漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』の特徴や魅力を紹介!アニメ映画化も決定!

バスケットボールを題材にした漫画って「黒子のバスケ」とかありますよね!

そのバスケ漫画の金字塔なのが「SLAM DUNK(スラムダンク)」です!

今回は、漫画SLAM DUNKの特徴や魅力を紹介していきます!

さらに、SLAM DUNKはアニメ化されており、アニメ版の映画化も決定しました。

そちらについても触れていきたいと思いますので、最後まで楽しんでいってください!

SLAM DUNK(スラムダンク)とは?

作品名:SLAM DUNK(スラムダンク)

ジャンル:スポーツ漫画(バスケットボール)、学園漫画

原作者:井上雄彦

連載誌:週刊少年ジャンプ

連載期間:1990年~1996年

単行本:全31巻(全276話)

主人公の少年「桜木花道」の挑戦と成長を軸にしたバスケットボール漫画で、国内シリーズ累計発行部数は1億2000万部を突破しています。(2018年8月時点)

SLAM DUNK(スラムダンク)のあらすじ!

神奈川県立湘北高校に入学した赤い髪の不良少年「桜木花道(さくらぎ・はなみち)」は、中学時代に50人の女子からフラれ続けたうえに、最後にフラれた女子が「バスケ部の小田君」に好意を持っていたため、バスケットボールが大嫌いになっていました。

「バスケット」というキーワードに類似している生徒を見掛けては片っ端から頭突きを喰らわすなど、入学早々荒れに荒れていた花道は、ある日廊下で「バスケットはお好きですか?」と声を掛けられ、鬼の形相で声の矛先を見るとそこには「赤木晴子(あかぎ・はるこ)」という美少女が立っていました。

晴子に一目惚れした花道は、バスケットボール全くの初心者にもかかわらず彼女目当てに入部しましたが、その後地道な練習や試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚め、バスケットの才能を開花させます。

才能を開花させた花道は安西監督の元、スーパールーキーで宿命のライバルである流川楓(るかわ・かえで)、晴子の兄で主将の赤木剛憲(あかぎ・たけのり)と副主将の小暮公延(こぐれ・きみのぶ)、花道の入部当時は入院していた宮城リョータと、元バスケ部の三井寿(みつい・ひさし)も復帰し、夏のインターハイ出場、そしてインターハイ制覇を目指します。

SLAM DUNK(スラムダンク)の特徴は?

SLAM DUNK最大の特徴は、「バスケットボールを知ることが出来る」ことです!

作中では、バスケットボールのルールなどが細かく書かれており、漫画を読みながらバスケットボールについて学ぶことが出来ます。

桜木花道のあだ名呼び

もう一つの特徴は、花道が各キャラクターに対し様々なあだ名を付けて呼んでいることです。

花道が付けたあだ名が各キャラクターの特徴をピンポイントで押さえており、読者も花道と同じくあだ名で呼んでいることも多いです。

ここでは、花道が付けたあだ名を列挙していきますが、晴子は「晴子さん」、流川はそのまま「流川」と普通に読んでいます。

・湘北高校

赤木:ゴリ(ゴリラの略)

宮城:リョーちん

三井:ミッチー

小暮:メガネ君

安西先生:オヤジ

・陵南高校

魚住:ボス猿

福田:フク助

田岡監督:じじい

・海南大付属

牧:ジイ

清田:野猿(反対に花道のことを「赤毛猿」と呼んでいる)

三井と小暮は、読者からはあだ名で呼ばれることが多いみたいですね。

SLAM DUNK(スラムダンク)の魅力は?

SLAM DUNKの魅力は何と言っても「手に汗握る試合での激闘」です!

真剣勝負だから何が起こるか分からないとは言いますが、SLAM DUNKは本当に最後の最後まで何が起きるか分からないです!

また、SLAM DUNKでは名言も数多く誕生しました。

その名言をいくつか紹介していきます。

あきらめたらそこで試合終了だよ

SLAM DUNKで最も有名な名言です!

中学時代の三井が神奈川県大会決勝で安西先生に掛けられた言葉で、その言葉が原動力となり優勝を果たしました。

三井はこの言葉に感銘を受け、安西先生に恩返しをしたいという思いから、海南大付属や陵南高校などの強豪校の誘いを蹴って湘北高校へ入学しました。

この名言でどれだけの人が助けられたのかは言うまでもありません。

バスケがしたいです

 

こちらもSLAM DUNKを代表する名言です!

エースとして期待された三井でしたが、怪我や赤木の活躍で挫折し不良となり2年間自暴自棄な生活をしていました。

そして宮城や花道への復習をしようとバスケ部を襲撃したものの、劣勢になり小暮から自身の過去を告白されたことでバスケへの未練を指摘されました。

これまで否定してきた三井でしたが、体育館に現れた安西先生と再会した瞬間、泣き崩れながら「安西先生・・・バスケが・・・したいです」と告白しました。

三井はその後トレードマークだった長髪を切り捨てバスケ部に復帰しました。

このように、SLAM DUNKに影響されてバスケを始めた少年少女が続出し社会現象にもなりました!

SLAM DUNK(スラムダンク)アニメ映画製作決定!

SLAM DUNKのアニメは1993年~1996年までテレビ朝日系で放送され、1994年と1995年に劇場版が2作ずつ、計4作公開されています。

しかし過去4作は原作に描かれていないアニメオリジナルで、テレビ版本編はインターハイ会場である広島へ出発するところで終了しています。

原作終了から25年が経ちますが、原作者の井上雄彦氏が衝撃の発表をしました!

『SLAM DUNK』新たにアニメ映画製作

なんと、SLAM DUNKのアニメ映画製作が発表されました!

詳しい内容などはまだ発表されていませんが、アニメでインターハイ編をまだ製作されていないので、新しい劇場版はインターハイが舞台になるのではと予想します。

今からとても楽しみですね!

まとめ

今回は、漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」の魅力や特徴、さらに、25年ぶりのアニメ映画製作決定について紹介していきました!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

 

U-NEXTで『SLAM DUNK』を無料で視聴する方法をご紹介!

すぐに『SLAM DUNK』を無料で安全に視聴したい!という方はU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTは月額制ですが、31日間の『無料トライアル期間』があるので、登録しても31日間は無料で動画を見たり、漫画(電子書籍)を読んだりすることができます。

U-NEXTって何?

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、DVD発売前の映画を見ることができたり、漫画を最新刊まで読めたりとラインナップがとにかく充実しています。

パソコンだけではなく、スマホやタブレットで見ることができるのも魅力の一つですね!

U-NEXTでどうやって『SLAM DUNK』を無料で視聴するの?

上でも紹介した通りU-NEXTは月額制で、月額1,990円(税抜)かかりますが、登録してから31日間は『無料トライアル期間』でU-NEXTの見放題作品は全て見放題となります。

漫画や動画の一部は別途課金が必要ですが、U-NEXTに登録で600ポイントを受け取れるので自由にそのポイントを使うことができます。

動画は1作300〜500ポイントほどなので、好きな動画を見ることができます。

『無料トライアル期間』中に解約すればもちろん料金はかかりませんし、サービスが気に入っていただければ継続してもらっても構いません。(継続の場合、次の月からは1,200ポイント受け取れます。)

≫≫U-NEXT31日間無料登録はこちら!≪≪

U-NEXTで『SLAM DUNK』を無料で視聴する方法
  1. U-NEXTの『まずは31日間無料体験』で登録
  2. 登録で受け取れる600ポイントで『SLAM DUNK』を視聴する
  3. その他『見放題作品』を楽しんでおく
  4. 『31日間の無料トライアル期間』に解約するか、月額1,990円(税抜)で継続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA