細川拓也(明秀学園日立)ドラフト評価&予想!兄は現役プロ野球選手?

先日行われたセンバツ高校野球、明秀学園日立対瀬戸内の試合で力投した選手をご存知でしょうか?
それは3年生エースの細川拓也(明秀学園日立)です。
今回は細川拓也(明秀学園日立)を紹介していこうと思います。

 

広告

    DAZN(ダゾーン) スポーツ専門の動画配信サービス。サッカーや野球はもちろん、バスケットボールやダーツ、F1など、他では見られないスポーツも視聴できる。年間10,000試合以上のライブ中継&見逃し配信。 インターネットに接続できれば、スマホやタブレット、PCやテレビなど、幅広いデバイスで視聴可能。試合以外にもアニメやオリジナルコンテンツも配信。
    1カ月間無料トライアル中。
    ▶利用プラン/料金体系
    ・サッカーを見る
    ・野球を見る
    ・無料視聴(サッカー他)、その他スポーツを見る

細川拓也(明秀学園日立)のプロフィール

細川拓也(ほそかわたくや)
生年月日・2000年4月6日
身長・175cm
体重・75kg
利き腕・右投げ右打ち
MAX・144キロ
遠投・95m
50m・6秒4

身長は野球選手として小さい部類に入りますが、MAX144キロのストレートには力があります。

広告

    「プレミアリーグ」 「ブンデスリーガ」「MLB」などについて、ライブや見逃し配信 ▶[番組スケジュール表]

    20220925_超RIZINABEMAプレミアムは、無料の動画配信サービス「Abema TV」をさらに楽しめる有料プラン。ABEMAプレミアムになると、オリジナル作品や独占配信作品が見放題に。また、CMなしでスムーズに視聴できたり、ダウンロード機能や追っかけ再生機能なども使える。今なら2週間の無料トライアル!

細川拓也(明秀学園日立)のドラフト評価&予想

ドラフト候補なのは間違いありませんが、細川拓也(明秀学園日立)はまだピッチャー歴が浅い為現状大注目されてる訳ではありません。

ですが、ピッチャー歴が浅い事でのメリットもあります!
それは「怪我」の心配があまり気にしなくても良い事です。
細川拓也(明秀学園日立)は高校入学してからピッチャーを本格的に始めました!

なのでずっとピッチャー1本でやっていた球児に比べると「肩」や「肘」の疲労が少ないのが物凄くメリットです。
まだ伸び代もある選手なので、活躍次第ではドラフト上位指名も夢ではありません。

広告

    U-NEXT<ユーネクスト> 映画・ドラマ・アニメなどの動画は、見放題作品が30万本以上、レンタル作品が5万本以上の国内No.1配信数。様々なジャンルの作品を配信中。主要動画配信サービスの中で、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメの主要6ジャンル総数で「見放題作品数No.1」を獲得。特徴的なのは、NHKの番組も視聴可能なこと。映像のみでなく、書籍も読める。雑誌は110誌以上、漫画や小説も70万冊以上が読める。31日間は無料トライアルで、無料トライアル中もなんと¥600分のポイントが貰える。入会後は月額¥2189(税込)で、毎月1,200円分のポイントが付与され、新作映画やドラマの視聴に使える。スポーツ配信や音楽ライブ配信も充実!「SPOTV NOW パック」では三笘薫選手がプレイするイングランド・プレミアリーグや、大谷翔平選手がプレイするMLBなどを、ライブ配信や見逃しなどで見られる。 色々なサブスクがあるが、U-NEXTはとりあえずはいっておくことをオススメ!
    今月のU-NEXTツイッター➡U-NEXT公式ツイッター 
    今月のU-NEXTブログ ➡U-NEXT公式ブログ 

    ・「小田和正 クリスマスの約束」を見る
    ・「ブギウギ」を見る
    ・「らんまん」を見る
    ・「VIVANT」を見る
    ・「M-1グランプリ」を見る
    ・「ドキュメント72時間」を見る
    ・「光る君へ」を見る
    「大谷翔平ドジャーズオープン戦ホームランを見たい人」

細川拓也(明秀学園日立)の兄は?

細川拓也(明秀学園日立)の兄は現役のプロ野球選手で、横浜DeNAに2016年ドラフト5位で入団しています。
兄の成也(せいや)選手も細川拓也(明秀学園日立)と同じ明秀学園日立出身です。

ちなみに兄の成也選手はプロ初打席で初のホームランを横浜スタジアムのバックスクリーンに特大の一発を売っています!
明秀学園日立時代はエースで4番だったみたいですね。

細川拓也(明秀学園日立)のプレースタイル

MAX144キロのストレートにスライダー、カーブ、フォークを投げれ、2017年の秋の公式戦では10試合に登板し60イニングを投げスタミナもあるピッチャーです。

メインポジションはピッチャーながら、サード・ファーストの経験もあり、バッティングセンスもありチームでは主に5番を任されている。

ですが、弱点もあり投球の大半をストレートとスライダーに頼り、スライダーの被打率が高く奪三振率は低くい事から、フォークやカーブをもっと多く投げて投球の幅を広げるかスライダーの制度を上げないと今後苦しむ可能性があります。

まとめ

エース細川拓也(明秀学園日立)がセンバツ高校野球でどこまで快投を見せるのか?
注目してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください