ドラマ『アンラッキーガールで二石紗菜(ラッキーガール)役を演じた長井短さんってどんな人?

現在読売テレビ(日本テレビ系)で毎週木曜夜11:59から放送中のドラマ「アンラッキーガール」、皆さんはご覧になっていますか?

3人の運のない女性に次々と降り掛かる不運は面白いと思いながら、「こういうことあるな」とリアルでも起こったことがあり共感出来ることもありますよね。

そんな不運の3人とは真逆の幸運体質な女性「二石紗菜(ラッキーガール)」が登場しており、次々と起こるラッキーな出来事に視聴者は羨ましいと思っている方もいるのではないでしょうか。

そのラッキーガール役を演じているのは「長井短(ながい・みじか)」さんという方なのですが、綺麗な方ですよね。

今回は、アンラッキーガールで二石紗菜役を演じている長井短さんについて紹介していきます!

最後まで楽しんでいってください!

    外飲み2回分¥8030(税込)の代金で、全国のクラフトビールがいつでも自宅のビールサーバーで楽しめる!

長井短さんのプロフィール!

名前:長井短(ながい・みじか)

生年月日:1993年9月27日

出身地:東京都府中市

慎重:172cm

血液型:A型

スリーサイズ:B82/W62/H87

趣味:読書、テレビゲーム

特技:合唱、落語、ピアノ

事務所:キューブ

幼少期に観た「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」をきっかけに役者を志すようになり、高校時代は演劇活動を始めましたが、子供の頃から背が高かったため、親類からはモデルを勧められていました。

高校時代から劇団に所属して小舞台にも立っていましたが、演劇だけでは食べていけないと、アルバイトやECサイトのモデルオーディションを受けますが、ことごとく落ちる日々を過ごしていました。

しかし、オーディションを何度も受けているうちに、複数のモデル事務所から声を掛けられ、その中の「パークインスタイル」に所属しました。

長井短さんはモデル活動を始めた当時、「モデルやってて映像やる人はいるけど、モデルやってて舞台やる人ってあんまいない」と述べており、「これが出来たらちょっと面白い」と興味本位でモデルを始めたことを述べていました。

たしかに、テレビや映画などに出演しているモデルさんはよくいますが、舞台を中心に活動しているモデルさんってあんまりいないですよね。

当時はアルバイト感覚でモデルを始めましたが、モデルをやっていくうちに面白さを知って、数々のファッションショーやファッション雑誌に出演するようになりました。

長井短さんが注目を集めたのは2016年のことで、バラエティ番組に出演した際に「ネガティブ過ぎるイケメンモデル」として知られる栗原類さんに容姿だけでなく、内面も似ていたため、強烈なネガティブキャラから「女栗原類」と呼ばれ話題になりました。

私生活では、2019年5月に劇団ロロに所属している俳優の亀島一徳さんと結婚しました。

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

ドラマ『アンラッキーガール』での役どころは?

アンラッキーガールでは、幸運体質な女性「二石紗菜」役を演じています。

二石紗菜は芸能プロダクションで所属タレントのマネジメント(マネージャー)として働いています。

幼い頃から「食べ物をサービスされる」など何かとツイている幸運体質なラッキーガールで、幸(福原遥)、香(若月佑美)、樹(高梨臨)とは真逆な為、3人の身に起きる数々の不運が紗菜がいれば相殺され、不運と幸運のバランスが保っていました。(ただし、紗菜がいなくなり3人だけになると不運の連鎖が起きる)

しかし本人には自分がラッキーガールだという自覚は無く、「普通のこと」だと認識しています。

紗菜が幸運体質だというのは分かりましたが、性格がポジティブなのかネガティブなのかはドラマを観ててもよく分かりませんね。

ネガティブな人ほど運が良く、ポジティブな人ほど運が悪いのかもしれませんね。

そんな根拠全くありませんけど、運が良い人って本当に羨ましいですよね。笑

まとめ

今回は、ドラマ「アンラッキーガール」で二石紗菜(ラッキーガール)役を演じている長井短さんについて紹介していきました!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください