東京五輪サッカーグループリーグの組み合わせが決定!日程やメダル獲得の可能性は?

2020年に開催予定だった東京五輪が新型コロナウイルスの影響で1年延期となりましたが、その延期期間もあと100日を切りました。

五輪開催については様々な意見がありますが、世界中の人達が楽しみにしているオリンピックですから、これから何事もなく開催されてほしいですね。

そして日本国内外で各競技の代表選考会が行われていますが、その中でサッカーのグループリーグの組み合わせが男女共に決定しました!

ということで今回は、東京五輪サッカー競技の男子、女子それぞれのグループリーグの組み合わせを紹介していきたいと思います!

また、男子と女子(なでしこジャパン)の日程も紹介し、メダルを獲得する可能性についても予想していきたいと思います。

最後まで楽しんでいってください!

男子グループリーグの組み合わせ!

男子は、出場16チームを4つの組に分け、各組上位2チームが決勝トーナメント(準々決勝)に進出します!

グループリーグの組み合わせはこちら!

グループA

日本

南アフリカ

メキシコ

フランス

グループB

ニュージーランド

韓国

ホンジュラス

ルーマニア

グループC

エジプト

スペイン

アルゼンチン

オーストラリア

グループD

ブラジル

ドイツ

コートジボワール

サウジアラビア

日本が入るグループAは、厳しい組み合わせとなりましたね。

メキシコは2012年のロンドン五輪で金メダルを獲得しており、フランスは2018年のロシアワールドカップで優勝しています。

国際大会で優勝したり常に好成績を残しているチームが2チームもいるので、開催国というアドバンテージをどれだけ活かせるのか注目です。

望んでいたグループAの組み合わせは、日本、ニュージーランド、ホンジュラス、ルーマニアでしたが、望んでいたチームは全てグループBに入り、日本ではなく韓国が同組となりました。

今頃韓国メディアは組み合わせの結果に大喜びではないでしょうか。

ただ、日本以外出場したチームは、各地域の厳しい予選を勝ち抜いたチームで、日本も3月のアルゼンチン代表に勝利するなど強化が進んでいます。

実質どのグループも厳しくなっている可能性があるので、もしかするとグループリーグは大波乱が起きる予感がします。

実力だけで各組決勝トーナメント進出チームを決めるなら

グループA:フランス、メキシコ

グループB:ルーマニア、ホンジュラス

グループC:スペイン、アルゼンチン

グループD:ブラジル、ドイツ

が妥当だと思いますが、何が起きるか分からないのがサッカーで、「オリンピックには魔物が住んでいる」と古来からの言い伝えがあるので、日本を含めたアジア勢が躍動すれば、良い意味で大荒れすると思います。

    外飲み2回分¥8030(税込)の代金で、全国のクラフトビールがいつでも自宅のビールサーバーで楽しめる!

女子グループリーグの組み合わせ!

女子は、出場12チームを4チームずつ3つの組に分け、各組上位2チームと、各組3位グループの中から成績上位2チームが決勝トーナメント(準々決勝)に進出します!

グループリーグの組み合わせはこちら

グループE

日本

カナダ

イギリス

チリ

グループF

中国

ブラジル

ザンビア

オランダ

グループG

スウェーデン

アメリカ

オーストラリア

ニュージーランド

女子も厳しい組み合わせになりましたね。

イギリスは、本来サッカーとラグビーはイングランドやスコットランドなど4つのチームに分かれていますが、オリンピックは4つのチームが統一してイギリス代表として出場します。

ただイギリスは、イングランドを主体としているチームなのでレベルが抜きんでて高いのは間違いありません。

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

東京五輪サッカーの日程は?

サッカーは、開会式が始まる前に先行して行われます。

男子の日程は、「7月22日(木)~8月7日(土)」、女子は「7月21日(水)~8月6日(金)」の予定で実施されます!

グループリーグの日程と決勝トーナメントの日程はこちら!

男子

南アフリカ戦:7月22日(木)20:00(東京スタジアム)

メキシコ戦:7月25日(日)20:00(埼玉スタジアム2002)

フランス戦:7月28日(水)20:30(横浜国際総合競技場)

決勝トーナメント(進出の場合)

準々決勝:7月31日(土)

準決勝:8月3日(火)

3位決定戦:8月6日(金)

決勝:8月7日(土)

女子

カナダ戦:7月21日(水)19:30(札幌ドーム)

イギリス戦:7月24日(土)19:30(札幌ドーム)

チリ戦:7月27日(火)20:00(宮城スタジアム)

決勝トーナメント(進出の場合)

準々決勝:7月30日(金)

準決勝:8月2日(月)

3位決定戦:8月5日(木)

決勝:8月6日(金)

※:決勝トーナメントの会場とキックオフ時間は、グループリーグの成績によって異なります。

男子は関東地方、女子は北海道と東北でグループリーグを戦うことになりますね。

日本代表メダル獲得の可能性は?

上述したように、男子も女子もグループリーグは厳しい組み合わせとなりました。

しかし、逆に厳しい組み合わせになったほうが油断出来ないから有効だとの声も聞かれています。

たしかに強豪国だらけのグループだと油断する隙も無いので逆に有効だというのはその通りだと思います。

では、日本代表がメダルを獲得する可能性はどれくらいあるのでしょうか?

メダルを獲得する鍵となるのは、どちらも「初戦」です!

男子

男子は銅メダルだった1968年のメキシコ大会以来のメダル獲得を目指しますが、アテネ大会からの直近4大会中3大会でグループリーグ敗退と中々良い結果を残せていません。

しかし、日本が弱いから良い結果を残せていないわけではありません!

東京五輪の代表候補の中には、堂安律選手、冨安健洋選手、久保建英選手など、既にA代表でも活躍している選手がおり、東京五輪世代を主体出場した、2019年のコパ・アメリカ(南米選手権)では、A代表の南米チームを相手に1敗2分けで決勝トーナメント進出を逃しましたが、優勝候補だったウルグアイ相手に2-2で引き分けるなど奮闘しました。

初戦の南アフリカは身体能力が高く手強いですが、今の日本の実力なら勝てると思います。

グループAはメキシコとフランスという強敵がいますが、初戦の南アフリカを攻略し勝って勢いに乗れれば、決勝トーナメントに進出出来る可能性があります。

そして男子はもうひとつ鍵となってくるのが「OA(オーバーエイジ)枠」です!

サッカー男子は年齢制限が設けられており、原則「23歳以下(今大会は特例で24歳以下)」までが出場出来ることになっているので、年齢制限のないA代表に選出されている選手は出場出来ません。

しかし、オリンピックでは「各チーム3人まで24歳以上の選手を出場させることが可能」という特別ルールがあり、それがOA枠です。

直近の大会で唯一決勝トーナメントに進出した2012年のロンドン大会では、現在A代表の主将である吉田麻也選手をOA枠で選出し、五輪代表チームの主将として本大会に出場したのですが、初戦のスペインに勝利するという番狂わせを演じ、最終的にベスト4という好成績を残しました。

東京五輪でも、OA枠の候補者の中に吉田麻也選手が入っており、もし選出されるとA代表と主将を兼任する可能性があります。

吉田麻也選手の他には、遠藤航選手や大迫勇也選手など、A代表で実績のある選手がOAの候補として名を連ねています。

果たしてOA枠の3人は誰が選ばれるのか注目です!

女子

女子は銀メダルを獲得した2012年のロンドン大会以来のメダルを目指しますが、イギリス戦が、決勝トーナメント進出を左右する重要な試合になると思いますが、やはり初戦のカナダ戦はきっちり勝っておきたいところですね。

女子は年齢制限が設けられてなく、ロンドン大会は前年に行われた女子ワールドカップの優勝メンバーを主軸としていました。

前回のリオデジャネイロ大会は、まさかの予選敗退で出場することが出来なかったので、その分の雪辱も果たして悲願の金メダル獲得を目指してほしいです!

まとめ

今回は、東京五輪サッカーの男子と女子のグループリーグ組み合わせや日程を紹介し、日本代表がメダルを獲得する可能性を予想していきました!

日本代表の活躍に注目です!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください