西館勇陽(花巻東)ドラフト評価&予想!球種や出身中学も調査!

第90回記念選抜高等学校野球大会が23日から開催されています。
そこで今回は注目選手の西館勇陽(花巻東)にスポットを当てていきたいと思います!
ドラフト注目の選手なので皆さん要チェックですよ!

スポンサーリンク

西館勇陽(花巻東)のプロフィール

西館勇陽(にしだてゆうひ)
身長・184cm
体重・76kg
ポジション・ピッチャー
MAX・142km
高校・花巻東高校

高校の先輩には現西武ライオンズのエース菊池雄星選手と今年メジャーリーグに移籍した大谷翔平選手がいます。

菊池雄星選手と大谷翔平選手と西館勇陽くんには共通点がいくつかあります。

菊池雄星選手も大谷翔平選手も「投手」という事です。
花巻東は本当ピッチャーの育成が上手い印象があり、2人とも日本を代表する選手にまで成長をしていますからね。

基礎がしっかり出来ているからこそプロでも直ぐに活躍出来るんでしょう。
そしてもう一つの共通点は1年生からベンチ入りしている事です。

大谷翔平選手が1年生の時に菊池雄星選手以来のベンチ入りと言われ、西館勇陽(星稜)が1年生でベンチ入りした時は大谷翔平選手以来と言われていました。
確実に一流選手の階段を登っています。

西館勇陽(花巻東)のドラフト評価&予想

既に2019年のドラフト候補と言われている西館勇陽(星稜)ですが、スカウト陣の評価も花巻東監督の佐々木監督からの高いです。
進学の道を選ばなければドラフト上位指名間違いないと思います。

花巻東ではエースに「17番」を与える伝統があり、菊池雄星選手や大谷翔平選手も背負った背番号です。
ちなみに野球界のエース番号は「18」となっています。

スポンサーリンク

西館勇陽(花巻東)の球種は?

スライダー、スプリット、カーブを投げれて、スプリットには自信を持っているみたいですね。
スプリットピッチャーは肘を壊しやすいので怪我には注意してほしいです。

西館勇陽(花巻東)の出身中学を紹介!

ー戸町立ー戸中学校卒業の西館勇陽(星稜)はなんと中学校では「軟式」の野球部に所属してました。

「軟式」と「硬球」の違いを先ずは大まかですが簡単に紹介します。

  • 「軟式」硬球に比べて柔らかく、中学校の部活では軟球を使用します。
  • 「硬球」分かりやすく言うと、プロ野球で使われているボールと同じです。
    甲子園では硬球を使用していて、甲子園を目指す高校球児は硬球で練習をします。

西館勇陽(星稜)は軟球野球から硬式野球に変わったタイプの球児で、中学時代のMAXは127kmだったみたいです。
中学生で127kmは早いですね!

・まとめ

まだ成長途中の西館勇陽くんですが、大きな怪我が無ければ間違いなくドラフト候補に名前が上がる選手なので注目してみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です