『黄昏流星群』第3話 あらすじや感想!夫が左遷!壊れていく家族の絆!?

2018年秋ドラマとして、木曜日夜10時よりフジテレビ系で放送スタートした『黄昏流星群』。

その第3話が、2018年10月25日に放送されました。

このドラマは、1995年から『ビッグコミックオリジナル』にてロングランで連載されている大ヒット漫画が原作です。

その中でも、傑作の一つと言われている第1集『不惑の星』をベースにあらがえない運命、その恋を取り巻く大人たちの人間ドラマを丁寧に描いています。

第2話は、ご覧になられましたか?

先週第2話のあらすじや感想はこちらです↓

『黄昏流星群』第2話あらすじや感想|禁断の恋!妻が恋に落ちた相手は誰!?

完治(佐々木蔵之介)が忘れていった携帯を届けに行った真璃子(中山美穂)は、完治が出向したことを秘書の篠田薫(本仮屋ユイカ)から知らされます。

これは、妻にとってかなりの屈辱ですよね…。

今後の展開がとても気になりますよね。

今回は、『黄昏流星群』第3話のあらすじ、感想を紹介します。

この記事は、『黄昏流星群』第3話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『黄昏流星群』第3話 あらすじ【前半】

完治が出向した事を知った真璃子は、大きなショックを受けていた。

電気もつけないで考え込んでいると完治が帰宅した。

真璃子は、今まで抑えていた不満を完治にぶつけた。

完治は謝るが、真璃子は今まで嘘をついていた完治の事を信じられなくなっていた。

自分が妻である意味が分からなくなる真璃子だった。

そこへ帰宅した美咲(石川 恋)からも、自分の結婚までは出向を先延ばしにして欲しかったと責められる。

その理由は、婚約者である日野春輝(藤井流星)の母が、家柄を気にする人だからであった。

完治は「俺は挨拶もしていない」と言うと、春輝と会う約束をすっぽかしたからだと、美咲は激怒するのだった。

その日から、美咲は一言も話さなくなった。

そんな中、出向先の荻野倉庫でも、煙たい存在でしかない完治だった。

完治は職場に馴染もうとするが、その努力も虚しく、川本保(中川家・礼二)ら社員たちとの距離は一向に縮まりそうにない。

仕事でも家庭でも気が休まらない完治は、昼休みの社員食堂で目黒 栞(黒木 瞳)に会えることが唯一の楽しみだった。

しかし、その日栞は目も合わせてもくれず、落ち込む完治だった。

そんな時、栞から先程の態度を謝罪するメールが届く。

社外では会えると言う栞を、完治は近いうちに山へ行こうと誘う。

完治は、気がつけば栞のことを考えているほど、栞にのめり込んでいた。

栞と約束した日を楽しみにする完治だったが、突然の連絡が若葉銀行のかつての同期から入ってしまう。

銀行に戻れる最後のチャンスだと同期に言われ、迷う完治だった。

『黄昏流星群』第3話 あらすじ【後半】

真瑠子は友人の水原聡美(八木亜希子)に離婚という選択肢を提案された。

その時は否定した真璃子だったが、自宅のパソコンで、離婚について調べていた。

それを、美咲を迎えに来た春輝に見られてしまい、急いでパソコンを閉じる真璃子。

気まずい雰囲気を隠すように美咲を呼ぶ真璃子だった。

その日は、春輝の家に訪れることになっていた美咲。

家柄を重んじる春輝の・冴(麻生祐未)に父親のことを聞かれ、言えずにいる美咲だった。

冴は、お土産を袋ごと渡した美咲の事を、春輝に告げ口する。

美咲が落ち込んでいると真璃子に聞かされた完治は、同期の誘われたゴルフコンペに行くことを決意する。

そのため、栞に断りの連絡を入れる完治だった。

そして、若葉銀行ゴルフコンペの日―。

完治は、気に入ってもらおうと率先して、一生懸命接待をした。

しかし途中、「ごますり虫の群れだな」と思った完治は、馬鹿らしくなりその場から立ち去るのだった。

完治は、その日約束していた栞に連絡を取っていた。

完治と栞は海を見に行くことになった。

黄昏の海を見つめる2人は、お互い見つめ合い微笑むのだった。

一方、瀧澤家の電話に春輝から電話があった。

要件は美咲のことではなく、この前真璃子が、離婚のことを調べていたことが気になったからだった。

完治の事を春輝に告げた方がいいと思った真璃子は、「会えませんか?」と切り出した。

春輝に会った真璃子は、完治への不満を素直に話し始める。

春輝に「他の人では代わりのきかない事、ずっとやってきたんですから…」誰にも言われた事のない言葉をかけられ…。

スポンサーリンク

『黄昏流星群』第3話 感想

家族という絆が少しずつ壊れていき、悲しくなりました。

完治の嘘は、真璃子にとって大きなショックだったと思います。

こういう小さな溝から壊れていき、修復が効かなくなってしまいますよね。

落ち込んでいる真璃子に、春輝が言った言葉、主婦にとっては嬉しい一言ですね。

不倫はいけないかもしれませんが…みなさんはどう思われましたか?

『黄昏流星群』 まとめ

第2話より、真璃子と春輝の絡みの時に流れている中島美嘉さんの挿入歌もドラマに合っていてとても素敵な曲です!

この曲にも注目が集まっています。

真璃子と春輝、そして栞と完治…今のところは純粋な恋をしていますね…。

でも、不倫ですから…これから、ドロドロになっていくのでしょうか?

真璃子との不倫がバレた時、春輝の母親はどうなるのか?とても気になります。

来週の第4話は、2018年11月1日に放送されます!

是非、ご覧下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です