東急リバブル2018CMうんちくを話す俳優と専務役の男性は誰?

東急リバブルは、不動産会社からの物件受託販売や仲介業務を中心に、不動産ソリューション事業や自社ブランドによる分譲マンションの企画販売も行っている、東急不動産グループの不動産会社です。

個人的にはあまり馴染みがないので、ほとんど聞いたことが無い不動産企業ですね。

その東急リバブルの最新CMが公開されており、うんちくを話す男性と、それを聞いていた専務が、途中で怒ってうんちくを打ち切っていますね。

出演している二人の男性、よくテレビとかで観ますよね。

どんな方達なのでしょうか。

今回は、東急リバブル最新CMでうんちくを話す俳優(男性)と、話の途中で怒る俳優(男性)について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

東急リバブル2018CMがこちら!

まずは、公開されている東急リバブル最新CMをご覧ください。

色んなうんちく知ってるんですね。

私だったら最後まで聞き込んでしまいますけどね。笑

しかし、専務気が短いなー!

もう少し聞いてあげなさいよ・・苦笑

東急リバブル2018CMうんちくを話す俳優と専務役の男性は誰?

CMでうんちくを話しているのは、お笑い芸人や俳優として活動している「山口智充」さんです。

そして、話の途中で怒る専務役の男性は、大衆演劇役者として数多くの舞台を踏んでいるだけでなく、ドラマや映画などにも出演している俳優の「梅沢富美男」さんです。

山口智充さんは「ぐっさん」という愛称で呼ばれていますよね。あと、マニアックな物まねも面白いですよね。

梅沢富美男さんは・・・最近だとよく怒るうるさいオヤジってイメージが強いですね。苦笑

スポンサーリンク

山口智充のプロフィール

それでは、東急リバブルCMに出演している山口智充さんと梅沢富美男さんのプロフィールを紹介していきます。

まずは、山口智充さんです。

生年月日:1969年3月14日(49歳)

出身地:大阪府

身長:175cm

血液型:O型

元々「DonDokoDon」というコンビを組んでいるんですが、現在は活動休止状態で、ピンとして活動しています。

物まねのレパートリーが、著名人から「放課後聞こえてくる吹奏楽部のトランペットの音」や「悪巧みを考える海外アニメの犬」などのマニアックネタまで幅広いです。

俳優としても演技力が高く評価されており、数多くの映画やドラマに出演しています。

2004年に放送されたNHK大河ドラマ「新撰組」では、二番隊組長の永倉新八役を演じていました。

梅沢富美男のプロフィール

次は梅沢富美男さんです。

梅沢 富美男さん(@tomioumezawa)がシェアした投稿

生年月日:1950年11月9日(67歳)

出身地:福島県福島市

血液型:B型

大衆演劇では、主に「女形」を演じており、その演技力が高く評価されています。

「下町の玉三郎」と呼ばれているのは有名です。

歌手としては、1982年にリリースした「夢芝居」が大ヒットを記録し、翌1983年の「第34回NHK紅白歌合戦」に出場しました。

毒舌キャラとして有名ですが、本人曰く、口が悪くなったのは「年寄りになってから」とのことです。

まあ、年寄りは口うるさいと言いますからね。笑

東急リバブル2018CMうんちくを話す俳優と専務役の男性は誰?:まとめ

うんちくを話す男性は、お笑い芸人や俳優として活動している山口智充さん。

専務役の男性は、俳優の梅沢富美男さんでした。

色んなうんちくを話す山口智充さんと、何度も怒る梅沢富美男さんに注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です