『DQN(ドキュン)』の由来や意味は?特徴や対策も解説!

突然ですが、皆さんはネットで「DQN(ドキュン)」というネットスラング(用語)を見掛けたことがありますか?

初めて見掛けた人は、「DQNってどんなことを言っているんだろう?」と思っている人も多いはずです。

そこで今回は、DQNの由来や意味について紹介していきます。

また、DQNの特徴や、万が一DQNのような人に絡まれた時の対策なども解説していきたいと思います!

DQNの由来や意味

DQNとは、「軽率で非常識な行動を取る人や、教養がなく、品位が無い人を侮辱的に表す時に用いるネットスラング」です!

つまりDQNとは、「不良、ヤンキー」を意味する言葉です。

DQNという言葉の由来は、1994年から2002年までテレビ朝日で放送されていた「目撃!ドキュン」が由来とされており、その番組には、ヤンキーなど不良のような人が数多く出演していたことから、不良=DQNと位置づけされました。

DQNの特徴は?

DQNの特徴として

1:よく複数人で行動を共にしている。

2:自分や仲間内のルールが正しいと思っており、そのルールが世間では非常識であっても貫いているため、世間の常識が通用しない。

3:思いやりの心が備わっておらず、自分の事しか考えていない。

の3つです。

DQNは常に自分の事しか考えておらず、周りの目を気にせず自分が良ければいくらでも迷惑を掛けても良いと思い込んでいます。

またDQNは気が短いのも特徴なので、仮に自分の迷惑行為を他人に注意されるとすぐに反抗し迷惑行為に走ったりします。

場合によっては、警察沙汰や裁判沙汰になることもあります。

DQNの迷惑行為として最近有名になったのは、今年1月に栃木県宇都宮市で、ある若い男性が電車で寝転がったりタバコを吸っていたところ男子高校生に注意されましたが、その男性は高校生に暴言を吐き暴力を振るい逮捕された事件がニュースになりましたね。

見た目での判断としては、「髪を明るく染めている」、「ピアスを空けている」、「タトゥーを入れている」の全て、もしくはいずれかが当てはまる場合を前提に、言動や素行が乱暴場合は、DQNである可能性が高いです。

また、見た目は一般的でも、言動や素行が乱暴である「隠れDQN」もいるので注意してください。

DQNの対策は?

DQNの最も効果的な対策は、「関わらないこと」です!

当たり前のことですが、下手に関わるとこちらが不利になるので、無視してください。

DQNは寂しがり屋なので常に誰かとつるんでいなければ不安な性質なので、DQNの弱点は「孤独」です!

まあ、孤独が嫌いなのはDQNに限ったことではありませんが。

群がっていて外は頑丈である反面、ヤドカリのように中は非常に脆く、弱点を突けばかなりのダメージを与えることが出来ます。

しかし、我々外部の人間は意図的にDQNの弱点を突くことは不可能で、仲間割れなど内部的に弱点を突くくらいしか方法がありません。

なので、DQNを更正させるなどの考えは無謀なので、絶対に止めましょう。

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

DQNに絡まれてしまった場合の対処法

しかし、万が一DQNに絡まれてしまう場合があります。

そんな時は、以下のことに気を付けてください。

1:感情的にならない

DQNは些細なことで因縁をつけてきます。(例として、こっちを見ていたなど)

絡んできた際、言動が荒いDQNは侮辱的なことを言ってきたりします。

もし侮辱的なことを言われても感情的にならずに我慢してください。

下手に反発して言い返したりすると、興奮しているDQNを逆撫でしてしまい、自分の身が危うくなります。

仮に力勝負に自信があったとしても、相手は数の暴力で押し通してきますし、その場は力でDQN達を退けたとしても、後で報復される恐れがあります。

なので、攻めるより耐えることを心掛けてください。

2:覚えのない過ちを指摘されても絶対に認めない

DQNは、身に覚えのないことで言い掛かりを付けてくることがあります。

例えば、踏んでもいないのに足や靴を踏んだから謝れと言い掛かりを付けてきたとします。

DQNは、先週靴を踏まれたから、そのことを謝罪してほしいと訴えていますが、自分は靴を踏んだ覚えも、そもそも絡んできたDQNにも会っていません。

この場合は、細かく問い詰めて自らの正当性を訴えましょう。

例のことだと、先週の何曜日で時間帯はいつなのかなど。

大切な靴を本当に踏まれたなら踏まれた日や時間帯を覚えているはずです。

もし指摘されても知らないとシラを切った場合、嘘を言っている可能性が高いです。

それによく考えてみてください。

もし本当に靴を踏んだのであれば、自分でも踏んだ感覚は分かっていますし、1週間も放ったらかしにする訳もなく、すぐその場で謝っていますよね。

それに、DQNは気が短いので、本当に靴を踏まれたなら、その場で激しく指摘されたり追い掛けてきますよね。

このように、DQNは分かりやすい嘘で絡んできたりするので、感情的にならずに覚えのない指摘は全て否定してください。

それでも絡み続けてきたら、周りに助けを求めたり、警察を呼んでください。

まとめ

今回は、ネットスラング「DQN」の由来や意味、特徴や対策について解説していきました。

皆さんも、DQNにはくれぐれも気を付けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください