JR東日本『行くぜ、東北』CMで温泉に浸かりながら東北6県の方言を喋る女優は誰?

この時期の温泉はすごく気持ち良いですよね!

是非温泉旅行に行きたいものですね。

でもこのご時世のことを考えると中々難しいですよね・・

ということで今回は、JR東日本の「行くぜ、東北」というCMを紹介していきますので、せめてこちらのCMで東北に温泉旅行した気分だけでも味わってみてください。

そしてこちらのCMでは、温泉に浸かっている女性が東北6県の方言を喋っているのが気になったので、CMに出演している女優さんについても紹介していきたいと思います!

最後まで楽しんでいってください!

JR東日本『いくぜ、東北』CMがこちら!

それでは早速今回紹介するCMを皆さんにご覧になって井田佐来ますが、東北6県なのでCMも6つのバージョンがあります。

CMのテーマは「冬の温泉」です!

・「青森篇」
・「秋田篇」
・「岩手篇」
・「宮城篇」
・「山形篇」
・「福島篇」

皆さんどれくらい方言理解出来ましたか?笑

読者の方の中には東北地方出身の方も多いと思いますが、流石に全ての方言の意味を理解した人は少ないのではないでしょうか。

ちなみに、青森篇では津軽弁で「おめえどいるどあづましい」と話していましたね。

この言葉の意味は、「あなたといると楽しい」という意味です。

「おめえ」は「あなた」で、「あづましい」は「楽しい」を指しています。

その他の方言については・・残念ながら分かりませんでした。

分かる人いたら是非教えてくれると助かります。


外飲み2回分¥8030(税込)の代金で、全国のクラフトビールがいつでも自宅のビールサーバーで楽しめる!

JR東日本『行くぜ、東北』CMで温泉に浸かりながら東北6県の方言を喋る女優は誰?

CMで東北6県の方言を喋っていた女性は、女優として活動されている「見上愛」さんという方です!

見上愛さんはどのような方なのでしょうか?

見上愛さんのプロフィール!

名前:見上愛(みかみ・あい)

生年月日:2000年10月26日

出身地:東京都

身長:161cm

血液型:A型

趣味:観劇、純喫茶通い

事務所:ワタナベエンターテイメント

2019年にドラマ「ボイス110緊急指令室(日本テレビ)」の第7話に出演しデビューを果たしました。

まだデビューして浅いのでドラマや映画への出演はこれから増えてくるかもしれませんが、2020年に大ヒットしたドラマ「恋はつづくよどこまでも」では先輩ナースの「高津若菜」役を演じて話題になりました。

今後が楽しみな女優さんです。

趣味の純喫茶通いでは、喫茶店でコーヒーではなくクリームソーダを飲むことが多いらしいです。

見上愛さんは、女優の小松菜奈さんや池田エライザさんに似ていると話題になっており、たしかに、小松菜奈さんに似ていると思います。

今回のいくぜ、東北のCMでは、東京の女の子が温泉旅行中に覚えたての東北6県の方言を照れながら喋るという設定でしたが、見上愛さんは難しい役どころを見事に演じていました。

東京出身で方言に苦労したと思いますが、イントネーションは完璧だったと思います!

まとめ

CMで温泉に浸りながら東北6県の方言を喋っている女性は、女優の見上愛さんでした!

今回は、JR東日本の「行くぜ、東北」CMについて紹介していきました!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください