『M-1グランプリ』2023の決勝進出者決定!敗者復活戦はルールが大幅変更!

昨年はウエストランドが決勝1本目3位から逆転優勝したM-1グランプリから早くも1年が経ち、いよいよ今年のファイナリストが決定しました!

今回は、12月24日に行われる、M-1グランプリの決勝進出者を発表していきます!

また、準決勝敗退者の中から1組だけ決勝に勝ち上がれる「敗者復活戦」のルールが今年から大幅に変更になったので、そちらについても触れていきたいと思います!

最後まで楽しんでいってください!

M-1グランプリ2023の決勝進出者!

M-1グランプリ 公式サイト (m-1gp.com)

過去最多の「8540組」が出場した今年のM-1グランプリの激戦を勝ち抜いた決勝進出者9組が決まりました!

ここでは、決勝に勝ち上がった9組を紹介していきます!

モグライダー

結成:2009年

メンバー:芝大輔 ともしげ

所属事務所:マセキ芸能社

決勝:2021年以来2年ぶり2回目

 

広告

    「プレミアリーグ」 「ブンデスリーガ」「MLB」などについて、ライブや見逃し配信 ▶[番組スケジュール表]

    20220925_超RIZINABEMAプレミアムは、無料の動画配信サービス「Abema TV」をさらに楽しめる有料プラン。ABEMAプレミアムになると、オリジナル作品や独占配信作品が見放題に。また、CMなしでスムーズに視聴できたり、ダウンロード機能や追っかけ再生機能なども使える。今なら2週間の無料トライアル!

さや香

結成:2014年

メンバー:新山 石井

所属事務所:吉本興業

決勝:2年連続2回目

2022年大会準優勝

 

広告

    DAZN(ダゾーン) スポーツ専門の動画配信サービス。サッカーや野球はもちろん、バスケットボールやダーツ、F1など、ほかではなかなか見られないスポーツも視聴できる。年間10,000試合以上のライブ中継&見逃し配信。 インターネットに接続できれば、スマホやタブレット、PCやテレビなど、幅広いデバイスで視聴可能。試合以外にもアニメやオリジナルコンテンツも配信。
    1カ月間無料トライアル中。
    ▶利用プラン/料金体系
    U-NEXT<ユーネクスト> 映画・ドラマ・アニメなどの動画は、見放題作品が30万本以上、レンタル作品が4万本以上の国内No.1配信数。様々なジャンルの作品を配信。雑誌は150誌以上、漫画や小説も70万冊以上が読める。毎月1,200円分のポイントが付与され、新作映画やドラマの視聴に使える。31日間無料トライアル中。以後は月額¥2189(税込)[←配信数を考えると他社と比較して安い] 最近はスポーツ配信や音楽ライブ配信も充実!「SPOTV NOW パック」で三笘薫選手がプレイするイングランド・プレミアリーグや、大谷翔平選手がプレイするMLBなどを、ライブ配信や試合ハイライト映像などで配信!
    今月のU-NEXTツイッター➡U-NEXT公式ツイッター 
    今月のU-NEXTブログ ➡U-NEXT公式ブログ 

    ・「小田和正 クリスマスの約束」を見る
    ・「ブギウギ」を見る
    ・「らんまん」を見る
    ・「VIVANT」を見る
    ・「M-1グランプリ」を見る
    ・「ドキュメント72時間」を見る
    ・「光る君へ」を見る

真空ジェシカ

結成:2012年

メンバー:ガク 川北茂澄

所属事務所:プロダクション人力舎

決勝:3年連続3回目

 

カベポスター

結成:2014年

メンバー:永見大吾 浜田順平

所属事務所:吉本興業

決勝:2年連続2回目

 

令和ロマン

結成:2018年

メンバー:高比良くるま 松井ケムリ

所属事務所:吉本興業

決勝:初進出

 

ヤーレンス

結成:2011年

メンバー:楢原真樹 出井隼之助

所属事務所:ケイダッシュステージ

決勝:初進出

 

マユリカ

結成:2011年

メンバー:阪本 中谷

所属事務所:吉本興業

決勝:初進出

 

タンビラムーチョ

結成:2011年

メンバー:大原優一 原田フニャオ

所属事務所:吉本興業

決勝:初進出

 

くらげ

結成:2018年

メンバー:杉昇 渡辺翔太

所属事務所:吉本興業

決勝:初進出

 

決勝初進出は5組となっています。

決勝は、「12月24日夜6:30」スタートです!

敗者復活戦のルールが大幅変更!

決勝は、上記の9組に加え、準決勝で敗退した21組の中から1組が勝ち上がれる「敗者復活戦枠」の計10組が出場しますが、敗者復活戦のルールが今年から大幅に変更になりました。

ここでは、変更になった敗者復活戦について説明していきます。

敗者復活戦 | M-1グランプリ 公式サイト (m-1gp.com)

ブロック戦

敗者復活戦に出場する21組を、A、B、Cの3つのブロックに7組ずつ分けて、会場の中からランダムに選ばれた500名のお客さんが審査員となり、1組ずつのネタ終わりで「暫定王者」か「挑戦者」のどちらが面白かったのかを審査する「サバイバル方式」。

勝ち残った1組がブロック勝者になる。

 

最終審査

3つのブロック各組で勝ち残った3組は、最終審査に駒を進める。

最終審査は、「M-1決勝の舞台を知り尽くした芸人審査員の投票で、ブロック3組から1組を決定する」。

そして選ばれた者が、敗者復活戦枠で決勝に進出する。

今年の準決勝敗退者の中には、2021年大会で準優勝だった「オズワルド」や、昨年3位だった「ロングコートダディ」など、実力者揃いです。

果たして誰が決勝に勝ち上がるのか。

敗者復活戦は、「12月24日午後3:00」スタートです!

 

立川志らく審査員勇退

2018年からM-1グランプリの審査員を務めてきた立川志らくさんが、審査員を勇退しました。

かつて、師匠の立川談志さんが審査員を務めた経験があり、容赦なしに厳しい評価を下していたことがありました。

志らくさんも、師匠の意を継いで厳しく審査すると述べていましたが、ランジャダイやヨネダ2000などクセが強いネタを披露するコンビに高得点を付けて高く評価していました。

また、これまで最終決戦で志らくさんが投票したコンビがいずれも優勝していました。

立川志らく師匠、審査員お疲れ様でした。

志らく師匠の審査は大変妥当で素晴らしいものでした。

まとめ

今回は、12月24日に行われるM-1グランプリの決勝進出者と、大幅に変更された敗者復活戦について説明していきました!

今年の漫才日本一は誰になるのか注目です!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください