前田悠雅が可愛い!【画像】出身高校や事務所、歌の実力もチェック!

AKB48や乃木坂46を手掛ける秋元康さんが新たに手掛けた男女混同の総合エンターテイメント集団「劇団4ドル50セント」。

劇団4ドル50セントは、現役の植木職人やぽっちゃり女子など個性が強い劇団員が多く、早くも話題となっています。

そんな個性豊かな劇団員の中でも、抜群の歌唱力の持ち主である前田悠雅(ゆが)さん。

今回は、劇団4ドル50セントの中で正統派である前田悠雅さんについて紹介していきます。

紹介する内容は、前田悠雅さんのプロフィールや所属事務所、出身高校。

さらに、前田悠雅さんの可愛い画像や、抜群の歌唱力と言われているので、その歌の実力を動画でチェックしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

前田悠雅のプロフィール

前田悠雅

まずは、前田悠雅さんのプロフィールを紹介していきます。

生年月日:1998年7月2日
出身地:千葉県
身長:160cm
所属事務所:エイベックス・AY・ファクトリー合同会社
趣味:ダンスの動画を見ること
特技:歌を歌うこと

見た目はクールな雰囲気のイメージですが、実は根っからの負けず嫌いだという前田悠雅さん。

他の人が褒められているのをみると、とてつもなく悔しくてしょうがないという性格の持ち主です。

前田悠雅さんは、2016年に行われた「東京ガールズオーディション」でその抜群の歌唱力を披露しグランプリを獲得しました。

出場者の中で一番になったことになり、負けず嫌いの前田悠雅さんなら嬉しさを爆発させているはずですが、このグランプリ獲得について当の本人は「たまたま貰えたもの」と謙虚でした。

私も負けず嫌いな性格なので前田悠雅さんが思っていることはよく分かるんですよね。

一回負けてリベンジした方が嬉しさが増しますが、逆に最初から勝ってしまうと「ただのまぐれ」だと思って謙虚になってしまうんですよね・・・

負けず嫌いって意外と面倒くさいですね。自分も含めてですが。笑

所属事務所についてですが、劇団4ドル50セントが結成された経緯が、エイベックス社長の松浦勝人氏が秋元康さんに提案したことにより実現したことなので(プロデュースは秋元氏に全任)、事実上、秋元康さんと松浦勝人さんの共同プロデュースとなります。

従って、前田悠雅さんの所属事務所は、「劇団4ドル50セント全員の所属事務所」ということになります。

前田悠雅の可愛い画像!

ここでは、前田悠雅さんの可愛い画像を紹介していきます。

まずはこちら!

前田悠雅

クールな表情が可愛いというよりカッコイイです。

次はこちら!

前田悠雅

劇団4ドル50セントのメンバーと一緒に写っている写真です。

笑顔がとても可愛いです!

スポンサーリンク

前田悠雅の出身高校はどこ?

前田悠雅さんの出身高校ですが、残念ながら情報が全くありませんでした。

おそらく高校は既に卒業していると思われますが、地元千葉県の高校に通っていたのかもしれません。

千葉市や松戸市など都心に近い場所なら、千葉から東京に通ってもほとんど支障はありませんが、銚子市や館山市など都心から遠い場所という可能性もあります。

前田悠雅の歌の実力を動画でチェック!

東京ガールズオーディションでグランプリを獲得した前田悠雅さん。その歌唱力は如何なるものなのでしょうか?

先月行われた劇団4ドル50セントの旗揚げ公演「新しき國」のメインキャスト8人を選考するオーディション動画でチェックしていきましょう。

まず始めに動画の内容ですが、前半は、課題となっているテーマを演技で披露し、後半は各々が得意なジャンルでアピールするという流れです。

前田悠雅さんは後半の自己アピールで、歌を披露されています。

後半は、3:04からです。

こちらの動画を観た私の率直な感想ですが、「歌ってるとこ少なくね?」です。笑

後半開始前のテロップでも堂々と「歌唱」と書いてあったのに、見てみると、最初は歌っているけど途中から、セリフ→歌→セリフのループでした。

しかも、セリフを喋っている時間の方が圧倒的に長いですね。しかしその短い時間からでも前田悠雅さんの歌の実力は垣間見れたのではないでしょうか!

まとめ

劇団4ドル50セントメンバーとして本格的な活動がスタートした前田悠雅さん。

オーディション動画ではミュージカル仕様であまり歌が聴けなかったので、今度は100%歌オンリーな歌唱動画を披露してほしいと思っています。

歌唱力は話題になっているとおり、かなり高いと思うので、上述の動画で前田悠雅さんの歌声をじっくり聴きたいですね!

【劇団4ドル50セント】全メンバーのプロフィール!人気ランキングも紹介!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です