ドラマ『ドラゴン桜』第3話の感想と話題になったトレンドを紹介!

現在TBSの日曜劇場枠で放送されているドラマ「ドラゴン桜」の第3話が5月9日に放送されました。

今回は、ドラゴン桜第3話の感想と、第3話で話題になったトレンドなどを紹介していきたいと思います!

最後まで楽しんでいってください!

第2話のあらすじ

全国屈指のバドミントン選手として活躍する岩崎楓(平手友梨奈)は、大学のスカウトが駆け付けた大会で活躍し大学の推薦を取ることを目指していたが、以前から痛めていた膝が悪化し棄権してしまった。

膝を怪我していたことをずっと隠していた楓だったが、それを見抜いていた桜木(阿部寛)が無理矢理病院に連れて行き診断した結果、治療にはリハビリを含めて2年が必要だと宣告されてしまう。

さらに追い打ちをかけるように、ダブルスを組む清野(吉田美月喜)が大学の推薦を楓から奪う為に、彼女が膝を怪我していることを知ったうえでコーチの宮村と共謀し、楓が万引きしたことを暴露している貼り紙をしたり、わざと膝に負担がかかるように仕向けた事実もしりショックを受けました。

それでも、大会2日目は裏方として清野をサポートし、部の優勝を見届けました。

その後桜木に、東大でスポーツ医学を学び、その上で選手として復帰してオリンピックを目指し、引退後はスポーツ医学で若い選手のサポートをしたいという目標を立て、東大専科に参加を表明した。

    外飲み2回分¥8030(税込)の代金で、全国のクラフトビールがいつでも自宅のビールサーバーで楽しめる!

第3話の感想!

第3話のタイトルは、「一発逆転!バカでも秀才に勝てる勉強法!」

楓の他に、瀬戸(高橋海人)、早瀬(南沙良)、天野(加藤清史郎)が参加した東大専科はいよいよ本格的な授業が始まりました。

まず、中学校の国語、社会、数学、理科、英語5教科の問題集を3週間かけて全て解くことですが、4人の現在の学力は、そこら辺の中学生より下なので基礎からやり直しと桜木先生から指摘され、納得していました。

たしかに、高校に入ってから中学校の問題が出来なくなるパターンは珍しくないので、東大どころか大学を目指す為には当然だと思いました。

そして、問題集を解きながら、瀬戸と天野はYouTuber、楓と早瀬はツイッターで、自分達の何気ない日常を、毎日英語で全世界に配信するというノルマが課せられたんですけど、如何にもイマドキっぽいですね。

前回の2005年当時はYouTubeやSNSが普及していなかったので、当時のドラゴン桜を知る世代としては新鮮な学習方法だなと感じました。

桜木先生は曰く、東大生は、日常目にする物全てに対して、なぜを考え本質を見ようとしているので、東大専科の生徒は、その東大生の思考を真似ることが役目とのことです。

また、水野から毎日送られてきたクイズは、過去に東大入試に出てきた問題で、東大入試では日常からの問題が多く出題されている事実があったことに驚きました。

2005年版でも同じことが言えますが、東大専科では、普通のクラスで学べないことを学ぶことが出来るんだなと思いました。

そんな時に藤井が乱入して東大専科の生徒を見下していたので、嫌な奴でしたね。

自分が優位に立っている人は性格が悪いことが、今の世の中多いことが悲しいですね。

だけど、東大専科の生徒と対決した時に藤井が負けた姿を見て、ざまあみろと思いました。笑

自分は優れているから絶対に良い結果が出ると思い込んでいる。

これを「慢心」と言います。

慢心していたら足元をすくわれるので、慢心ダメ、絶対!

そしてギャラリーの生徒達に向けて発した桜木先生の言葉がとても心に響きました!

桜木先生!

生徒達に向けて言った言葉、今の政府や官僚に言ってやってください!

ところで、瀬戸の実家のラーメン屋、なんか深刻な状況になっているので心配ですね。

桜木先生は何かを見抜いていたようですが、助けてくれるんでしょうかね?

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

第3話で話題になったトレンドを紹介!

終盤で東大専科の3人と藤井が対決したテスト問題で、地理の問題が出題されましたが、その問題の解答が気になっている視聴者の方が多かったです。

2016年の東大入試の問題で、6市町村が合併した新A市は、合併前も合併後も人口集中地区が北部に固まっていることが図示され、「市域内の山間部で発生する可能性があると考えられる行政上および生活上の問題をそれぞれ1つずつ挙げ、あわせて3行以内で述べなさい」という問題内容です。

前問の英語の問題には回答がありましたが、こちらの地理の問題の解答が示されないまま物語が進んでしまい第3話が終わってしまったため、解答が不明のままとなっています。

こちらの問題は、実際の東大入試で出題された内容で、解答例が大手予備校のサイトなどで掲載されていることがあります。

しかし、こちらの問題には難しい専門知識は不要で、作中で長澤まさみさん演じる水野が語っていた「人の気持ちを想像出来るか」が問われています。

受験に合格するには知識を身に付ける必要がありますが、東大は、知識よりも想像力が必要とされています。

これは英語の問題でも証明されていましたが、藤井のように難しい専門知識でご託を並べるよりも、「何が原因でこのようなことが起こっており、これをやれば解決するのでは」とシンプルに頭の中で発想し答えを導き出した東大専科の回答が正解でした。

地理の問題の場合、北部に人口が集中した場合、山間部では行政的と生活的にどのような問題が発生するのかを3行以内に述べることを求められています。

このことから、地理の問題の回答は

北部に人口が集中すると、人が住むには家を建てなければいけなくなるので、家を建てる為の土地を確保するために、山間部の森林を伐採する必要があり、環境破壊に繋がる可能性が生じることが行政上の問題。

北部だと、行政機関や商業施設が集中している中心部への移動が大変になるなど、アクセスが悪くなるのが生活上の問題。

なのではないでしょうか。

環境破壊が行政上の問題であるかは微妙ですが。

この記事の作者は現在の東大専科の生徒並みの学力ですが、自分なりに問題内容を想像して回答したので、もしこの回答が正解だったら、東大の問題の正解はシンプルということになりますね。

皆さんも、ドラゴン桜に登場する問題は実際に解いてみては如何でしょうか。

まとめ

今回は、ドラマ「ドラゴン桜」第3話の感想と話題になったトレンドを紹介していきました。

第4話は、「5月16日」放送予定です!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください