ドラマ『不適切にもほどがある』市郎と純子は令和では生きていないのか?今後の展開を考察!

2024年1月26日から放送中のTBSドラマ「不適切にもほどがある」。

宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演の黄金コンビにお送りしている本ドラマは、昭和の常識が令和では考えられないくらいぶっ飛んでいると話題になっており、今期No.1ドラマの呼び声が高いです。

放送される度に話題になっている不適切にもほどがあるですが、視聴者の間で、市郎と純子は令和で生きていないのではと考察されています。

そこで今回は、市郎と純子が令和で本当に生きていないのか検証し、今後の展開を考察していきましょう。

ドラマ『不適切にもほどがある』市郎と純子は令和では生きていない?

金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』|TBSテレビ

渚(仲里依紗)のことが気になり、元の時代(1986年)に戻っていた市郎が再び未来(2024年)にタイムスリップし、以降は2024年に留まっています。(第4話)

2月23日に第5話が放送されましたが、まずは第4話までのあらすじをおさらいしておきましょう。

 

広告

    「プレミアリーグ」 「ブンデスリーガ」「MLB」などについて、ライブや見逃し配信 ▶[番組スケジュール表]

    20220925_超RIZINABEMAプレミアムは、無料の動画配信サービス「Abema TV」をさらに楽しめる有料プラン。ABEMAプレミアムになると、オリジナル作品や独占配信作品が見放題に。また、CMなしでスムーズに視聴できたり、ダウンロード機能や追っかけ再生機能なども使える。今なら2週間の無料トライアル!

タイムマシンを作ったのは市郎のかつての教え子「井上」!

市郎がタイムスリップするきっかけとなったバス型のタイムマシンを開発したのは、市郎のかつての教え子だった「井上(三宅弘城)」でした。

井上は、令和から昭和にタイムスリップしてきたサカエ(吉田羊)の元夫(キヨシの父親)で、中学時代にタイムマシンを作りたいという作文を市郎に肯定されたことが励みとなっていました。

しかし、38年後の井上は市郎に気付いてもらえなかったようです。

広告

    U-NEXT<ユーネクスト> 映画・ドラマ・アニメなどの動画は、見放題作品が30万本以上、レンタル作品が5万本以上の国内No.1配信数。様々なジャンルの作品を配信中。主要動画配信サービスの中で、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメの主要6ジャンル総数で「見放題作品数No.1」を獲得。特徴的なのは、NHKの番組も視聴可能なこと。映像のみでなく、書籍も読める。雑誌は110誌以上、漫画や小説も70万冊以上が読める。31日間は無料トライアルで、無料トライアル中もなんと600円分のポイントが貰える。入会後は月額¥2189(税込)で、毎月1,200円分のポイントが付与され、新作映画やドラマの視聴に使える。スポーツ配信や音楽ライブ配信も充実!「SPOTV NOW パック」では三笘薫選手がプレイするイングランド・プレミアリーグや、大谷翔平選手がプレイするMLBなどを、ライブ配信や見逃しなどで見られる。 色々なサブスクがあるが、U-NEXTはとりあえずはいっておくことをオススメ!
    今月のU-NEXTツイッター➡U-NEXT公式ツイッター 
    今月のU-NEXTブログ ➡U-NEXT公式ブログ 

    ・「小田和正 クリスマスの約束」を見る
    ・「ブギウギ」を見る
    ・「らんまん」を見る
    ・「VIVANT」を見る
    ・「M-1グランプリ」を見る
    ・「ドキュメント72時間」を見る
    ・「光る君へ」を見る
【U-NEXT解約したい方】U-NEXT解約方法

市郎は令和では「社内カウンセラー」として勤務

昭和では中学校教師だった市郎は、令和では渚や秋津が務めているテレビ局「EBSテレビ」の社内カウンセラーとして勤務しています。

昭和のダメオヤジが令和ではとても重宝されているんですね。

 

市郎は2024年では88歳!

作中で市郎が運転免許証で身分証明しているシーンがあり、その運転免許証の生年月日から、市郎はもし存命していたら、2024年で88歳ということになります。

ちなみに、喫茶「すきゃんだる」のマスターは市郎と同い年ですが、マスターは2024年で存命しています。

第5話で市郎と渚の血縁関係が発覚!

それではここから本題に移りましょう!

第5話で、「渚が市郎の孫」であることが判明しました!

つまり渚は、市郎の愛娘「純子の娘」ということです。

さらに、渚が市郎に「父親に会ってほしい」と言われ、渚の父である「ゆずる(古田新太)」に会いました。

市郎がゆずるに「お父さん」と言いましたが、なんとゆずるが逆に市郎に「お父さん」と返していました。

このやり取りで、「ゆずるが純子の夫」であることが判明しました。

市郎と純子は令和で生きていない!

さらに第5話で、純子とゆずるの馴れ初めも明かされていました。

1990年当時、ディスコ「マハラジャ」で新人ウェイターとして働いていたゆずる(1990年当時のゆずる役は錦戸亮)はお店で純子と出会い、授かり婚をした。

バブルが崩壊すると景気が悪化し、六本木の覇者となっていたゆずるは出身地の神戸に帰り、実家のテーラーを継ぎました。

純子との授かり婚に当初は激怒していた市郎でしたが、時が経つにつれて徐々に態度を改めるようになったとのことです。

そしてゆずるは、市郎のスーツを作りたいという思いから、市郎に新幹線の切符を送り、市郎も神戸にやってきます。

その時が、「1995年1月16日」!

市郎たちは、家族水入らずの時間を過ごしていました。

しかし、別れは突然やってきた・・・

翌日1月17日、阪神淡路大震災が発生し、市郎と純子は被災し亡くなってしまいました。

つまり、市郎と純子は、阪神淡路大震災で犠牲になり、令和どころか21世紀も生きていなかったのです。

この展開にネットでは、号泣したという視聴者が続出していました。

衝撃でしたね。

このような経緯で市郎と純子は帰らぬ人になっていたとは。

令和で生きていない市郎の今後を考察

2024年で生きていないことが判明した市郎ですが、令和の時代でどのように活動していくのか注目です。

また、純子も令和では生きていないので、現在の純子がもし生きていたらどんな人になっていたのかも気になりますね。

もし純子が令和でも生きていれば50代半ばなので、もしかすると、高校時代のような口が達者過ぎて、うるさいオバサンになっていたのかもしれないですね。笑

まとめ

・市郎と純子は、阪神淡路大震災で犠牲になり令和では生きていなかった!

今回は、ドラマ「不適切にもほどがある」で、市郎と純子が令和で生きていないのかについて説明していきました!

今後の展開に注目です!

不適切にもほどがあるは、毎週金曜夜10時放送です!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

『不適切にもほどがある』を見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください