『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話あらすじや感想!病の尚を支えるのは?

2018年秋ドラマとしてTBSテレビ系で放送がスタートした『大恋愛〜僕を忘れる君と』。

その第3話が、2018年10月26日に放送されました。

間宮真司(ムロツヨシ)と恋をする北澤尚(戸田恵梨香)が若年性アルツハイマーと闘うピュアでひたむきなラブストーリーです!

第2話のあらすじや感想はこちら↓

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第2話あらすじや感想!惹かれあう真司と尚!

今回は、第3話のあらすじ、感想を紹介したいと思います。

この記事は『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話あらすじ【前半】

病を打ち明けた上で、一緒にいると選択した二人は、正式に二人で暮らし始めることになった。

尚は、真司の古くて狭いアパートから新居へ引っ越したいと言い出す。

裕福な育ちの尚との金銭感覚の違いに戸惑う真司だったが、尚の母、薫(草刈民代)にも関係を認められ、薫の勧めで尚の実家の近くで綺麗な新居を探すことに…。

しかし、真司は残高も残り少ない預金通帳を見つめ、思い悩んでいた。

そのため、真司は引っ越しのアルバイトのシフトを増やしたのだった。

そして尚は、病のことを考えるともう医者として働けないと考え、薫にそのことを申し出ていた。

薫の助手として作業していると、またしても患者の名前を忘れてしまっていた尚。

ついに親友でありクリニックの受付でもある沢田柚香(黒川智花)に病のことを打ち明けた尚に、柚香は「尚のことを支える」と言うのだった。

一方で、数日前に真司に家賃20万円のマンションの内覧の話を持ちかけた尚だったが、その約束をすっかり忘れ、約束の時間にはスーパーにいた。

そのことで落ち込む尚に真司は帰るなり明るく接し励ます。

しかし、約束を忘れたことや、玄関の鍵を抜き忘れていたことに危機感を感じた真司は、井原侑市(松岡昌宏)に直接会いに行き、病気のことを教えてほしいと頼む。

それに対し侑市は、尚のことに複雑な気持ちで、家族じゃないのに話すことはないと言い渡し、その場を立ち去っていったのだった…。

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話あらすじ【後半】

オクトーバーフェストに遊びに来た真司と尚。

楽しそうに笑う二人だったが、笑顔を振りまきながら、尚は涙を流していた。

それは、「幸せ過ぎて怖い」からだった…が、真司は何も言わずに気づかないふりをしたのだった。

侑市は、母に尚の代わりの婚約者を見つけるべく、新しいお見合いを勧められ、3人の女性と一日で順番に会うことに。

しかし、少し風変わりな女性たちに困惑する侑市。

女性たちと会う中で尚のことが忘れられず、半ば投げやりになってしまったのだった。

そして検査のため病院にきた尚は、老人女性が倒れこんでいるのを助ける。

すると、その老人女性は認知症で、実の息子のことさえ支離滅裂なことを言っており、不安になる尚。

侑市に涙を流し記憶がなくなっていく辛さを訴えると、「あなたらしくポジティブにいてください…出会ったころみたいに」と真摯に向き合う侑市だった。

一方で真司は、仕事中に激しい腹痛を訴え、病院に行くと尿管結石だと診断されてしまう。

尚が駆けつけると、いつもの3倍もシフトを入れていたという事実を知る。

自分のために無理をしていた真司にショックを受ける尚だったが、そんな尚に対し「好きなんだ」と真司は愛を伝え、二人はハグをする。

しかし、ハグしたとき、尚は真司のことを「侑市」と言い間違えており…

スポンサーリンク

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話【感想】

今回もムロツヨシさん演じる真司の尚に対する優しさや愛が溢れていて感動しました。

裕福な尚や侑市にコンプレックスを感じ、体を壊すまでお金を貯めるため働いたり、病気がどれだけ進行しても別れないと言ったりと、真司のまっすぐな愛は素敵ですね。

だんだん尚の病状がはっきりとしているのがわかりますし、幸せ過ぎるのが怖いと涙を流す尚はほんとに切なかったです。

最後侑市の名前を呼んでしまった時には本編さながら時が止まりました…。

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話【まとめ】

真司と尚は今回も純粋でかわいいながらも切ないシーンをたくさん見せてくれましたね!

ついに直接出会った真司と侑市はこれから尚をめぐり争うのか、それとも…といったところですね。

そして尚は名前を間違えてしまいました。

次回はどのようになるのか見逃せません!

次回第4話は11月2日夜10時から放送されます!

ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です