柿木蓮(大阪桐蔭)ドラフト評価&予想!球種と通算甲子園成績は?

センバツ高校野球の一回戦で、6回無失点と好投を見せプロのスカウト陣から高評価を得ている柿木蓮(大阪桐蔭)について今回は紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

柿木蓮(大阪桐蔭)のプロフィール

柿木蓮(かきぎれん)
身長・181cm
体重・84kg
利き腕・右投げ右打ち
ポジション・ピッチャー
MAX・148キロ
遠投・110m
50m・6秒2

体格も既にプロ並みの大きさがあり、本格派右腕です。
MAXは148キロで、中学生の時に既に142キロを出していたみたいです。

柿木蓮(大阪桐蔭)のドラフト評価&予想

プロスカウトも大注目の柿木蓮(大阪桐蔭)はオリックス、ヤクルトスワローズ、日本ハムファイターズ、ジャイアンツがマークをしているみたいです。

特に高評価を与えているのが、ジャイアンツとオリックスの2球団でオリックスのスカウト陣は「球のキレ、角度がある」とべた褒めしていました。

大阪桐蔭には柿木蓮(大阪桐蔭)以外にも優れたピッチャーが多くドラフト候補がたくさんチーム内にもいます。

スポンサーリンク

柿木蓮(大阪桐蔭)の球種は?

ストレート・MAX148キロ

スライダー・120キロ前後

カーブ・100キロ前後

フォーク・120キロ前後

やはりストレートの速さが魅力的に感じますよね!
欲を言えば「決め球」になる変化球が1つあるだけで、またピッチングスタイルも変わり今まで以上の結果が期待できると思います。

柿木蓮(大阪桐蔭)の通算甲子園成績は?

ストレート主体のピッチングで、時折スライダーを織り交ぜて打者を打ち取ります。
今では高校生でも150キロ近い球を投げるピッチャーが多くなりましたが、やはりまだ高校生打者は打ち返すのが困難みたいですね!

そして、柿木蓮(大阪桐蔭)は通算甲子園成績は、驚異的な数字を残しています。
2017年春夏の通算成績は、21イニングを投げ失点0の数字を残しており、四死球も8とコントロールも良いことが分かります。

現在開催中のセンバツ高校野球一回戦でも6イニングを投げ、失点0の四死球も0の結果を残しており柿木蓮(大阪桐蔭)は甲子園でまだ1点も取られていません。

補足として紹介しますが、2017年秋の公式戦でも45イニングを投げて失点はわずか6と安定して好成績を残しています。

まとめ

その中で大阪桐蔭の「エースナンバー」を背負っている、柿木蓮(大阪桐蔭)は間違いなくドラフトの目玉とも言える選手なのは間違いありません。

センバツ、夏と甲子園での柿木蓮(大阪桐蔭)のピッチングに目が離せません。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です