さんと野木亜紀子さんがタッグを組んだ前作「逃げるは恥だが役に立つ」で星野源さんと繰り広げられたコミカルでほのぼのとした作風ではなく、ブラック企業で奮闘したり、煮え切らない恋人に疲弊したりとドラマらしくないリアリティ溢れる作品に仕上がっているところも「脱・逃げ恥」を意識した制作側の意図を感じます。

「バカになれたら楽なのにね」

 これはドラマの1話で恒星が晶に言った一言で、この言葉にとても共感しました。

職場などで周りの人にいらいらしたり、それに対して何も言えない自分にやるせなくなったりすることがあると思います。

真面目にやって疲れ果てるより、本音を言って適当にやれたらどんなにいいか。

 ドラマ「獣になれない私たち」は、主人公たちが自分の気持ちと向き合いながら、どのように職場や恋人と関係を築いていくのかが見どころです。

そして他人より悩んで頑張っている分、報われてほしいと応援したくなるドラマです。

様々な苦難を乗り越え、ドラマの最終回でビールを飲む晶と恒星の表情は印象的でした。

『獣になれない私たち』主題歌(「今夜このまま」:あいみょん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA