ドラマ『ドラゴン桜』第5話の感想!次回登場するクセの強い国語の講師は誰か予想!

TBSの日曜劇場枠で放送中のドラマ「ドラゴン桜」の第5話が、5月23日に放送されました。

今回は、ドラゴン桜第5話の感想と、次回第6話には、「クセの強い国語の講師」が登場することが予告で明らかになっていますが、誰が登場するのかはまだ発表されていません。

ということで、ここでは、次回登場する国語の講師が誰なのか予想していきたいと思います!

最後まで楽しんでいってください!

第4話のあらすじ

東大を目指していることが親にバレてしまった天野(加藤清史郎)と早瀬(南沙良)の母親が学校に乗り込み、自分の子供が東大に受かるはずがないと否定されるが、桜木(阿部寛)は「子供の強い意思を潰すのは、親の否定」と論破した上で、「家庭の10ヶ条」を掲げ、実行するよう命じた。

一方、実家のラーメン屋がヤミ金から多額の借金をしたことで苦しくなっていることを知った瀬戸(高橋海斗)は、学校でアルバイトが禁止されているにも関わらず、ガソリンスタンドでバイトに明け暮れ、東大専科から距離を置くことに。

そして東大専科には、前シリーズも登場したスパルタ数学講師の柳が現れ、小学2年生の算数問題100問を3分で全て解答することに悪戦苦闘する3人だった。

その頃瀬戸は、桜木がバイト先に学校でアルバイトが禁止になっていることを告げたことでクビになってしまうが、バイトをする原因となったラーメン屋の借金は、ヤミ金が法律で定められている金額よりも大幅に利子を請求したことを突き止め、借金返済と過剰に支払っていた利子分をヤミ金から取り戻しました。

その後瀬戸は東大専科に復帰し、再び4人で東大を目指すことに。

しかし、久美子(江口のりこ)とは、「東大に5人合格させる」という約束だったため、あと1人足りないことに。

果たして、5人目の生徒は現れるのか!

    外飲み2回分¥8030(税込)の代金で、全国のクラフトビールがいつでも自宅のビールサーバーで楽しめる!

第5話の感想!

再び藤井と対決することになり、今度は「大学入学共通テスト」の国語、英語、数学の3教科で、東大専科は各教科で「最も点数が高かった代表者」の点数が対象となりました。

しかし、今の4人では、藤井の学力に到底及ばないため、この勝負は無謀だと思いましたが、桜木先生は「秘密兵器」として、昆虫が大好きで、障害を抱えていることで会話が上手く出来ない生徒「原健太」をスカウトします。

健太は、耳から入る情報は上手く理解出来ませんが、目から入る情報は凄まじい勢いで理解するという、もはやチートですね。笑

だけど藤井は相変わらず姑息で性格最悪ですね!

健太に虫の解剖の動画見せるのは酷いと思いましたね。

でも桜木先生に説得されて、健太だけじゃなく麻里もテストに参加して、見事に勝ちましたね!

今回は、健太と麻里のおかげでしたけど、麻里はやっぱり大学に行かないので勿体無いと思いました。

その理由が第5話の最後で少し出ていましたけど、家庭内暴力の被害に逢っている感じがしましたね。

桜木先生が大暴れする予感がします!

ところで、第5話の学習法で「マジカルバナナ」が登場していましたね!

いやー懐かしいです!

今の若い世代にもマジカルバナナを知っている人がいるみたいですが、元ネタはご存知でしたか?

マジカルバナナは、1990年~1999年まで日本テレビで放送されていたクイズ番組「マジカル頭脳パワー」内で、一番最初にやるゲームでした。

30代中盤~後半はドンピシャ世代だと思いますよ!

マジカル頭脳パワーでは、マジカルバナナの他に、「マジカルチェンジ」や間違いを探す「エラーを探せ」など様々なゲーム(クイズ)がありました。

マジカル頭脳パワーは、当時から20年以上先の未来に行っていたのかなと、今になって思いました。

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

第6話で登場する「クセの強い国語の講師」は誰なのか予想!

第6話の次回予告で、クセの強い国語の講師が登場することが明かされていましたが、その講師が誰なのか全く分かっていません。

ネットやSNSでは第5話の放送終了後、国語の講師が誰なのか予想が始まっています。

ということで、ここでも国語の講師が誰なのか予想していきましょう!

林修

「いつやるの、今でしょ!」の名言でお馴染みの、林修先生。

ネットやSNSでは、林先生と予想する人が最も多かったです。

普段は東進ハイスクールで「現代文」の講師を務めている林先生ですが、現代文も国語に分類されていますね。

それに、林先生は東大出身なので、東大を知り尽くしているし、これまで出身大学が三流大学とバカにしてきた藤井を黙らせることも出来ますね。笑

片岡愛之助

昨年大ヒットした「半沢直樹」の黒崎検査官役を演じた片岡愛之助さんと予想する声も多かったです。

たしかに、黒崎はオネエ口調という、タダでさえクセが強かったですが、もし登場することになれば、歌舞伎の要素を国語の授業に取り入れるのかもしれませんね。

これはこれで面白いと思います!

香川照之

半沢直樹の「大和田常務」役を演じ、歌舞伎俳優「市川中車」としても活躍している香川照之さん。

片岡愛之助さん同様、出演したら盛り上がると予想されています。

さらに、香川照之さんは、今年10月から日曜劇場で放送される「日本沈没(小栗旬主演)」にも出演される予定なので、PRも含めて出演という可能性もあります!

その他にも予想に挙がっている人が結構いますが、皆さんも予想してみてください。

ちなみに、前シリーズの国語講師は、寺田農さん演じる「芥川龍三郎」が登場していました。

芥川龍三郎は常に和服姿で分かりやすい授業をするのが特徴ですが、そこまでクセは強くなかったです。

なので今回は、別の国語講師になるのはほぼ確定ですね。

まとめ

今回は、ドラゴン桜第5話の感想と、次回第6話で登場予定の、クセの強い国語の講師の予想をしていきました!

第6話から遂に東大専科7人が揃い、前シリーズでも行った「2泊3日の地獄の合宿」をします!

第6話は「5月30日」放送予定です!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください