町田市フェイク動画の犯人コロンプラッサーの法的処置や賠償金などはどのくらいになる?

町田市フェイク動画の犯人がYouTuberのコロンプラッサーであることがわかりました。

フェイク動画の概要を簡単に説明すると、

男二人が喧嘩になり、最後に男がもう一人に向かって刺すそぶりを見せ、刺された男が倒れこむというもの。

この動画はフェイク動画で、実際には何もなかったということなのですが、SNSで多くの方を巻き込んだということから物議を醸しています。

【参照記事】町田市フェイク動画の女性撮影者(みみみの真由美)はコロンプラッサーの彼女?関係性や詳細プロフィール

この記事では町田市フェイク動画の犯人であるコロンプラッサーにどのような法的処置が課されるのか、また賠償金などはあるのかなどについて見ていきます。

スポンサーリンク

町田市フェイク動画の犯人はコロンプラッサー

町田市フェイク動画というのがこちら


コロンプラッサーが友人『みみみの真由美【まゆ】』のアカウントを使用し、第3者と偽って動画を拡散。

【参照記事】町田市フェイク動画の女性撮影者(みみみの真由美)はコロンプラッサーの彼女?関係性や詳細プロフィール

この動画は7千リツイートほどされ、多くの方の目に止まる動画となりました。

この動画が投稿されたのは2019年3月15日ですが、その翌日にこの動画がフェイク動画であったことを告白


その翌日には謝罪動画なるものを投稿しました。

町田市フェイク動画の犯人コロンプラッサーの法的処置や賠償金などはどのくらいになる?

この町田市フェイク動画について、その悪質性からコロンプラッサーには法的処置があるのではないか?

との話も出ています。


かなり悪質な動画ですが、この動画を流した主な目的としては、自身のYouTubeチャンネルの登録者獲得やフォロワーの獲得等知名度の向上のためと考えられます。

これによりフェイク動画の犯人のコロンプラッサーには偽計業務妨害罪が適用される可能性があります。

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人の錯誤,不知を利用する違法な手段をいう。たとえば被害者の商標と酷似したものを使用して粗悪品を売出したり,漁場の海底にひそかに障害物を沈めておいて漁網を破損させる行為などである。

参照:https://kotobank.jp/word/%E5%81%BD%E8%A8%88%E6%A5%AD%E5%8B%99%E5%A6%A8%E5%AE%B3%E7%BD%AA-50227

偽計業務妨害罪が適用されると3年以下の懲役、または50万円以下の罰金ということになりますので、コロンプラッサーのみなさんには自分が発信することの責任感をわかってほしいですね。

コロンプラッサーは自身のことを略して「コンプラ」と言っているだけになんとも皮肉な結果になりましたw

スポンサーリンク

町田市フェイク動画の犯人コロンプラッサーの法的処置や賠償金などはどのくらいになる?:まとめ

今回の町田市フェイク動画でコロンプラッサーに法的処置があるのかどうかは今のところ明確にはなっていません。

あるとすれば上記でお話しした偽計業務妨害罪などが該当する可能性が高いですが、その辺の判断をするのは私たちではないのでこの話はここまでとします。

しかしコロンプラッサーの方々には自分たちがどれだけ世間に迷惑をかけたかなど自覚してもらい、これを機にしっかりと反省をしてほしいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です