ドラマ『ハゲタカ』第2話のあらすじ・感想!NHK版『ハゲタカ』の違いは?

7月19日より放映されている綾野剛さん主演のドラマ『ハゲタカ』

NHK版で2007年にも放映されていました。

現在放映されているのはその時のリメイク版のようです。

今回はドラマ『ハゲタカ』についてまとめてみました。

ドラマ『ハゲタカ』のあらすじ・NHKの『ハゲタカ』の違いなどです。

スポンサーリンク

ドラマ【ハゲタカ】2話のあらすじ

有名な寝具メーカー太陽ベッド債権をすべて譲渡してくれるよう迫ります。

中森一族が経営する太陽ベッドは、現在は創業者の娘である中森瑞恵役(かたせ梨乃さん)が社長になっていました。

債務超過は480億円にまでになっていました。

太陽ベッドの社宅を訪問します。

太陽ベッドをバイアウトしたいと考える鷲津は、社内の重要人物たちを探り出します。

太陽ベッドの内部から揺さぶろうと考えるのです。

経営に関わる役員に、瑞恵社長を裏切るかのような動きがありました。

その頃、芝野のもとには、日光みやびホテルの支配人に就任した貴子が、
追加融資の依頼に訪れてきていました。

社長である貴子の父の放漫経営により経営状況が悪化していました。

追加融資も不可能だと判断する芝野。

貴子は経営再建計画書を提出することを芝野と約束します。

貴子の妹はいきなり戻ってきた姉の貴子に不満を持っていました。

父が社長の座を退き、珠香の婿・寿にホテルを任せようとしていることがわかりますが…

太陽ベッドが債権者である鷲津たちに無断で民事再生法を申請をしているのがわかります。

スポンサーを競争入札で決めようとしていることがわかってきます。

瑞恵は結局何もかも失ってしまいます。

自分の父親が娘の為に作ったベッドを忘れてしまったいたのです。

瑞恵の家にはフランスベットがあり、太陽ベッドは一つもなかったのです。

ドラマ【ハゲタカ】次回3話のあらすじ

父の代わりに、日光みやびホテルの社長に就任した貴子役(沢尻エリカさん)

貴子の元に現れたのは、鷲津役(綾野剛さん)です。

現れた理由は、日光みやびホテルを買収することを宣言しに来ました。

取引銀行から債権と株式を譲渡されてしまった、珠香役(木南晴夏さん)の夫寿役(池田良さん)は行方不明になっていました。

寿の持ち分まで手に入れてしまっている鷲津。

貴子も芝野(渡部篤郎さん)も、がく然としてしまいます。

そんな時、鷲津は貴子に言います。

『このホテルを手に入れようとしているのは、奪うためでも壊すためでもない』

反対に抵抗すると、『我々の買収に対抗するのなら、覚悟を示してほしい』

日光みやびホテルがそんな時に支援を受けれることになります。

貴子はホテルを守る為に決断をします…

貴子はどう決断するのでしょうか。

鷲津が日光ホテルに近づいた本当の真相が明らかになっていきます。

スポンサーリンク

ドラマ【ハゲダカ】とNHK版【ハゲタカ】の違いは?

ドラマ『ハゲタカ』には原作の小説がありました。

NHK版の『ハゲタカ』は、原作とは少し違うように作られていました。

オリジナル的な要素が多かったようです。

キャストは主役の鷲津政彦役には、大森南朋さんでした。

今回は、綾野剛さんです。

ドラマ【ハゲタカ】の感想

ドラマ『ハゲタカ』は綾野剛さんがいい人なのか悪い人なのか少し謎的な
人物に感じてしまうのですが。

腐った金持ちどもまってろよから見ると、欲の深いお金持ちからお金を

奪い取るんだなとわかるのですが…

そこまでするのって思ってしまう部分もあるように感じてしまいました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です