『中学聖日記』第5話 あらすじや感想!許されない恋に走った聖の処分は!?

2018年秋ドラマとして、火曜日夜10時よりTBS系でスタートした『中学聖日記』。

その第5話が、2018年11月6日に放送されました。

女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』[祥伝社]で、人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこさんによる漫画が原作のこのドラマ。

婚約者がいながら不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生に惹かれていく教師の『禁断の恋』を儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーです。

第4話は、ご覧になりましたか?

聖は、許されない愛に走ってしまいました。

聖のマンションの前で、勝太郎と愛子と鉢合わせしてしまいました。

聖と晶は、どうなってしまうのでしょうか?

先週第4話のあらすじや感想はこちらです↓

『中学聖日記』第4話 あらすじや感想!花火大会の夜!禁断の恋の始まる!

今回は、『中学聖日記』第5話のあらすじ、感想を紹介したいと思います。

この記事は、ネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『中学聖日記』第5話 あらすじ【前半】

手を繋いで聖にマンションに帰ってきたと聖(有村架純)と晶(岡田健史)。

そこで、勝太郎(町田啓太)と愛子(夏川結衣)と鉢合わせをしてしまう。

聖は我に返って手を解こうとするが…。

勝太郎はそんな聖を無言で肩を抱き、マンションに連れて行くのだった。

聖は、勝太郎に今までの事を、話そうとするが、勝太郎は「信じてる…」と言い、気にかけないように振る舞う。

一方、自宅に帰った晶と愛子。

まっすぐに先生と結婚するという晶の目を覚まさせようと叱る愛子だったが、晶は聞こうとはしない。

翌日、塩谷(夏木マリ)から学校へ呼び出された聖は、同席した愛子の前でこれまでの経緯を説明する。

反省していると述べた聖は、退職届を出し「もう、黒岩くんには近づきません」と告げた。

愛子は、怒りが収まらず聖に詰め寄った。

そんな時、愛子が学校に行ったことを知った晶は、上布(マキタスポーツ)の隙を狙って抜け出し、学校に向かう。

そこで、自宅謹慎を命じられた聖に会った晶。

教師を辞めて結婚すると言う聖の手を話そうとしない。

「いけない事なの…あなたが15だから…」と声を荒げ、聖は晶の前から去って行った。

追いかけようとする晶だったが、他の先生によって制止された。

「先生を辞めさせないで下さい!僕が辞めますから!」晶の声が、廊下に響き…。

その後、聖のマンションに行こうとした晶を、上布が見つけ制止するが、それを振り切る晶。

晶が向かったのは、勝太郎の会社だった。

受付にて、勝太郎を呼び出そうとしている晶のことを原口が見つけた。

あいにく勝太郎は出張中だった。

原口に「僕には聖ちゃんしかいないから…」と思いを告げうつむく晶。

「なんかそういうのいいね。何も持ってないようで、すごく持ってる気がする…さすが少年!」と褒める原口。

自宅に帰るように促した原口は「悔しかったら、早く大人になれ。少年」と告げる。

「ありがとうございます」晶はお礼を言い、肩を落として帰って行くのだった。

『中学聖日記』第5話 あらすじ【後半】

晶が大阪から帰ると、愛子が自宅前で待ち受けていた。

逃げようとした晶の手を掴み自宅の中に連れて行く愛子。

「どこ行ってたの!?もし今度勝手なことしたら、教育委員会に電話して、あの人即刻クビにしてもらう…。もしそれが嫌なら、ここにいて、大人しくして」と声を荒げた。

愛子がそう言うと「わかった、なんでも言うこと聞くから…」と晶が言う。

「だから、先生を辞めさせないでください!お願いします!」と土下座した。

愛子は晶の一途な思いに戸惑いながら「とにかく今は学校から連絡が来るのを待つから」とだけ言い、部屋のドアを閉めるのだった。

その後、聖の退職届が認められ、依願退職扱いとなることになった。

聖は実家に行き母親に全てを打ち明けた。

しかし、母親は「もし許してもらえるなら、予定通り結婚して早く大阪行きなさい」と言う。

「そんな資格ないのに…」と涙ぐむ聖に、「 勝太郎さんとなら、幸せになれる」と慰める母。

そして、聖が大阪に行く日が来た。

九重に聖が居なくなってしまうと聞き、急いで駆けつける晶。

ちょうどその時、聖が勝太郎とともに車で去っていくところだった。

自転車を飛ばし、車を追いかけ、近道を使って追いついた。

「先生!先生!!聖ちゃん!聖ちゃん!!」と叫びながら、全力で追いかける。

そんな中、晶は転倒してしまい…それでも追いかけてくる晶。

「聖ちゃん、決めたから…進路!そこで大人になるから…行かないで…聖ちゃん!」

しかし、バックミラーに晶は映らなくなった。

「勝太郎さん…止めて…」と聖が言い、勝太郎は車を停めた。

聖は「やっぱり一緒には行けない。今のままこのまま、勝太郎さんと結婚することは出来ない」と告げ、婚約指輪を外し勝太郎に返した。

我慢していた感情が爆発した勝太郎。

「この先1人になって、全部なくせばいい」という勝太郎の言葉を聞き、聖は車から降りた。

そして、この町から…晶から…聖は消えた。

2018年―晶は18歳になり…。

スポンサーリンク

『中学聖日記』第5話 まとめ

中学生を好きになってしまった聖…当然の報いかもしれません。

塩屋先生の温かい言葉、ジーンときました。

聖と勝太郎が車で去る時、晶が追いかけて行くシーン。

晶の気持ちを考えると、哀しくて切なくなりました。

今は中学生だから…勉強し立派な大人になって欲しいと願うばかりです。

勝太郎と結婚せず、晶のところにも行かなかった聖の決断は正しかったと思います。

聖の母は幸せになれると言ってましたが、全てを知っている勝太郎と結婚しても幸せにはなれない気がします。

『中学聖日記』 まとめ

聖の事が大好きな晶…18歳になっていましたね!

18歳になった晶は、あの頃と変わらず聖の事を思っているのでしょうか?

とても気になりますよね。

来週の第6話は、2018年11月13日に放送されます。

是非、ご覧下さい!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です