箱根駅伝2023は駒澤大学が2年ぶり優勝!初の大学駅伝三冠達成!

99回目を迎えた今年の箱根駅伝は、駒澤大学が2年ぶりの優勝を果たし、既に制覇していた出雲駅伝、全日本大学駅伝に続き史上5校目の「大学駅伝三冠」を達成しました!

今回は、今年の箱根駅伝の最終結果や総括をしていきます!

最後まで楽しんでいってください!

箱根駅伝2023最終結果!

まずは、箱根駅伝の最終結果を発表していきます!

広告

    「プレミアリーグ」 「ブンデスリーガ」「MLB」などについて、ライブや見逃し配信 ▶[番組スケジュール表]

    20220925_超RIZINABEMAプレミアムは、無料の動画配信サービス「Abema TV」をさらに楽しめる有料プラン。ABEMAプレミアムになると、オリジナル作品や独占配信作品が見放題に。また、CMなしでスムーズに視聴できたり、ダウンロード機能や追っかけ再生機能なども使える。今なら2週間の無料トライアル!

総合順位

優勝:駒澤大学 10時間47分11秒

2位:中央大学 10時間48分53秒 1分42秒差

3位:青山学院大学 10時間54分25秒 7分14秒差

4位:國學院大學 10時間55分01秒 7分50秒差

5位:順天堂大学 10時間55分18秒 8分07秒差

6位:早稲田大学 10時間55分21秒 8分10秒差

7位:法政大学  10時間55分28秒 8分17秒差

8位:創価大学  10時間55分55秒 8分44秒差

9位:城西大学  10時間58分22秒 11分11秒差

10位:東洋大学 10時間58分26秒   11分15秒差

10位までが来年の箱根駅伝に無条件で出場出来る「シード権」獲得。

 

11位:東京国際大学 10時間59分58秒 12分47秒差

12位:明治大学 11時間01分37秒  14分26秒差

13位:帝京大学 11時間03分29秒  16分18秒差

14位:山梨学院大学 11時間04分02秒 16分51秒差

15位:東海大学 11時間06分02秒  18分51秒差

16位:大東文化大学 11時間06分08秒 18分57秒

17位:日本体育大学 11時間06分32秒 19分21秒差

18位:立教大学 11時間10分38秒  23分27秒差

19位:国士舘大学 11時間13分56秒 26分45秒差

20位:専修大学 11時間19分28秒  32分17秒差

OP:関東学生連合 11時間17分13秒 30分02秒差

関東学生連合を除き、11位以降は予選会からの出場となる。

広告

    U-NEXT<ユーネクスト> 映画・ドラマ・アニメなどの動画は、見放題作品が30万本以上、レンタル作品が5万本以上の国内No.1配信数。様々なジャンルの作品を配信中。主要動画配信サービスの中で、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメの主要6ジャンル総数で「見放題作品数No.1」を獲得。特徴的なのは、NHKの番組も視聴可能なこと。映像のみでなく、書籍も読める。雑誌は110誌以上、漫画や小説も70万冊以上が読める。31日間は無料トライアルで、無料トライアル中もなんと600円分のポイントが貰える。入会後は月額¥2189(税込)で、毎月1,200円分のポイントが付与され、新作映画やドラマの視聴に使える。スポーツ配信や音楽ライブ配信も充実!「SPOTV NOW パック」では三笘薫選手がプレイするイングランド・プレミアリーグや、大谷翔平選手がプレイするMLBなどを、ライブ配信や見逃しなどで見られる。 色々なサブスクがあるが、U-NEXTはとりあえずはいっておくことをオススメ!
    今月のU-NEXTツイッター➡U-NEXT公式ツイッター 
    今月のU-NEXTブログ ➡U-NEXT公式ブログ 

    ・「小田和正 クリスマスの約束」を見る
    ・「ブギウギ」を見る
    ・「らんまん」を見る
    ・「VIVANT」を見る
    ・「M-1グランプリ」を見る
    ・「ドキュメント72時間」を見る
    ・「光る君へ」を見る
【U-NEXT解約したい方】U-NEXT解約方法

区間賞(往路)

1区:富田峻平(明治大学)1時間02分44秒

2区:吉居大和(中央大学)1時間06分22秒

3区:中野翔太(中央大学)1時間01分51秒

4区:イェゴン・ヴィンセント(東京国際大学)1時間00分00秒(区間新記録)

5区:山本唯翔(城西大学)1時間10分04秒(区間新記録)

復路

6区:伊藤蒼唯(駒澤大学)58分22秒

7区:葛西潤(創価大学)、杉彩文海(明治大学)1時間02分43秒

8区:宗像直輝(法政大学)、木本大地(東洋大学)1時間04分16秒

9区:岸本大紀(青山学院大学)1時間07分27秒

10区:西澤侑真(順天堂大学)1時間08分42秒

箱根駅伝2023総括

まず、駒澤大学は立派でした!

エースの田澤選手を中心としたチームですが、1、2年生の活躍が目立っていたので、来年以降もとても楽しみです。

前回圧勝した青山学院大学は、5区と6区でエントリー当日変更があった影響で連覇を逃してしまいました。

青山学院にとっては悔しい結果になりましたが、10区間中区間賞を獲得したのが9区の岸本選手だけだったので、青山学院がどれだけ強いチームなのか一目瞭然です!

そして忘れてはいけないのが、2位の中央大学の躍進です!

前回1区で区間新記録を打ち立てた吉居選手が今回は2区を走り、区間こそ違いますが2大会連続の区間賞を獲得し、続く3区の中の選手も区間賞を獲得する走りを見せてくれました。

かつては6連覇を打ち立てた伝統校が、100回大会を迎える来年の箱根駅伝を制するのか、今年一年注目です!

前回シード権を逃した早稲田大学でしたが、今回は6位で終えてシード権を確保、前回は出場出来なかった城西大学も9位でシード権を獲得し、来年の箱根駅伝出場を決めました。

その一方で、東洋大学はシード権ギリギリの10位だったので、優勝争いに加わっていなかったのが寂しいですね。

また、55年ぶりに箱根路に帰って来た立教大学は、10区間全てで襷を繋いで大手町まで帰ってきたのは立派です!

上野監督は素晴らしいチームを作り上げているので、我々ファンは立教大学がまた箱根路に戻って来てくれることを楽しみにしています!

大八木監督退任

大学駅伝三冠を達成した駒澤大学の大八木弘明監督が、3月で監督を退任されます。

駒澤の夜間大学に通いながら選手としても箱根駅伝に出場し、1995年にコーチとして駒澤大学に戻り、後に監督となり熱く厳しい指導で駒澤を強いチームに作り上げました。

特に90年代後半から2000年代前半には箱根駅伝4連覇を含め、大学三大駅伝では全国の大学で最多となる27回の優勝を誇り、「平成の常勝軍団」と呼ばれました。

2010年代は東洋大学や青山学院大学が頭角を現してきたこともあり、箱根でシード落ちも経験するなど苦しい時期を過ごしたこともありましたが、2021年の箱根駅伝で復活の狼煙を上げる大逆転優勝。

そして、監督としてラストイヤーとなった今シーズンは初めて大学駅伝三冠を達成し有終の美を飾りました。

後任は、藤田敦史コーチが監督に就任し、大八木監督は「総監督」として、世界に挑戦する田澤選手などを個人指導していきます。

平成の常勝軍団もいよいよ新しい時代を迎えていくんですね。

「2023年箱根駅伝」

まとめ

今回は、今年の箱根駅伝について紹介していきました!

駒澤大学の皆さん、優勝、そして大学駅伝三冠達成おめでとうございます!

そして、箱根駅伝に携わった皆さん、お疲れ様でした!

100回大会を迎える来年の箱根駅伝はどのようなドラマが生まれるのか。

今からとても待ち遠しいですが、今年一年の大学駅伝界に注目です!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください