【マツコの知らない世界】種ありブドウの購入方法と品種を紹介!

2018年9月4日放送の『マツコの知らない世界』

本日は種ありブドウと民芸の魅力について紹介されていますが、今回注目するのは”種ありブドウ”!

種ありブドウの魅力をマツコに伝えるべく林慎悟さんが出演されます。

実は林慎悟さん、これ以外にも『嵐にしやがれ』などに出演した経験のあるブドウマニア。

本日はそんな林慎悟さんがオススメする絶品、種ありブドウとその購入方法について紹介しちゃいたいと思います!

スポンサーリンク

【マツコの知らない世界】で絶品 種ありブドウが話題に!

2018年9月4日放送のマツコの知らない世界で種ありブドウが紹介されました。

近頃、種を出すのが面倒くさいという理由で種なしブドウが流行っていますが、その中ブドウマニアの林慎悟さんが種ありブドウの魅力について語ってくださります。

実は林慎悟さん、ブドウマニアでありながら自身がブドウの生産者であり育種家

ブドウ農園の4代目で「林ぶどう研究所」なるものも建設しているんです!

本日はそんな林慎悟さんオススメの絶品ブドウを紹介していきます!

【マツコの知らない世界】絶品種ありブドウの品種を紹介!

マツコの知らない世界に出演した林慎悟さん。

ここからは彼のオススメ絶品ブドウを紹介していきます。

マスカットジパング

緑色のブドウで「林ぶどう研究所」で10年以上かけて開発されたものです。

皮ごと食べることができ、さらに種も少なく、

同じ種なしの「シャインマスカット」よりも大粒でジューシーなことから多くの人気を集めています。

収穫期は9月。そのお値段はさすがといったところでしょうか。

上記のリンクから購入することも可能ですが、「林ぶどう研究所」HPからも購入することができますのでこちらも覗いてみてください!

参考

お買い物林ぶどう研究所

マリオ

引用:http://www.grape-labo.com/kinds.html

マリオは大粒で黒くみずみずしくサッパリとした特徴のブドウです。

こちらも基本的に種無し。

ちなみにマリオの対となる”ワリオ”という品種はないそうです。笑

皮ごと食べることができ、種は少なめ。

ゴールドフィンガー

女性の指のような形をしていることから命名された”ゴールドフィンガー”

糖度が非常に高くジューシーな味わいで、酸味が少なく甘いブドウ

こちらも皮ごと食べることができ、種が少ないです。

紫玉

引用:http://www.grape-labo.com/kinds.html

柴玉は巨峰と似ていますが、巨峰より早い時期に収穫をすることができます。

また基本的に種は無いので、巨峰のタネが苦手という方は柴玉が良いのではないでしょうか。

甘みも酸味もありバランスのとれた濃厚な味わいを楽しむことができます。

スポンサーリンク

【マツコの知らない世界】絶品種ありブドウの購入方法は?

『マツコの知らない世界』出演、林慎悟さんのブドウは彼の公式サイト「林ぶどう研究所」から購入することができます。

購入方法はネットショップFAX・直売所スマホアプリとあるので「林ぶどう研究所」の”お買い物”から好きな購入方法を選び進んでください。

参考

お買い物林ぶどう研究所

【マツコの知らない世界】林慎悟ってどんな人?

最後に『マツコの知らない世界』に出演した林慎悟さんのプロフィールに迫っていきます。

名前:林 慎悟(はやし しんご)
生年月日:1978年or1979年
血液型:AB型
出身:岡山県岡山市

林慎悟さんは岡山で100年以上続くぶどう農園の4代目。

10年以上かけて完成させた「マスカットジパング」など彼のブドウにかける思いはとても熱いものがあり、

一日で5kgものブドウを食べたという逸話もあります。

そんな林さんですが、2016年に結婚をされており、その奥さんである裕美さんのTwitterがシュールで面白いと話題になっています。


こんな感じで旦那、林慎悟さんをいじったり…


旦那さんの”ブドウバカ”っぷりが垣間見えたりと、ツイートを見ているとお二人の中の良さと林慎悟さんのブドウへの愛情が伝わってきます。

また最近ではこんなネタツイートも。笑

お二人の中の良さがわかりますが


お仕事には愚直な林慎悟さんでした。

 【マツコの知らない世界】絶品種ありブドウの購入方法と品種を紹介!

以上、『マツコの知らない世界』に出演。林慎悟さんオススメのブドウの品種と購入方法を紹介しました!

ここまで読んでくださった皆さんならわかる通り、林慎悟さんのブドウへとかける思いは異常。

そんな林慎悟さんがオススメするブドウならば本物と考えて間違いなのでは無いでしょうか。

ちょうど9月はブドウの旬な季節となっていますので、この機会にぜひ”本物のブドウ”を堪能して見てください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です