『ぐらんぶる』12巻の発売日情報と11巻のあらすじ(ネタバレ)と感想・考察

『ぐらんぶる』は井上堅二原作・吉岡公威作画で『good!アフタヌーン』2014年5月号から連載開始している漫画となっています。

大学生活とスキューバダイビングを描いた漫画で、サークル内の飲み会とスキューバダイビングをメインに物語が繰り広げられていきます。

本日はそんな『グランブル』11巻のあらすじから12巻の発売日情報をまとめましたのでぜひ参考になさってください!

スポンサードリンク

『ぐらんぶる』12巻の発売日情報

『ぐらんぶる』12巻の発売日ですが残念ながらまだ公表されていません。

そこで過去の発売日データから見てみると以下のようになります。

ぐらんぶる 07巻 2016年 12月07日
ぐらんぶる 08巻 2017年 04月07日
ぐらんぶる 09巻 2017年 10月05日
ぐらんぶる 10巻 2018年 03月07日
ぐらんぶる 11巻 2018年 07月06日

見ていただくとわかるように『ぐらんぶる』は発売に4〜5ヶ月ほどかかることがわかります。

このペースで予想すると『ぐらんぶる』12巻の発売日は2018年11月上旬となりますね!

『ぐらんぶる』11巻のあらすじ(ネタバレ)

前巻で無人島キャンプツアーに行くも因縁のテニスサークルと更に、これまた因縁の性悪女子三人組と鉢合わせるのだった。

主人公の北原伊織はテニスサークルにお互いの為にも、別行動しようと提案しますが、テニスサークル側の菜摘が乙矢尚海に、同じくユキが主人公の先輩たち物陰に連れ込もうとします。

テニスサークルとしては女子たちが離れたので仲良くやろうと一緒に行動しようとしますが主人公達と揉めるのです。

ただ、いつも寛容な主人公の先輩達が「今回はそろそろ遠慮してくれ」といいその場はおさまります。

無人島を楽しむPabメンバー、夕食も終わりゲームでもやるかという流れになり、主人公は昼にテニスサークルとやりかけたロシアンマリー・ゲームを提案しやることになるのです。

ここで千沙も進行役に回るかと思いきや先ほど毒島桜子に言われたことを気にしたのか参加すると言い出したのでした。

ゲームは楽しく進みますが、千沙が酔っ払いお開きになります。

酔っぱらって海に落ちた千沙はテントできがえるのですが、スピリタスを取りに来た主人公に胸を見られ、切れて全力で追いかけるのです。

山道の中、追われる主人公だったのですが崖で靴を見つけて、まさか慣れない酒で酔って千沙が落ちたのではと我を忘れて救出に向かいました。

落ちていたのはいたのはテニスサークルの工藤会長。

そこに主人公を探しに来た尚海や耕平も崖を滑り落ち仲良く遭難します。

4人で助けを待つ間、工藤会長にさっきはなんで素直に引き下がったんだと聴くと

「俺たち三年はもうすぐ引退なんだよ」

と重く答えるのでした。

無事、先輩たちに救出された後の帰りの船で主人公は

「今のままではいられないんだなって」

呟きますが、千沙に盛大に勘違いされます。

主人公は同級生に引退イベントのアイデアを相談しようとしますが、うまくいかず千沙に何とか相談すると海外がいいんじゃないかという話になるのでした。

今回の番外編は、耕平にメイド喫茶に連れて行かれる話ですが最後のオチは本編に響きます。

スポンサードリンク

『ぐらんぶる』11巻の感想

今回は海にも潜りましたね。

同級生の御手洗は幸せになってほしいですが暫くは主人公達にまた冷たくされるでしょう。

『ぐらんぶる』11巻の考察

ケバ子こと愛菜が今巻は前巻の理由で登場しませんでしたが、主人公が相談に送ったメッセージも未読なのは、もしかして梓先輩の言ってたことが本当だったとかでしょうか。

また、古手川家の母が語られていませんでしたが奈々華との電話ででてきたので次巻から恐らく関わってくりのでしょう。

まとめ

今月からアニメ放送です!

主人公の年齢とか大丈夫か?と思うところもありますが今乗ってる漫画の一つです。

ぜひお手に取ってみてはいかかでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です