競馬ファン注目の『粗品の呪い』ってなに?過去の予想と結果をチェック!

3月の高松宮記念から始まった競馬の春のGⅠ戦線も、残すところ宝塚記念のみとなりました。

あっという間ですね。

今年の春のGⅠも熱いレースとなり、特に日本ダービーでは武豊騎手が6度目のダービー勝利を手にしましたね!

久々のユタカコールに感動した方も多いのではないでしょうか。

ところで、今競馬ファンの間では「粗品の呪い」というのが話題になっていますが、皆さんはご存知でしょうか?

霜降り明生の粗品さんに関係があることらしいですが、気になります。

そこで今回は、今競馬ファンの間で注目されている、粗品の呪いについて紹介していき、粗品さんの過去の競馬予想と結果をチェックしていきます!

最後まで楽しんでいってください!

粗品の呪いとは?

お笑いコンビ「霜降り明生」の粗品さんが個人でYouTubeチャンネル「粗品Official Channel」を開設しているのですが、その中の競馬予想で、粗品さんの友達である「生涯収支マイナス1億円君(通称:マイ億君)」が本命に予想した馬が次々と馬券(3着)外や掲示板(5着)外に吹き飛ばしていることから、競馬ファンの間でこの現象を「粗品の呪い」と言っています。

粗品の呪いの発動条件は?

呪いは、マイ億君が本命馬を予想しただけでは発動せず、「本命馬にした馬の馬券を購入すると発動」ということです、

ただいくつか例外があり、過去に本命にした馬が時間が経って別のレースで1着になった例があり、その馬は「粗品の呪い解放馬」と言われています。

マイ億君の競馬予想の主な流れとして

1:予想するレースが行われる前日に本命馬と展開予想を発表。

この時、動画の冒頭で「買ったら来ません」と言うのがお決まりとなっており、展開予想を終えると、馬券のフォーメーションを紹介しますが、必ずと言って良いほど「(馬券を)買いません!」と宣言します。

2:レース終了後、結果について報告しますが、前日に馬券を買わないと宣言していながら結局本命馬やフォーメーション通りの馬券を購入しており、見事に大ハズレ。

その際、「ボケエエエエエエエエエエエ」と絶叫し、発狂しながら悔しがる。

そして動画の最後に、「もうギャンブルしません。」「競馬止めます」と宣言しますが、次の週になると懲りずに予想をし馬券を購入、そして外れる・・・

というのがループしています。

粗品さんが本命馬を予想したレースが終わると、検索サイトでニュースになり、粗品の呪いがトレンド入りするなど、競馬ファン以外の方でも見掛ける機会が増えており話題になっています。

この影響なのか、粗品さんのYouTubeチャンネルは、2022年6月中旬時点でチャンネル登録者数100万人を突破する大人気チャンネルとなっています。

『粗品さんのYouTubeチャンネル』

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

『粗品の呪い』はいつから言われている?

言われ始めたのは、昨年の「朝日杯フューチュリティステークス」や「有馬記念」があった12月頃から話題になっていますが、当時はまだ競馬ファンの一部で言われている程度でした。

本格的に言われるようになったのは競馬シーズンが始まった今年の春からでした。

粗品の呪いは競馬ファンからは大好評!

普通なら予想を外してその予想を信じた競馬ファンから怒りを買ってしまいますが、実は粗品さん(マイ億君)の場合はその逆に大好評となっています。

その理由は、あまりにも当たらなさ過ぎる粗品さんの予想を利用して、有力視している馬の馬券を買うかどうか悩んでいた時に粗品さんの本命馬と被った場合、その馬を候補から外せる(消すとも言います)と喜ばれています。

また粗品さんは「逆神」とも呼ばれており、粗品さんは人気が高い馬を予想することが多く、人気が高い馬を避けて高配当狙い(穴狙い)に絞り大勝負をする勇気をくれるとも言われています。

また、レース終了後の動画では、マイ億君が10分近く喋り通すだけですが、そのトークが面白いこともあり、競馬シーズンの日曜日は粗品さんの動画を観に来る人が増加しています。

マイ億君(粗品)が過去に予想した本命馬の結果をチェック!

では、マイ億君の予想がどれくらい当たらないのか、過去に予想した本命馬とレースの結果をチェックしていきましょう。

2021有馬記念

本命馬:エフフォーリア(1番人気)

レース結果:1着

本命にしたエフフォーリアが優勝し粗品の呪いは発動しなかった!

と思いきや、実はマイ億君、エフフォーリアではなく「キセキ」の馬券を購入しており、キセキは着外だったので結果的に呪い発動!

ここからは、今年の春のG1からの予想と結果です!

高松宮記念

本命馬:メイケイエール(2番人気)

レース結果

1着:ナランフレグ(8番人気)

メイケイエール:5着

このレースは、3連単の払い戻しが278万4560円となる大荒れとなりました。

ちなみに、高松宮記念前日に放送されたオールスター感謝祭で粗品さんが総合優勝を果たし優勝賞金100万円を手にしましたが、この大荒れとなったレースに賞金を全額使い果たしてしまい、24時間も経たない内に大金を失いました。

大阪杯

本命馬:エフフォーリア(1番人気)

レース結果

1着:ポタジェ(8番人気)

エフフォーリア:9着

単勝オッズ1.5倍に推され今回は波乱が起きないだろうと言われていた昨年の年度代表馬エフフォーリアがまさかの9着に沈みました。

粗品の呪い恐るべし

桜花賞

本命:ラブリイユアアイズ(8番人気)

レース結果

1着:スターズオンアース(7番人気)

ラブリイユアアイズ:18着(最下位)

本命馬がまさかのドベになってしまい、マイ億君は憤慨していました。

皐月賞

本命馬:デシエルト(7番人気)

レース結果

1着:ジオグリフ(5番人気)

デシエルト:16着

逃げを打つ作戦だったデシエルトは、スタート直後につまづき、そのまま見せ場なく悔しい結果に終わりました。

マイ億君は結果動画開始直後から悔しがっていました。

天皇賞・春

本命馬:マカオンドール(6番人気)

レース結果

1着タイトルホルダー(2番人気)

マカオンドール:11着

このレースはマカオンドールが逃げ切り、1番人気だったディープボンドが届かず2着でしたが、今年唯一の1、2番人気がワンツーフィニッシュとなりました。

マイ億君の本命馬は4レース連続着外、3レース連続2桁順位となり、呪いの恐ろしさを物語っています。

NHKマイルカップ

本命馬:キングエルメス(9番人気)

レース結果

1着:ダノンスコーピオン(4番人気)

キングエルメス:6着

連続2桁順位はストップしましたが、5レース連続で掲示板を外しました。

ヴィクトリアマイル

本命馬:レイパパレ(1番人気)

レース結果

1着:ソダシ(4番人気)

レイパパレ:12着

レイパパレは最後の直線で伸びず2桁順位に沈みました。

鞍上の川田将雅騎手によると、スタート直後で少しつまづいて落馬しそうになったとのこと。

これで6レース連続で掲示板外となりました。

ちなみに、この記事の作者は、馬券を購入しませんでしたが、本命をソダシと予想し、的中した瞬間喜びを爆発させていました。笑

オークス(優駿牝馬)

本命馬:ナミュール(4番人気)

レース結果

1着:スターズオンアース(3番人気)

ナミュール:3着

ナミュールが馬券内に入り呪いは弱まったように見えましたが、実はこのレース、ファンファーレ直前にサウンドビバーチェが放馬した挙句、競争除外になった影響で発走時間が予定よりも15分遅れるというハプニングがありました。

粗品の呪いが本命馬以外のところで分散したのかもしれないですね。

ちなみに、マイ億君は関西圏で中継を視聴していたようですが、レースの途中でCMに入り、再び中継に戻るとレースは終わっていたことに激怒していました。

これには、同じく関西圏で視聴していた方も、マイ億君と同じ気持ちだったようですね。

日本ダービー(東京優駿)

年に一度の競馬の祭典ともあって気合が入っているのか、普段はレース前日にする予想動画を、レース4日前に投稿していました。

この時点での本命馬は:ダノンベルーガ!

他にもダノンベルーガを含む5頭を候補に挙げていました。

また、普段は予想した後に馬券を買わないと言っているマイ億君ですが、この時は「買います!」と馬券を購入することを宣言していました。

そしてダービー前日、改めて本命馬を予想しました。

本命馬:ダノンベルーガ(1番人気)

宣言通りダノンベルーガを本命と予想!

さらに、馬券は「ダノンベルーガ単勝1点買い」に絞ったことも述べていました。

そしてダービーの結果は・・・

1着:ドウデュース(3番人気)

ダノンベルーガ:4着

結果は惜しくも馬券に入らず!

ダノンベルーガは最後の直線で伸びたものの、ラスト100m付近でピタリと止まり、3着のアスクビクターモアを捕らえることは出来ませんでした。

やはり粗品の呪いは凄まじい威力だ!

そしてダービー後の結果動画では、昨年の有馬記念の例を出して、あたかもダノンベルーガ以外の馬券を買ったように匂わせていましたが、宣言通り本命馬の単勝馬券を99万9000円分購入しており、怒りの雄叫びを挙げていました。

また、冒頭でも話しましたが、ドウデュースの鞍上の武豊騎手が9年ぶり6度目のダービー勝利を果たしたことで、ダノンベルーガの馬券を買ったことでドウデュースと武豊騎手を勝たせてくれたとして、ユタカファンと思わしき人達から感謝のコメントが送られていました。

安田記念

東京競馬場5週連続GⅠラストを飾る安田記念。

マイ億君が本命馬に上げたのは、「ソングライン(4番人気)」!

そしてレースの結果は・・・

1着:ソングライン(的中)

遂に本命馬が1着に!

またこのレースの馬券フォーメーションを馬連に絞ったマイ億君ですが、馬連を見事的中させ、遂に連敗を脱出!

これにはマイ億君も狂ったように喜びを爆発させていました!

また、ソングラインの鞍上の池添謙一騎手に対し「粗品の呪いに勝った男」と称賛する声がSNSなどで数多く聞こえてきました。

ところが翌日、粗品さんは安田記念の的中馬券について「競馬警察」と題してこのような動画を投稿していました。

安田記念の結果動画で、購入金額を「100円」と言っており、果たして本当に100だけ買ったのかを検証していました。

そして馬券を全て公開した結果、本当に100円(全部で5通りなので500円分)しか買っていなかったことが判明しました。

粗品の呪いは購入金額で呪いの強さが変わってくる!?

マイ億君は普段、万単位で馬券を買うことが多いですが、安田記念のように少額で勝った場合、本命馬が的中していました。

粗品の呪いのトリックは、「マイ億君が購入した馬券の金額」によって呪いの強弱が変わってくる可能性も否定出来ないですね!

まとめ

今回は、霜降り明生の粗品さんの競馬予想で注目されている「粗品の呪い」について解説していきました。

宝塚記念や秋のGⅠ戦線でも粗品の呪いは起こるのか、注目です!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください