2022秋ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』のあらすじやキャスト、主題歌は?

10月は秋の新ドラマが始まる時期ですね。

各局でも新ドラマラッシュが始まっており、日本テレビでも新ドラマが次々と始まっています。

その中で、清原果耶さん主演の「霊媒探偵・城塚翡翠」が、10月16日から放送がスタートしています。

今回は、ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」のあらすじやキャスト、主題歌について紹介していきます!

最後まで楽しんでいってください!

『霊媒探偵・城塚翡翠』の基本情報!

『霊媒探偵・城塚翡翠』

制作局:日本テレビ

ジャンル:ミステリー

放送時間帯:日曜夜10時30分

放送開始日:10月16日

主演:清原果耶

相沢沙呼による小説「medium 霊媒探偵城塚翡翠」をドラマ化。

霊が視える霊能者「城塚翡翠」と、推理作家の「香月史郎」が「霊視」と「論理」を組み合わせて事件の真相を明らかにしていくミステリードラマ。

『霊媒探偵・城塚翡翠』のあらすじ

霊媒探偵・城塚翡翠は、1話完結のドラマなので、あらすじは毎話変わってきます。

ここでは、基本的な設定について紹介します。

翠色の瞳を持つ霊媒師「城塚翡翠」は、「犯人が視える」という特殊な力があるが、そのことが彼女の悩みでもあった。

しかし彼女には、証拠能力がなく、どうすれば警察を動かせるのか?どうすれば犯人逮捕に導けるのか?

そのことが出来ずにいた。

そんな彼女の前にある日、聡明な雰囲気が漂う推理作家「香月史郎」が現れた。

論理的な思考を持ち、警察からも一目置かれる彼は、翡翠の霊視に推理力を足して、共に事件を導く「最強のバディ」となっていく。

こちらの説明だけではどうしても分かりづらいですよね。

というわけで、第1話のダイジェスト動画をご覧になってください!

こちらの動画で、ドラマの大まかな流れが分かります。

※:ネタバレが含まれているので、まだご覧になっていない方は視聴を控えることを推奨します。

霊媒探偵・城塚翡翠のキャスト

ここでは、霊媒探偵・城塚翡翠の主要キャストを紹介していきますが、登場人物の情報は原作の情報となります。

 

城塚翡翠(じょうづか・ひすい):清原果耶

本作の主人公。20歳くらいの容姿端麗な女性で。黒髪で瞳は緑色。

自らを死者の言葉を伝える「霊媒」と名乗り、都心のタワーマンションに仕事場を構え、無償で死者に関する相談に乗っている。

彼女の体に死者の霊を降ろす「降霊」が事件を解決に導く最大の能力だが、その能力を使うと死ぬ間際の霊の凄惨さが彼女の心に残ってしまう為、推奨出来ないらしい。

 

香月史郎(こうげつ・しろう):瀬戸康史

推理作家。翡翠の力を借りながら、論理的に推理して事件を解決していく。

過去に自身の小説が現実の事件で模倣され、作家の視点で気付いたことが犯人の逮捕に繋がり、それ以降も警察に非公式で捜査協力を求められるようになった。

間違えないように補足しておくが、原作では、彼が主人公。

 

千和崎真(ちわさき・まこと):小芝風花

翡翠の助手をつとめる女性で、翡翠と同居している。

翡翠のことを、「先生」と呼んでいる。

 

鐘場正和(かねば・まさかず):及川光博

警視庁捜査一課の刑事。階級は、警部。

香月に捜査が行き詰った事件の捜査情報を提供し、アドバイスを求める。

 

雨野天子(あまの・てんこ):田中道子

警視庁捜査一課の巡査部長。鐘場の部下。

 

蛯名海斗(えびな・かいと):須賀健太(第3話から登場)

警視庁捜査一課の刑事。天子の先輩だが、童顔のため若く見られる。

あらすじで述べたように、1話完結のドラマで、毎話ごとにゲストが出演しています。

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

霊媒探偵・城塚翡翠の主題歌は?

霊媒探偵・城塚翡翠の主題歌を歌うのは、「福山雅治」さんで、曲名は「妖(あやかし)」です!

ドラマの世界観に合った素晴らしい曲ですね。

福山雅治さんが、このドラマの為に書き下ろした楽曲のようですね。

まだショートバージョンしか公開されていないので、早くフルバージョンを聴いてみたいです!

まとめ

今回は、日本テレビの新日曜ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」のあらすじやキャスト、主題歌について紹介していきました!

次回第2話の放送は、「10月23日」放送予定です!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください