アジアカップ2023はカタールが連覇!日本はベスト8で敗退!

2024年1月からカタールで開催されていた、サッカーアジアナンバーワンを決めるアジアカップが2月10日に決勝を迎え、2019年に行われた前回大会に続きカタールが連覇を達成しました。

今回は、カタールが連覇を果たしたアジアカップの結果を紹介していきます!

最後まで楽しんでいってください!

アジアカップ2023の最終結果!

それでは早速、アジアカップの最終結果を紹介していきます!

広告

    「プレミアリーグ」 「ブンデスリーガ」「MLB」などについて、ライブや見逃し配信 ▶[番組スケジュール表]

    20220925_超RIZINABEMAプレミアムは、無料の動画配信サービス「Abema TV」をさらに楽しめる有料プラン。ABEMAプレミアムになると、オリジナル作品や独占配信作品が見放題に。また、CMなしでスムーズに視聴できたり、ダウンロード機能や追っかけ再生機能なども使える。今なら2週間の無料トライアル!

最終結果

優勝:カタール

準優勝:ヨルダン

ベスト4:韓国 イラン

ベスト8:タジキスタン オーストラリア 日本 ウズベキスタン

ベスト16:アラブ首長国連邦(UAE) イラク インドネシア サウジアラビア シリア バーレーン パレスチナ タイ

広告

    U-NEXT<ユーネクスト> 映画・ドラマ・アニメなどの動画は、見放題作品が30万本以上、レンタル作品が5万本以上の国内No.1配信数。様々なジャンルの作品を配信中。主要動画配信サービスの中で、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメの主要6ジャンル総数で「見放題作品数No.1」を獲得。特徴的なのは、NHKの番組も視聴可能なこと。映像のみでなく、書籍も読める。雑誌は110誌以上、漫画や小説も70万冊以上が読める。31日間は無料トライアルで、無料トライアル中もなんと600円分のポイントが貰える。入会後は月額¥2189(税込)で、毎月1,200円分のポイントが付与され、新作映画やドラマの視聴に使える。スポーツ配信や音楽ライブ配信も充実!「SPOTV NOW パック」では三笘薫選手がプレイするイングランド・プレミアリーグや、大谷翔平選手がプレイするMLBなどを、ライブ配信や見逃しなどで見られる。 色々なサブスクがあるが、U-NEXTはとりあえずはいっておくことをオススメ!
    今月のU-NEXTツイッター➡U-NEXT公式ツイッター 
    今月のU-NEXTブログ ➡U-NEXT公式ブログ 

    ・「小田和正 クリスマスの約束」を見る
    ・「ブギウギ」を見る
    ・「らんまん」を見る
    ・「VIVANT」を見る
    ・「M-1グランプリ」を見る
    ・「ドキュメント72時間」を見る
    ・「光る君へ」を見る
【U-NEXT解約したい方】U-NEXT解約方法

グループリーグ(グループA)

1位:カタール 勝点:9 得失点差:+5

2位:タジキスタン 勝点:4 得失点差:0

3位:中国 勝点:2 得失点差:-1

4位:レバノン 勝点:1 得失点差:-4

 

グループB

1位:オーストラリア 勝点:7 得失点差:+3

2位:ウズベキスタン 勝点:5 得失点差:+3

3位:シリア 勝点:4 得失点差:0

4位:インド 勝点:0 得失点差:-6

 

グループC

1位:イラン 勝点:9 得失点差:+5

2位:アラブ首長国連邦(UAE) 勝点:4 得失点差:+1

3位:パレスチナ 勝点4 得失点差:0

4位:香港 勝点:0 得失点差:-6

 

グループD

1位:イラク 勝点:9 得失点差:+4

2位:日本 勝点:6 得失点差:+3

3位:インドネシア 勝点:3 得失点差:-3

4位:ベトナム 勝点:0 得失点差:-4

 

グループE

1位:バーレーン 勝点:6 得失点差:0

2位:韓国 勝点:5 得失点差:+2

3位:ヨルダン 勝点:4 得失点差:+3

4位:マレーシア 勝点:1 得失点差:-5

 

グループF

1位:サウジアラビア 勝点:7 得失点差:+3

2位:タイ 勝点:5 得失点差:+2

3位:オマーン 勝点:2 得失点差:-1

4位:キルギス 勝点:1 特使点差:-4

 

決勝トーナメント 1回戦

タジキスタン(グループA2位)VSアラブ首長国連邦(UAE)(グループC2位)

1-1(PK:5-3)

 

イラク(グループD1位)VSヨルダン(グループE3位)

2-3

 

オーストラリア(グループB1位)VSインドネシア(グループD3位)

4-0

 

サウジアラビア(グループF1位)VS韓国(グループE2位)

1-1(PK:2-4)

 

イラン(グループC1位)VSシリア(グループA3位)

1-1(PK:5-3)

 

バーレーン(グループE1位)VS日本(グループD2位)

1-3

 

カタール(グループA1位)VSパレスチナ(グループC3位)

2-1

 

ウズベキスタン(グループB2位)VSタイ(グループF2位)

2-1

 

準々決勝

タジキスタンVSヨルダン

0-1

 

オーストラリアVS韓国

1-2(延長)

 

イランVS日本

2-1

 

カタールVSウズベキスタン

1-1(PK:3-2)

 

準決勝

ヨルダンVS韓国

2-0

 

イランVSカタール

2-3

 

決勝

ヨルダンVSカタール

1-3

 

アジアカップ2023総括!

今大会優勝候補と言われていた日本、韓国がベスト8、ベスト4で敗退したことが驚きでした。

特に日本は、昨年6月から10連勝でアジアカップに臨みましたが、グループリーグ第2戦のイラク戦で敗れてから調子を落としていたように見えます。

W杯予選でも同じことが言えますが、中東での試合は独特な雰囲気があるので、いつでも厳しい戦いになります。

W杯のような他の大陸の国と戦うような戦術とは別に、アジア用の戦術も考えていかなければいけませんね。

それよりも、日本より酷いのは韓国です!

成績だけを見ると日本より上ですが、大会後にクリンスマン監督が更迭された挙句、大会期間中に主力のソン・フンミン選手とイ・ガンイン選手が暴力沙汰の喧嘩を起こしていたことが判明し、チームは内紛状況にあったようですね。

チーム状況が悪ければ、今後控えているW杯予選に影響してきそうですね。

そんな中では、中東勢や東南アジア勢が躍動していましたね。

アジアも着実にレベルが上がっているのは間違いないですね。

まとめ

今回は、アジアカップの結果について紹介していきました!

次回のアジアカップは、2027年にサウジアラビアで開催されます!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

アジアカップ2023 DAZN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください